ラッシュライフ (新潮文庫)

  • 29216人登録
  • 3.74評価
    • (2849)
    • (4040)
    • (4936)
    • (454)
    • (80)
  • 2858レビュー
著者 : 伊坂幸太郎
  • 新潮社 (2005年4月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (469ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101250229

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

ラッシュライフ (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

  • 天才的な伏線回収。今までの伏線回収する殆どの本を凌駕している。

  • テンポの良い伊坂節光る会話が随所に散りばめられていて楽しく拝読できますがなんだかモヤモヤ。仙台駅で通りすがりの人々に、好きな日本をご書いて欲しいと声をかける外国人のお姉さんを主軸にした(ように見える)それぞれ登場人物の「とある数日間」のようなお話で、張られた伏線はとても見事に回収されますが……これで終わり?と感じてしまいます。
    読み返すと面白く感じるとおっしゃる方が多いのでまた機会があれば再読したいです。
    熱狂的な支持を得る黒澤さんと初邂逅の一冊

  • 複数の登場人物が登場し、別々の物語が進んでいき最後に交差する。
    泥棒の黒澤のキャラクターも魅力的。
    なるほど、うまくまとまったなぁと思うけれど、再読しようという気持ちや時系列に並べてみようというところまでは思えない。

    前作のオーデュボンの祈りでもそうだったが、グロテスクな場面がどうしても作品の印象として強く残ってしまう。

  • 伊坂さんのファンになったきっかけの作品。
    ミステリー愛好家ではないし、グロ描写は厳しいけれど、この綿密な構成は読む価値がありました。
    登場人物の「人生がリレーだったらいい・・」ってふとした言葉が物語の全体を示唆していたり、細かいとこまで計算されている。
    それにしても黒澤がかっこいい。泥棒にもいい男はいるのね。

  • 伊坂幸太郎さんの他の作品にもよく登場する黒澤さんが出てるので、他の作品を飛ばして読みました

    全然関係ないような人たちの人生が、
    実にうまいこと絡み合って
    というのと時間軸を上手く使ってますね

    それにしても他の作品に出てくる逸話も所々出てきますが、本作はデビューして2作目、すでに様々な作品の雛型はできてるんでしょうね

    これを読んで、もう一度【フィッシュストーリーを読み直したくなりました】

  • 全編暗い話が並ぶのだが、最後にはほのぼの軽い気分にさせてくれる。騙されているのかな?

  • 面白かった!シュールで軽妙洒脱、そしてどこか冷めた感じの神の視点。伊坂ワールド全開でグッド!

    時系列がバラされ四散する群像劇が、ラストに向けて気持ちよく収束していく感じはお見事の一言。そして、まさにエッシャーの騙し絵のような、「アレ?どこが始まりで、どこが終わり?」と混乱してくるような仕掛けにワクワクさせられる。

    伊坂さんの作品って、単にシュールで芸術的なだけでなく、ヒューマニズムを嘲笑する視点だったり、人生を客観的に眺める視点があるところが凄く好き。なんか読んでいて心が浄化される感じが心地よくて、癖になる。

  • 「でもな、人生については誰もがアマチュアなんだよ。そうだろ?」「誰だって初参加なんだ。人生にプロフェッショナルがいるわけがない。まあ、時には自分が人生のプロであるかのような知った顔をしたやつもいるがね、とにかく実際には全員がアマチュアで、新人だ。」色んな人生がある。全てが繋がっている。

    2017/3/18 読了

  • 各物語の時間軸が少しずつずれていて、最終的に3日間の物語に繋がるのは面白かった。

    不思議に思ったのは京子が落としたロッカーの鍵は豊田に拾われるまで1日誰にも拾われずにあったこと。

    老夫婦の強盗が拳銃を持っていた時に京子、豊田と繋がるのかと思ったけど、勘違いだった。時系列的にも老夫婦が拳銃を黒澤に突きつけた時に京子・豊田の拳銃はまだロッカーの中だった。
    あとは戸田と志奈子はもっと大きな役割があるのかと思っていた。戸田はまだしも、志奈子は役不足に思った。

    黒澤が主人公らしい「首折り男のための協奏曲」も機会があれば読みたい。

    プラナリアの実験の話しは面白かった。
    同じことの繰り返しよりも自殺することを選ぶ。

    全体的に、豊田と黒澤の印象的な言葉が多かった。
    ------------
    正義だとか悪だとかそういうのは見方によって反転しちまうんだ。

    可能性とはゼロでなければ、起こりうることを意味する。

    『オリジナルな生き方なんてできるわけがない』

    要するに『未来』はそういうものなんだ。探しだすものなんだ。『未来』は闇雲に歩いていってもやってこないんだ。頭を使って見つけ出さなくてはいけないんだ。あんたもよく考えた方がいい。

    人生は一秒ごとに流れていっている。それを自覚しているのか!
    時間は前にしか進まない。巻き戻ることは絶対にありえない。

    「一生というのは」
    「一生は日々の積み重ねだろ」

    譲ってはいけないもの。そういうものってあるでしょう?

