重力ピエロ (新潮文庫)

  • 37616人登録
  • 3.78評価
    • (3834)
    • (4905)
    • (5411)
    • (661)
    • (131)
  • 3528レビュー
著者 : 伊坂幸太郎
  • 新潮社 (2006年6月28日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (485ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101250236

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

重力ピエロ (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

  • お父さんもお母さんも泉水も春が大好きで、間違いなく春のことを家族と思っていて…春の生い立ちは信じられないくらい悲しいものですが、血の繋がりとは関係のない家族の絆に泣けてきます。お父さんの言葉が素敵過ぎる…

    読み終わった後は清々しくて、優しく温かい気持ちになるお話です。スプリング兄弟がかわいいです。春が家族との思い出一つ一つを大事にしていて、自分の中に刻み込んでいて、願掛けにもしているのだと思うとほほえましくていじらしいです。

    遺伝子で繋がっていく仕掛けもおもしろいし、遺伝子が仕掛けであることにとても意味がある繋がりでした。
    伊坂さんの小説は引用の使われ方がおもしろくて説得力があるというか、すごい言い当ててる感があって楽しいです。

    名言満載!伊坂作品の中で一番好きな作品です。

  • 実際にはとっても重たい内容のお話なのに、暗くならず逆に個性的なキャラクターで楽しく読めて、後味も私としてはスッキリしてとっても良かったです。
    伊坂幸太郎さんの本の登場人物はやっぱり魅力的で、とっても引きつけられました。
    特に家族での過去にあったエピソードに心温まり、泣けちゃったりしました。
    「本当に深刻なことは、陽気に伝えるべきなんだよ」そういう本でした。
    泉水と春と父と母、ジワーときて羨ましい家族です。

  • 初めて読んだ伊坂さんの作品。
    あまり本も読んだことがなかったが、徐々に真相がそ見えてくるのが楽しくて面白いなぁと思った。キャラクターの会話の中で あ、この言葉できっと彼も気づいただろうな とキャラクターと感情を共有しているような感覚がありました。
    最後は全てが明かされる前に真相が分かっていましたが、それがまた悲しいような寂しいような感情に繋がって良かったと思います。

  • 「春が二階から落ちてきた」で物語が始まり、締めているのが良かった。一見なんも脈絡のない言葉の羅列から文字を見つけ、繋ぎ出してみたり、連続放火事件、落書きから見えてきた犯人の目的や意味、なぜなのかに至ったことや、レイプという犯罪を明らかにして、ある法則を見出していく。そして、春と繋がりのある人物がわかり、そして家族というのを感じさせる作品。「お前は俺と似て嘘が下手だ」という言葉から家族の愛情が充分に伝わってくる。春と泉水、親子との絆や以前読んだラッシュライフと同様に多様な言葉の表現、ユーモア性に感銘。

  • 伊坂幸太郎さんの小説は2作目。なぜだがハードルが高そうで手を出しづらかったのです。
    が、この小説を機に一気にはまりそうです。

    DNAという、人の意志ではどうにもならないように思える大きな力をめぐり、人の「愛」がどう向き合い超克するかというテーマです。
    今回はDNAが取り上げられていましたが、おそらくは世の中のあらゆる巨大な力に対峙する際の人のあり方を著者は考えているのでしょう。たぶん。

    笑顔で重力に逆らってゆくピエロのように、笑って乗り越えることに、ひとつの哲学があるのかも知れないなと思いました。その裏には壮絶な闘いがあるのかも知れないですけどね。

    ほかにも、随所に著者の考えが潜んでいて、それが僕が共感できるものばかりで、読んでいて非常に楽しかったです。繰り返し読むべき本でしょう。

    かなりしっかりとした、深く読み込む価値のある文学作品だなぁって思うんですが、いいところは何よりも軽やかなんですよね。本当に読みやすい。

    偉そうなこと書いちゃいますけど・・・
    これぞ現代の作家、なのかもしれないと思いました。

  • 兄弟の会話。親子の会話。この家族の間で繰り広げられる言葉の数々がとても印象的でした。お互いを尊重し信じ合い、なにが起きても動じないような揺るぎない根っこを持っている家族です。

