ゴールデンスランバー (新潮文庫)

  • 20806人登録
  • 4.11評価
    • (2441)
    • (2597)
    • (1216)
    • (191)
    • (41)
  • 1601レビュー
著者 : 伊坂幸太郎
  • 新潮社 (2010年11月26日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (690ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101250267

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
伊坂 幸太郎
東野 圭吾
伊坂 幸太郎
東野 圭吾
宮部 みゆき
伊坂 幸太郎
有効な右矢印 無効な右矢印

ゴールデンスランバー (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

  • 「早く、1行でも早く続きを読みたい」という想いに駆られながら一冊を読みきったのは久しぶりの体験だったかもしれない。
    首相が衆人環視のなか暗殺され、その犯人に仕立て上げられた主人公・青柳雅春。わけのわからない状況下、あらゆる知恵や勇気を振り絞り、とにかく逃げる、逃げる、逃げる……。
    それまでの人生で出会った人たちに様々な形で逃亡の手助けをしてもらい、最後の最後に痛快な結末を迎えられたのも、その人たちに「真犯人ではない」と心から信じてもらえる何かを、青柳が見せてきたからにほかならない。
    いや、ディテールを語ることや陳腐な常套句を使った褒め言葉はこの作品には不要だ。「とにかく、ひたすら、めちゃくちゃおもしろい」ということでいいのではないかな?

  • 言わなくても信じて助けてくれる人たちがいる、それは習慣と信頼、日々人と向き合ってきちんと生きていたからで、毎日を不誠実に生きている私にはとても縁遠いけどこの本は読んでいてぐっとくる場面が多かった。ベタだけど親父の囲み取材、バッテリー交換、は素直に感動した。学生時代の話を挟んでくるんだけどそれがまた思い出話に終わらないちゃんとした伏線になっていて、実に気分が良い。保土ヶ谷とかキルオのように初対面でほいと味方になってくれてなんて御都合主義なところもあったけど、そこまで気にならない。服を交換してくれる若者達はあまりにファンタジーだったけどまあエンターテイメント小説だしこまけえことはいいんだよ。私が苦手とするえん罪で追われる系の話、1~2章の取っ付きにくさもあってなかなか進まないけど途中から俄然面白くなる。登場人物が魅力的。悪い奴は悪い奴、良い奴はちゃんと最後まで良い奴、女性がさばさばしてて強い。ちょっとしか出てこないけど樋口の夫がすごくかっこいい、器の広い良い男。轟社長の息子も男らしくてかっこいい。そして最後の章、わかる人だけわかればいい、その方法が粋で黒幕とか理由とか色々どうでも良くなった。ロックだぜ。

  • 首相を暗殺したのが誰なのか、なぜ青柳が犯人にしたてあげられたのか等、真相部分は一切解明されない。
    あくまでも、青柳がこの状況からいかに逃げ延びることが出来るか に焦点を当てて書かれた作品。でも、一切の謎解きがなくてもその逃走の過程が楽しめました。
    最後の「たいへんよくできました」を目にした時は何だかすごく嬉しくなった。

  • 映画を見たので原作読んでみた。
    読んでるうちに俳優さんで物語が再生されてしまったけど、違和感全然無かったし、映画見た上でも楽しめた。
    約500ページの長編なのに、映画はほとんど削られてなかったし。原作も映画も良い。珍しく。

    これは「伊坂幸太郎的に娯楽小説に徹したらどうなるか」という発想から生まれた作品、とのこと。
    その目的に違わず、主人公が逃げ続けるエンターテイメント作品になっている。
    逃げる青柳と、心配する樋口、そして二人の過去が紡がれながら進んでいく。
    構成が巧みだなー。


