ラッシュライフ (新潮文庫)

  • 29507人登録
  • 3.74評価
    • (2871)
    • (4060)
    • (4955)
    • (458)
    • (80)
  • 2875レビュー
著者 : 伊坂幸太郎
  • 新潮社 (2005年4月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (469ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101250229

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

ラッシュライフ (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 自分の作品の中では、作家はある意味「神」なのかもしれない。

    神様的俯瞰目線で見渡せば、
    確かに世の中のほとんどは繋がっていて
    ニヤニヤして見てしまうほど
    小さな場所の中で大勢で右往左往しているのであろう。

    「胃」と「自分」の関係。
    ラッシュライフのスペルと意味。
    人生がリレーだったら…。

    そのまま見ているものが、
    ちょいちょいっと伊坂さんが言葉を足すと
    大きく場面が反転してしまう。

    伊坂さん的、「神目線」を堪能した一冊です。

    あーーー。ここの軸がそうなっていたのか!
    またまたまたまた、してやられる。

    この本はフォローさせていただいている方から紹介してもらい、手に取りました。

    初期の作品と私が読了した最近の作品は
    登場人物も違う全く別物の物語のはずなのに、
    何か裏の巨大なものが繋がっている気がしてなりません。

    泥棒の黒澤のクセになる「美学」いいですね。
    こんなに言葉を大事にしている人だとは…。
    そしてこの落ち着き。どこからきているのだろう??死神でもないのに。
    ちょっと気になりますね。

    魅力ある初期作品を教えていただき有難うございました。
    これからも少しずつ伊坂哲学を読んで行きたいと思います。

  • ・伊坂幸太郎さんの本は、出版順に見たいと思ってしまい、作品リストをつくってしまったw
    ・オーデュボンの祈りの伊藤がでてきた(カカシの話も)
    ・全然関係ないようにみえた人物がどんどんつながっていくのが面白くて、
    何度も読み返して人物相関図と時系列の図をつくった
    ・あーおもしろかった

  • 初夏の早朝。カーテンを開けたときの気持ちよさ。太陽の日差しと爽快な青い空。昨夜、悩んでたことが嘘のよう。今日はいいことありそうだ。うん、何とかなる!
    そんな気持ちにさせてくれるんです。このお話。
    みんながみんな、痛みや挫折。そして、ついには殺人事件まで。いろいろ問題を抱えているのだけれど、それでも、一筋の光が射すような生き様を見せてくれる人もいました。中には自滅しちゃう人もいたのですが、その違いは何だったんだろう。人生への考え方の違いなのでしょうか。自分は生かされているのだとの思いと、人生は自分のもの、思い通りに動かしてやるとの傲慢さとの違いかもしれません。
    わたしたちは生きてたら、そりゃあ失敗もあるし、思わぬ落とし穴にもハマってしまうこともあります。だけど、『未来は神様のレシピで決まる』もんよね。ちっぽけな人間はただ大きな流れの中で生かされてるだけ。その中で何とかなるさと思いながら身を任せとこうじゃないか。。。って考えられたら、また前を向けそうです。
    神様から見たら、きっと針の穴ほどの小さな街です。そこで今日もたくさんの人間がすれ違い交錯して生きています。まるでそれは神様の手の中でくるくるまわる多面体の骨組に沿って歩いているように思えてなりません。そこには人間にとっては偶然、神様にとってはレシピ通りの思いがけない出会いも生まれるでしょう。それが吉とでるか凶とでるか、わたしたちにはどうすることもできません。まさに、神様のいうとおりです。
    でも、そう思えば逆に、今のにっちもさっちもいかない状況でも、流れに逆らわず生きてさえいれば何とかなるんじゃないかなって気も生まれてくるかもしれません。まさに暗い部屋のカーテンを開けて快晴の青空を眺めたときの眩しさのように。うーん、言うのは簡単ですね。でも、そう思ってる方が何とかなりそうかも。
    『イッツオールライト』です。

  • 「誰だって初参加なんだ。人生にプロフェッショナルがいるわけがない。まあ、時には自分が人生のプロであるかのように知った顔をした奴もいるがね、とにかく実際には全員がアマチュアで、新人だ」
    ー黒澤

    「昨日だよ。君と久しぶりに会えて楽しかった。昨日は私が、私達が主役だった」
    ー佐々岡


    泥棒を生業とする男、黒澤。
    神に憧れる青年、河原崎。
    不倫相手との再婚の為に殺人を計画する
    女性心理カウンセラー、京子。
    職を失い、野良犬を拾った男、豊田。
    交わるはずのない4人の違うストーリーが
    最後、見事に一つになる。

    面白かった!
    これは最後ひとつにまとまるのか!?
    と心配してたが、心配ご無用。
    それぞれのピースが綺麗に
    当てはまりスッキリしました。
    短編のような話がそれぞれ
    同時進行で進むため、
    一気に読むことをお勧めします!