    「おまえはお父さんに似て・・・」とか「家を継ぐのは長男の役目」とか「あの子がグレたのは継母だから」とか「男の子を産め」とか。例えば、お家の存続のためにもDNAや血の繋がりといったものを大事にしたがる風習がわたしの周りでは当たり前のように蔓延ってます。
    これがとても息苦しい。雁字搦めにされてしまいます。
    でも、はたっと気づきます。家族にとって血とか遺伝子とかってそんなに大切なこと?家族として愛しあうことにそれが必要条件なわけ?
    んっなことないだろう!もっと大切なことがあるじゃないか!!
    凝り固まった固定観念にガツンと衝撃を与えてくれる物語でした。
    読んでよかったなと素直に思えました。

    心に残った場面のひとつに、兄の泉水が辛い出来事によって誕生した弟の春のことについて、自分の内なる声と問答する場面があります。
    春が生まれたことは正解か。では母親に起きた事件も正解なのか。おまえの将来の妻に同じことが起こったら、子どもを産ませるのか。おまえの父親は誤っているのか・・・
    おまえの言ってることは矛盾じゃないかと問われれば、「知るか!」「矛盾だ。悪いか」とためらうことなく激昂しただろうと泉水は思います。

    人生の岐路に立ったとき、どうすればいいのかなんて自分で考えるしかない。どちらを選んだとしても、その先には正解なんてない道が続いているのでしょう。他人に理不尽だと思われようとも、憐れみや同情などのいらぬお世話にあおうとも、無責任な言動に振り回される必要なんかさらさらこれっぽっちもないんですよね。
    矛盾でなにが悪い、それが自分の選んだ道だ、文句あるか!って堂々としてたらいいんだなって、目の前がさぁーっと開けました。

  • 「春が二階から落ちてきた」この、冒頭がいい。
    お父さんが、たまらなく、いい。ミステリーだけど家族愛の話。心に残るような名言がたくさん出てくるのも、いい。物語の結末は、気に入らない。でも、「春が二階から落ちてきた」で締めているので、帳消し。

  • 2017年4月30日読了

    473ページ

    舞台は仙台、二人の異母兄弟が主人公。この家族の、異母兄弟にまつわる過去に暗い出来事がある。

    冒頭、最初の一行目でストーリーを見誤る可能性がある。さすが伊坂幸太郎。

    なぜ、二人の兄弟が異母兄弟なのか?家族に起こった暗い出来事とは?前半に簡単にわかってしまうのだが、この事実が伏線となりストーリーに深みを持たせる。

    仙台市内で発生するグラフィックアートとその現場近くで発生する放火事件に、兄弟が犯人を突き止めるべく、動くのだが単純な謎解きではなく、このグラフィックアートと放火も見事な伏線になっている。

    伊坂幸太郎はこの小説を通して、社内における不条理なことや不公平と思うが誰も大きな声で言わない(言えない)ことを伝えたいのだと感じた。
    私もこのような犯罪者を許してはおけないし、被害者とその家族が一生苦しんでいるのにもかかわらず、加害者がのうのうと暮らしている社会は如何なものかと思う。

    「本当に深刻なことは、陽気に伝えるべきなんだよ」

  • "春が二階から落ちてきた。"
    締めくくりの1文でおお、となった。

    泉水と春とその家族の背景には
    とても重いものがあるのに、
    "本当に深刻なことは陽気に伝えるべき"だからか
    さらさらと書かれている印象。

    何が正解なのか分からなくなるなあ。。

    話の展開は読めたけど、
    春の不思議な行動の理由には
    ほっとできた。

  • 周囲や社会の判断でなく、自分が大切だと思うことを大切にする。
    難しいけど、それをやってのける主人公とその家族たち。
    会話の軽快さにも、面白さにも、話の展開も、惹きつけられっぱなしで、爽快!