    「人間の最大の武器は習慣と信頼だ」
    っていうのが好き。
    仲間との信頼の糸が見える場面がとても良い。

  • 読み始めると止まらない。
    物語の筋がしっかりしている。その上、筋を支える細かな描写が面白い。
    チョコレートと魚のゲームで別れを決める場面や、歌を口ずさみながらさよならを言う友人の場面。森田屋〜と叫ぶ場面など、物語が筋を決める重要なきっかけが全部なんでもないこと である。
    実際にわたしたちの生活だってそんなもんだなぁなんて思いました。
    僕の人生、よくできました止まりなんだよなぁ、という部分は秀逸なラストシーンにつながるし、主人公のエレベーターのボタンを親指で押す癖も鍵を握る。
    伊坂幸太郎が得意な、登場人物がだんだん出会っていく手法も、出会わせることが目的ではなく、主人公がにげながら人生をつかんでいく大筋にそってそれを支えるように描かれているので、ご都合主義な雰囲気が隠れていて丁度よく楽しめた。
    ラストまで読んで、これはあり得ない話の現実的な結末に落ち着いたなぁと思った。読み終わった時の爽快感はもう少しほしかったけど、これ以上のハッピーエンドは物語の空気を軽くしてしまうような気もして、これがいちばんだったのかなぁなんて思いました。

  • 珍しく、映像が先で原作を読むまで三年位経っていた。当時一緒に観た友人も伊坂フリークで、色々感想を言い合ったものだ。

    大統領暗殺の濡れ衣を着せられたオズワルドのように、首相暗殺の犯人にされ、訳もわからないまま逃げ回る青柳。映画では堺雅人さんが演じていたはず。なるほど二枚目ではあるが、悪意に満ちた犯人にも見えなくはない。(ちなみにカズは劇団ひとりが演じた)

    立ちはだかる大きな陰謀、キーマンたちは消され、追い詰められる青柳。
    ターゲットにされた恐怖と理不尽さに戸惑い、怒りながらも逃げ続ける彼を手助けするかつての仲間たち。

    よくまあこれだけの伏線を全て綺麗に回収出来たなぁ…

    お話としては犠牲者が多くやりきれない気持ちになるけれど、いつか伊坂さんマジックで他の作品に登場する青柳がみたいなぁ。

  • 後半一気に読みました。
    少しずつ話が繋がる快感が気持ち良く、最後の回収は見事。
    真相は藪の中でもやっとすることがわかっているにもかかわらず、ラストの爽快感がすごい。

  • 現実味の無いストーリーに加え展開やキャラクターに大分無理がある所もありましたが…

    それでも、もしかしたらこんな事もあるのかも知れないと思わせる文章能力で最後まで楽しむ事が出来ました。

    現実世界でもしも自分が同じような目に合ったとしたら、どれだけの人が自分を無実だと心から信じ危険と承知で手助けしてくれるだろうかと考えてしまいました。

    そんな人が何人いるだろうかと…

    過去の仲間達、両親、初めて合った人でさえも助けたい信じたいと思わせる…
    青柳雅春のこれまでの生き方・人柄(人徳)だろうなぁと思った。

    すべてを捨て自分が自分だと名乗り出る事の出来ない彼のこれからの生活を考えると、絶望的で救われない状況に思えるけれど

    彼が生きている事を信じ心から幸せを願っている人がいる。彼にとって唯一の救いだと思った。

    所どころに散りばめられた物が繋がっていくラストにはぐっときました。

    ☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆.。.:

    緊張感ある内容なのに、クスッと笑える場面やキャラクターがいるのが良いですね。

  • 伊坂幸太郎初めて読みました。とっても面白かった!はまってしまう予感です。

    国家的な何かによって、首相暗殺犯に仕立て上げられてしまった青柳雅春の逃亡の物語。
    その過程で人が殺されたり、警察による暴力があったり、決して穏やかではないストーリー展開の中、彼の無実を信じて逃亡を助ける面々が、なんともなんとも飄々としていて、でも暖かいんです。
    最後はじわっと来ました。これは信頼の物語かな。

    登場人物の名前が一貫してフルネームで書かれ、また、短い会話の連続のとき、言葉の長さをきれいに揃えて鍵かっこが一直線に並ぶのは、伊坂さんの特徴なのか…、次の作品で確認します(笑)