  • 群像劇というのは今時珍しくはないけれど、時系列の並べ方がとても上手い。
    点から線へ繋がる瞬間の快感はこの描き方があってこそ。
    そして完成するのはエッシャーのだまし絵そのもの。
    読み終わったあと、もう一度冒頭までページを戻したのは私だけではないはず。


    派手さには欠けるが、物語に惹き込まれるだけの魅力はあるのでやっぱり面白い作品と言えるのだと思う。
    出来るなら細切れではなく一息に最後まで読みたい本。
    それでこそのラッシュライフ。

  • 視点の変化ごとに現れるシルエットが誰を表すか覚えるころにはもう一気にページをめくっていくしかありません。分かってはいるのです。どこかが必ずつながっていること、時系列も前後しているだろうということも。でも分解されバラバラになって違うものに見えていた絵が来るべき時が来ると一気に違う位置にはまって別の絵を見せ始める美しさには感嘆します。読後漂ううっすらとした寂寥感も好みです。前作とのリンクも楽しみましたが、きっとたくさん別作品へのリンクが埋まっているのでしょう。何度も読み返して別の発見を楽しめそうです。

  • あ~、そこもつながってたのか~
    伏線ありすぎてもう。。

    別の作品のあのセリフも出てくるし。

    伊坂さんの頭の中見てみたい。

  • パズルを解くような面白さがある小説だと思いました。

    登場人物たちの、バラバラに見える生活が、最後はリンクする。
    ピースをはめていくような、爽快な気分になりました。

    文章も読みやすく、物語が絡まっていく様が目に見えて分かるので、取っつきやすい作品ではないかと思います。

  • 平行する5つの物語。
    それらが時に交わりながらも決して1つになることは無い。
    それぞれが1つの小説として面白く、物語が交差する瞬間を“見た”とき、言いようのない快感を覚える。
    だから小説は止められない。

  • あー、面白かった。
    伊坂さんの作品は出版順の方が面白いよと、オススメされ2冊目。
    1作目の登場人物がさりげなく出てきてるところにニヤッとしてしまいました。それも、前作のその後で、ちょっと嬉しくなりますね。
    それだけでなく、この方の本当に伏線の貼り方が凄く好きです。そして、それの回収が本当に快感に近いですね。なんか繋がるたんびに、なるほどと、それも嬉しくなっちゃいますね。
    人と人は案外繋がってるのでは…なんて思わせてくれる作品でした。
    今回は時間の差があることもあり、何となくこれがこの時間かな…とかおもってましたが、それが最後にちゃんと分かってすっきり。
    そして、どこか暗い話、残酷な話とあるのに、嫌な味を残らないのがこの方のすごいとこだと、前作を読んだときにも思いました。あと、嫌なキャラは嫌なキャラのまま、なんだかちゃんとオチをつけてくれるとこも私は好きです。本当に全部がスッキリします。

全2875件中 1 - 10件を表示

ラッシュライフ (新潮文庫)に関連する談話室の質問

ラッシュライフ (新潮文庫)に関連するまとめ

ラッシュライフ (新潮文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ラッシュライフ (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ラッシュライフ (新潮文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

ラッシュライフ (新潮文庫)の作品紹介

泥棒を生業とする男は新たなカモを物色する。父に自殺された青年は神に憧れる。女性カウンセラーは不倫相手との再婚を企む。職を失い家族に見捨てられた男は野良犬を拾う。幕間には歩くバラバラ死体登場-。並走する四つの物語、交錯する十以上の人生、その果てに待つ意外な未来。不思議な人物、機知に富む会話、先の読めない展開。巧緻な騙し絵のごとき現代の寓話の幕が、今あがる。

ラッシュライフ (新潮文庫)のKindle版

ラッシュライフ (新潮文庫)の単行本

ツイートする