  • この人のほかの作品の登場人物もちょっとでてくる。
    両親から生まれた兄と、母親が強姦された末生まれた弟と、その弟を生む決断をした父との話し。
    お兄ちゃんはちょっとヘタレで、弟はそれでもお兄ちゃんが大好きで、それは大人になっても変わらない感じが微笑ましいと思いつつ、薄ら寒いものも感じる。

  • 兄弟って素敵だなぁ。
    血が繋がっているか、繋がっていないか。
    それって難しい問題。

    私だったら、堕胎だと思う。
    人によって違う。

    さらっと読めるのに、考えさせられる一冊ですね。

    犯罪=悪じゃない
    ってのには共感出来なかったけども。

  • この人の作品はリンクしているから、1つ読み出すとハマってしまうね
    この本も4時間集中で読めました

    展開と犯人は最初からわかってたけど
    後ろの解説にも少し書いてあったように
    最初の方に使った言葉を最後にまた持ってくるまとめ方、
    収束のさせ方は秀逸です

  • なんかねぇ、最後まで読んで元気になった。
    犯人とかオチは割と予想できたけど、なんだろう、この気持ちは。この気持ちはなんだろう。歌いたくなりますね。




    なりませんね。


    伊坂さんは人を元気にさせるのがうまいんだろうね。

  • 再読。あれ?こんなに泣けたっけ?とまたもや通勤電車で奥歯を噛みしめる破目になった。いい兄弟だし、いい両親だし、いい家族だ。「本当に深刻なことは陽気に伝えるべきなんだよ」というのが多くの人の一押しのセリフだが、私はまだこれをきちんと腹におさめることができないでいる。それは私がまだ春のように「本当に深刻なこと」にぶつからないでいるからだろう。他にも素敵なセリフが満載。私が好きなのは「自分たちが、過去に虐殺を行った生き残りだ、と認めるのは大きな第一歩だ」。言うまでもなく伏線の回収と他作品とのリンクは楽しい。

  • オーデュボン、ラッシュライフ、陽気なギャング、重力ピエロと読んできたが、今のところ特に心に響くものはない。
    砂漠はだいぶ前に読んだが、面白かった。ということは、重力ピエロ以降の作品はどんどん面白くなっていくのか?

    上記作品に共通しているのはとにかく「薄っぺらい」ことだ。
    ミステリーというには謎が入り組んでおらず、文芸というには軽い。
    登場人物は「いかにも作った」感じだし、ストーリーは伏線回収といえば聞こえはいいがどこか「都合が良い」。
    そのくせ、うだうだと喋る喋る。ドストエフスキーを引用して見せるが、ライトな読者層には「頭が良さそう」に映るのだろう。

    世間では人気があるようだから、私の狭い感受性に合わないだけなのだろう。

    印象的な一節。
    ――ピエロは、重力を忘れさせるために、メイクをし、玉に乗り、空中ブランコで優雅に空を飛び、時には不格好に飛ぶ。何かを忘れさせるために、だ。
    私が常識や法律を持ち出すまでもなく、重力は放っておいても働いてくる。
    それならば、唯一の兄弟である私は、その重力に逆らってみせるべきではないか。

  • 映画化されているだけあり、もしかして?もしかして?と早く次が知りたくなる気持ちが止まらない本だった。DNAの仕組みが放火犯罪の予告に結びついているなど巧みな伏線が面白い。
    遺伝とは、性格とはと考えさせられる。
    血のつながりのないながら、家族の絆もとてもいい。

  • 普通の人とは違う変わり者が多く登場したのが楽しめましたが、この手の題材は好きになれません。会話のたわいもないひねくれた掛け合いが多く話が一向に進まない。伊坂幸太郎は合わないのかな。文庫本の裏の紹介文に騙されました。