  • 映画が面白かったので、原作も読んでみる事に。
    巨人のような巨大すぎる実体の分からない権力に立ち向かうすべのない私達がすることは「逃げる」という手段しかないのかもなぁとただの端にも棒にもひっかからない一国民としては思う所がすごく大きい話だった。
    ただ、本当に自分が「信頼」する人々の言葉がどれだけ大きいのだろうかとか、また考えさせられた。
    特にお父さんの言葉には感動したなぁ。
    大きな謎は残るがそれが物語の本題ではないことはわかるので、もやっとしたところは残っても、これが今現実にあったとしてできることだったんだと思う。

  • 「巨大な力」によって首相暗殺の犯人に仕立てあげられた、ごく普通の一般人がとにかく逃げ回る。巨大な組織からも警察からもマスコミからも世間の目からも。
    人は巨大な力を前にしたとき、逃げることしかできない。でも、逃げ切ったら勝ちだ。
    最後までハラハラしながらページをめくったが、結局「巨大な力」とは何だったのか、どうして青柳が偽の犯人に選ばれたのか、それが気になって読了感はいまイチ…。ま、今回の主題はそこではないのだろうけども。
    序盤から散りばめられていた伏線の回収はお見事。
    2017/11

  • 面白い作品。途中からは加速して読み進めました。
    どうなるの?ハラハラしながら、そこがいい。
    主人公の青柳もいいキャラですが、登場人物、全てがいい味出してます。そこも楽しめるし、ビートルズの音楽がちょろちょろと出てくるのが、またいい味出してます。
    ひとつだけ、疑問が残っています。
    どうして青柳が標的になったのか、第二候補とはわかってみても、そこが知りたいですね。犯人も結局は、大きな組織と考えるしかなくて、そこがいいのかもしれないけど。
    そこが知りたいと思うのです。

    2008年本屋大賞受賞、第21回山本周五郎賞受賞作品。『このミステリーがすごい!』2009年版1位。

  • 大作だけど一気に読める作品。
    とてつもなく強大な敵から逃げて逃げて逃げまくる主人公を、最後の最後に、それまで接点のなかった複数の人物が一気に繋がって主人公の逃げ道を作り上げるところは痛快。いや何の解決にもなってないんだけれども(笑)
    解説に、伏線の畳まなさ具合に味があるっていう伊坂本人のコメントがあったけどまさにその通り。もやもやが残ってるしハッピーエンドではないけど、何故か大団円に感じさせるのは流石。
    そして最後の判子が良かった。あれで全てが救われた気がする。僕も主人公も。

  • 初めて読んだ伊坂さんの本がこれです。
    高校生の時に読んだので途中なかなか読み進めない所がありました(笑)
    でも、そこを突破したら面白いくらささーっと読めました!
    内容的には面白かったんですけど、こんなひどい事ってあるの?っていう気持ちが強くて何だかスッキリしないラストだったかなー(^o^;)

  • 「ゴールデンスランバー」
    首相暗殺の濡れ衣をきせられ、巨大な陰謀に包囲された青年・青柳雅春。運命の鍵を握る古い記憶の断片とビートルズのメロディ。


    伊坂幸太郎の集大成、と一部では言われているらしい「ゴールデンスランバー」。伊坂氏自身がハリウッド的世界観に取り組み、今までとは違う手法を加えたらしい「ゴールデンスランバー」(詳しくは、本人による解説を参照)。なるほど、確かに、素晴らしいぞw、ニヤニヤやドキドキ、ムカムカといった感情が踊っている。


    改めて唸らせられるのは、「小説家・伊坂幸太郎の凄さ」です。凄いと感じている時点でそれは唸っているということでもあるかも知れないけど、それならば、唸らされ、さらに唸らされているということw