  • 一見、無関係な5つの物語が終わりに近づくにつれ急激に漸近する。リレーのバトンのように、それは秩序を持って繋がる。
    筆者の得意なパターン。

    最後に豊田が老犬を売らないプライドが気持ち良い。

  • 一見関係が無いように見えるいくつかの話が、最終的には驚くべき繋がり方を見せる。
    やっぱり伊坂さんは伏線回収がうまい。
    黒澤は他の伊坂さんの小説にも出てきていて、カッコよくて一番好きだ。泥棒にはなりたくたいけど、その他はこんな風になりたいと思う。
    パズルみたいに考えるならこのお話。

  • あちこちのシーンが別の角度で描かれて、最初はデジャブを感じる不思議な心持ちて読み進めると、もしかしてこの人ってもしかして…とだんだん繋がっていく。全く接点の無さそうな登場人物達が最後まで読むとある面に揃う。
    すいすい読んでしまったけど、いつの日かまた読見返しても楽しめそう。

  • 小説ならではの作りや、伏線の回収っぷりがさすが伊坂。

  • 2017.01.16完読

    それぞれの話がパズルのピースみたいで
    はめ込んでいくとどんどん見えてくる

    それぞれの話が濃く
    大きく見ると決していい話ではない

    のに、読み終わった後の爽快感!
    気持ちがいい(ノ)ェ(ヾ)

    老犬が何もされなかったのがデカイ

    この後どうなってしまったのか
    すっごく気になるー笑笑

    けど、知らない方が良いよね。笑

    面白かったです!

  • 個々の生活のストーリーが複雑に絡み合っていてさすがの伊坂作品!とてもおもしろかった。

  • この頃すごく伊坂さん好きだった。なつかしい。そしてこの本が彼の中でいちばんすき。

  • 同時進行する4つの物語。
    一見何の関係もないように見えるこれらのストーリーが、次第次第に内堀が固まるように複雑に絡まり合って、一つの塔を作り上げる。

    そんな壮大な建築物を高みの空から眺めている気分、とでも言ったらいいのだろうか。

    それぞれの物語も先の展開が読めなくてハラハラするのも面白いのだが、読み進んでいくうちに、あちこちに散らばっているピースが時系列ごとにピタッ、ピタッとはまっていく感覚がスリリングで楽しい。

    この人の頭の中はどうなっているんだろうねぇ。

  • 複線がつながっていく感じが良かった。テンポもいい
    よく、時系列を何年何月何日(何時)とかはっきり書いてある小説もあるけど、逆に覚えれないというか見てないので
    昨日とか、一昨日とかの表現のほうが分かりやすかった。

    登場人物の中でも、黒澤が一人ういているというか、キャラがたってるなと思ったら、彼が主人公の話もあるらしくて納得した。

    偶然や必然をうまく取り入れて不思議な現象が起きたようにしているのも面白かった。

  • いろいろなストーリーが重なり合い、伏線回収をするのはさすが伊坂幸太郎。
    テンポがよく楽しく進めた。

全2858件中 1 - 25件を表示

ラッシュライフ (新潮文庫)に関連する談話室の質問

ラッシュライフ (新潮文庫)に関連するまとめ

ラッシュライフ (新潮文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

ラッシュライフ (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ラッシュライフ (新潮文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

ラッシュライフ (新潮文庫)の作品紹介

泥棒を生業とする男は新たなカモを物色する。父に自殺された青年は神に憧れる。女性カウンセラーは不倫相手との再婚を企む。職を失い家族に見捨てられた男は野良犬を拾う。幕間には歩くバラバラ死体登場-。並走する四つの物語、交錯する十以上の人生、その果てに待つ意外な未来。不思議な人物、機知に富む会話、先の読めない展開。巧緻な騙し絵のごとき現代の寓話の幕が、今あがる。

ラッシュライフ (新潮文庫)のKindle版

ラッシュライフ (新潮文庫)の単行本

ツイートする