  • 重たい話を重たく感じさせない不思議な作品。

  • 台詞の掛け合いは面白い。ちょっと悲しい話し。

  • 好きか嫌いかよくわからないけど、面白かったのは間違いない、っていうのが曖昧だけど素直な感想。そして、感情移入するより客観的に読み切れるって個人的に好きなことも間違いないと再認識。

  • よく構成されて流石と思ったけど、組み立てられすぎていてあまり感情移入できなかった。

  • 家族愛を考えさせられます。

  • 軽い。内容が、タイトルが、なのに軽い。でも、それが主題なんだろう。僕らは「常識」という重力によって精神的にも自由に宙を漂うことを許されない。


     小説で重要視される一行目は100点だろう。「春が二階から落ちてきた。」ひゃくてん。

     悪いとはなんなのか。少年なら悪いことも情状酌量されるのはなぜ。人を殺すのは大罪で犬を殺すのは軽罪なのはなぜ。レイプで生まれた子供は…生まれるべきでないのか…

     よくある社会の常識に挑戦した作品だろう。シンプルで面白かった。


    ____
    p29 すべて要約と法則
     泉水と春の親戚である高校教師は、「世の中のことはすべて本に書いて入り、要約や法則で世界が説明できると考えているようだった」と言われていた。
     確かに、学者気質の人はそう考えがちだ。そうなりすぎないように気をつけよう。

    p68 癌の寿命
     人体の細胞には細胞分裂の寿命が存在する。TTAGGGというアミノ塩基配列テロメアという部分が細胞分裂のたびに減っていき、これが少なくなると分裂出来なくなる。しかし、がん細胞にはこれがない。だから際限なく分裂を繰り返して増殖して体を蝕んでいく。

    p91 ゴッホの絵を見る時間
     ゴッホはレンブラントの『ユダヤの花嫁』を見た時「もう二週間この絵の前に座っていられるなら、寿命が10年短くなってもいい。」と言ったという。ゴッホはそれだけ絵を理解するのにそれだけの時間が必要だと知っていた。だから、人を知るのにもそれだけの時間がかかるってこと。そういうことを知っておくのは大事だね。

    p96 泰然
     お父さんが泉水に「お父さんは春のことをどう思っているの。」と聞かれて、堂々とこう言ったという「春は俺たちの子だよ。」その泰然とした態度に、泉水は安心したという。

     人はやっぱ、泰然としていることが大事だよね。そのためにも、日頃から答えを決めておくことが大事だね。それが哲学なんだろう。

    p106 空中ブランコ
     「本当に深刻なことは、陽気に考えるべきなんだよ」
     「ピエロが空中ブランコから飛ぶとき、みんな重力のことを忘れているんだ」

     こういうの大体仏教で言われてるわ。だから合ってる。

    p167 レイプ
     哺乳類の中で日常的にレイプが行われるのは、ヒトとオラウータンとゾウアザラシだけらしいよ。
     あれ?イルカは??

    p246 虐殺
     人間と言うのは虐殺自体を目的にできる珍しい霊長類らしい。
     クロマニヨン人を祖先に持つ人類は、その前に存在していたネアンデルタール人を虐殺したのかもしれないな。結局、世の中残るのは悪い奴なんじゃないか。マキャベリズムってやつかな。

    p292 親殺し
     桃太郎は親殺しの物語という隠れた解釈がある。
     昔話には必ずと言っていいほどおじいさんとおばあさんが育ての親として登場する。物語の○○太郎は鬼と比喩される極悪な親を倒しに行くという物語であるという解釈。桃太郎の手下の雉(Pheasant)猿(Monkey)犬(Dog)の頭文字PMDはParent Must Dieだという、これはさすがに…

    p297 生きるために食べるのは良いが、、、
     ガンジー曰く「人は生きるために食べるべきで、味覚を楽しむために食べるべてはならない」
     まさに生類憐みの令だな。
     現代社会では食べられることが当然になってきているので、もう味覚を楽しむためが中心になってきちゃっているよ。美味しい物を安く売るために大量に殺すようなことはやめるべきだな。美味しいものは高く、だから殺す数も減らすべきだよな。