    小説を書く際、肝となる物語の設定は「出てくるときに出てくる」ということらしい。となると、小説家として高めるべきは、いわゆる「書く力」。例えば、伏線の張り方と回収法、描写、物語の展開法、時間軸のとり方、文章力と表現力etc、それらが凄いとぐっと引き込まれるし、唸らせられるし、「こういう表現を使うのか。なるほどな~」とか言わされる。本作には、その凄さを改めて痛感しました。そして、思ったわけです、「伊坂幸太郎とは、やっぱり凄い」とw(ここら辺の話は、伊坂氏自身によるあとがきを読んでもらえればと思います)


    伏線の張り方や文章力などなど、凄いと思うところはたくさんあるんですが、本作では、登場人物が一番凄いなと。青柳はもちろんのこと、序盤でいなくなってしまう森田がとにかく気に入りました。死んでしまうにも関わらず、青柳達の中で出てくる森田。彼の台詞一つ一つが伏線であり、物語の流れと彼という人間性を形作り、青柳達に影響を与えていく。動作そのものは少ないものの、台詞だけで、これだけ、森田という人物が生き生きするとは。


    ・・・と話が脱線してしまいましたが、ご心配なく。ここで色々言わなくても、「ゴールデンスランバー」は間違いなく面白いですから。

  • 首相をラジコンヘリで暗殺したとされる青柳が2日間逃亡するお話。
    まずは事件の概要が傍観者の立場から客観的(?)に語られ、次に事件から20年後について語られる。最後に、事件の当事者たちの視点を切り替えながら、実際には何が起こっていたのかが明らかにされる。
    ユーモアの効いた軽妙な語り口ながら、実際にはとても緻密に計算されている(と思われる)文章。そこここに埋め込まれた伏線は一回読んだだけでは拾い切れません。
    映画も見たい!

  • 非常におもしろかった。「人間の最大の武器は、信頼なんだ。」こんな状況でも頼れる人、信じてくれる人がいるのが素晴らしい。伏線の回収も流石で文句なし!

  • これも、自分ではどうにもならない大きなものの話。
    「痴漢は死ね」で泣いたのは私だけじゃないはずだ。

  • 文句なしの☆5つ。しっかりしたメッセージ性がありながらミステリー要素アクション要素ともに抜群で、過去と現在の行き来もごっちゃになることなくわかりやすかった。伊坂作品は映画化多いけど、ここまで忠実に映像化できる作品は少ないのでは。小ネタの充実具合もトップクラス。何回も読み返せる作品^^

  • ロックだよ…!
    ロックな小説だったよぉぉぉぉぉぉおぉぉぉおおぉぉぉお!

    ちくしょー、国家め。
    誰だ。誰の陰謀なんだーーーーー!!!!
    ケネディ暗殺にすごく興味が沸いてきたよ。
    関連映画を観ようとおもう。
    浦沢直樹の「BILLY BAT」もそれ関連の漫画だったなんて。
    読まなきゃ!


    最初はやっぱり何だか良くわかんなかったな~。
    「事件から20年後」の章も何言ってるのかわかんなかったし。
    この章は読み終わってからもう1回読まないとダメだね~。

    伊坂孝太郎さんの本を読む度に思うこと。
    それは
    「もっと私に記憶力をください」
    ですね。
    伊坂さんが撒き散らしてる伏線を私はたぶん80%くらいしか拾えてないよ~。

    今回も例にもれず、そぉ思いました。
    君も出てきちゃうのか~。
    って感じで、なんかみんなが青ヤギさんを信じて応援してるのがすごく感動した。
    心があったかくなったよ。

    私が青ヤギさんみたいになって、信じてくれる人がどれだけいるんだろうって話ですよ。
    自信ないけど、「人間の最大の武器は習慣と信頼」だと森の声も言ってるし、信じてる!(笑)

    国家って本当に怖いね。
    監視社会もヒトゴトじゃないよね。
    でも、実際に商店街とかにあるもんねー。
    そのうち、本当にセキュリティポッドみたいなのが置かれそう。
    監視されて困るような生活しなきゃ良いんだよってか?!
    上から目線で気分悪いね。