    p330 フェルマーの最終定理
     フェルマーは17世紀に遺言として最終定理を残して、世界中の数学者を苦しめてきた。それを解決したのは20世紀になったワイルズだった。
     ワイルズは20世紀のテクニックを用いて定理を解いた。だから、17世紀当時のフェルマーのやり方で解答を出したわけではない、ともいえるのである。そう考えると、フェルマー独自の方法がまだ残っている。または、フェルマーは本当にその定理を解けていたのか、疑わしい。

     フェルマーは軽い気持ちで嘘の遺言を残したのかもしれない。それでも、後世の人間はその言葉に意味を見出そうとした。悩んで自殺者が出るほど、必死に。
     人とはそういう物だ。必死に意味づけをしたがる。古代の遺跡は何のために作られたのかとか。事件が起これば体の良い理由を付けずにはいられない。生き方も、成功とか正しさとかを決めつけたがる。
     深刻なことほど、軽く考えればいいのに。

    p336 芸術は進化しない
     科学や技術は後世の社会に残るものだから、次々に進化、発見、創造、が繰り返される。
     しかし、芸術はアーティスト個人の中の者である。社会的に引き継がれることはほとんどない。だから、結局人の描くものは昔から大して変わらない。表現の技術は増えるかもしれないが、結局は人間の限界を超えられらない。それに人間を超える物は受け入れられないから、芸術として評価されない。

    p349 神様のレシピ
     伊坂幸太郎の常用句「神様のレシピ」。運命は、神様が書いたレシピ通りにしか完成しない。未来は神様のレシピなのだ。
     なんか別のとこで見た気がするのだけけれど、つまり、みんな伊坂幸太郎が好きなんだってことか?

    _______




     軽いから物足りない感じがした。でも、細かい章分けのおかげですっきり読みやすい。
     ミステリの謎としては、オーソドックスな感じで気持ちいい。
     最後の感じは、許せない人いるんだろうかなー。許されないことを流してるからなー。私は許せる。男だからだろうなー。女の人は許せない人もいるんだろうなー。

     倫理とか道徳は犬に食わせちまえってとこ、夫婦喧嘩は食べないけれど、そういうんは食うのかって思った。はは。

  • 伊坂幸太郎さんの小説の中でいちばんすき。
    内容は暗いはずなのに読んでいるとにこにこしてしまいます。時々春の中にある闇の部分、犯罪者の血だったり遺伝のことを思うとやりきれない気持ちになるけれど、何百何千と考えてきた中できっと春は自分なりの正義を見つけられたんだと思います。それは第三者が口を出せるほど単純なものではないはず、と思ったからラストはすごくすきです。
    春と泉とお父さん、黒澤さんのひとことひとことに相手の出方を探ったり情報を選んだりする優しさと賢さが滲んでいてかっこいい。わたしもそれができるひとになりたいです。

全3528件中 1 - 25件を表示

重力ピエロ (新潮文庫)に関連する談話室の質問

重力ピエロ (新潮文庫)に関連するまとめ

重力ピエロ (新潮文庫)を本棚に登録しているひと

重力ピエロ (新潮文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

重力ピエロ (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

重力ピエロ (新潮文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

重力ピエロ (新潮文庫)の作品紹介

伊坂幸太郎著の重力ピエロ、映画化もされ話題となりました。
兄弟に焦点あてたストーリーですが、弟は同じ母親から生まれたもののなんと、父親はレイプ犯。衝撃的な設定のストーリー。しかし重苦しさを感じさせずしかし兄弟や家族の絆もみられ、兄弟が事件について考えるなどミステリー要素もあります。どんどん引き込まれあっという間に読んでしまいますが結末も衝撃的です。最後まで驚かされます。

重力ピエロ (新潮文庫)の単行本

重力ピエロ (新潮文庫)のKindle版

ツイートする