    24とか観ててもすごいもんね。
    いざとなったら衛星使って追跡しちゃうもんね。
    何でもかんでもすぐにわかるもんな~。
    それでも捕まらない犯人もまだ日本にはたくさんいるしね。
    運だなぁ。。。

    青ヤギさんを助けた大勢の人たちの中でもいちばん三浦が好きだな。
    青ヤギさんのコトを知らないのに助けてくれたしね。
    あと、青ヤギさんの事件に巻き込まれて死んじゃったけど、それを青ヤギさんのせいにしないで、最後までちゃんと力になってくれてるところがロックだったよ。
    青ヤギさん、もぉちょっと三浦に感謝しても良かったのでは。

    国家ってゆー巨人を敵に回したら、やっぱり逃げるしかないよね。
    どんな無様な姿になっても生きてればそれはすごいことだもん。
    違う本だけど、「60年、死なずに生きてきたことは、すげぇことなんだよ」って木村さんが言ってたし。本当にすごいことだと思うよ~!
    青ヤギさんは幸せになって欲しい。
    でも、樋口さんとよりを戻して欲しいけど、無理なんだろうな~。

    あ、意外に将門くんが頑張ってるのがビックリしました。
    あなた、めっちゃ脇役だと思ってたけど、超活躍してるじゃん!
    功労賞だよー。

    青ヤギさんのパパンは殿堂入りだけどね。
    もぉすげぇロックだよ、あの人!


    「事件」の章は終始ハラハラドキドキでした。
    現在の話を軸にときどき過去のお話に。
    のんきな学生時代の話と、緊迫して死にそうな現在の話。
    その温度差が笑えて楽しい。

    本を読むのって楽しい。
    1冊の本を読むだけで、ビートルズの「アビィ・ロード」聴こう。とか
    ケネディ暗殺関連を観よう。とか
    つながって響きあうのが嬉しい。

  • 今までの人生を捨てて別の顔で生きていくことになってしまった主人公。逃走劇は目が離せないが、終わり方は切ない感じ。

  • 実写版を見てから読みました。
    当然の如く原作には違う内容もありましたが、実写版を想像しながら読むことができハラハラもしました。
    現実世界で一般市民がここまで巻き込まれるような黒い陰謀。
    知らんだけあるんやろ~な~。

  • 三章までは、だらだらした内容でおもしろくなく、なかなか読み進まなかったが、四章から徐々におもしろくなって、一気に読んだ。
    ちらちらと他の人の感想を読んだら、そういう人がけっこういた。前半、もうちょっとどうにかならなかったのかな。
    いったい誰が何のために青柳を陥れたのか、事件の核心はけっきょくわからずじまいだし、二十年後の部分も事実と微妙に異なってる部分もあり、すべてがスッキリするわけではないのに、伏線が回収される爽快感で、なんだかスッキリしてしまう。

  • 最近読んだことのない作家の本などに手を出していて、あまり進まずにどんよりした気分になっていたのですが、さすが安定の伊坂幸太郎でした。
    久々に電車を降りてからも続きが気になって読んでしまいました。映画(テレビでしたが)を見ているのにもかかわらず。
    いろんな伏線の回収や、最後の章なんて、もう、たまらず口角があがりますわな。

全1601件中 1 - 25件を表示

ゴールデンスランバー (新潮文庫)に関連する談話室の質問

ゴールデンスランバー (新潮文庫)に関連するまとめ

ゴールデンスランバー (新潮文庫)を本棚に登録しているひと

ゴールデンスランバー (新潮文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ゴールデンスランバー (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ゴールデンスランバー (新潮文庫)の作品紹介

衆人環視の中、首相が爆殺された。そして犯人は俺だと報道されている。なぜだ?何が起こっているんだ?俺はやっていない-。首相暗殺の濡れ衣をきせられ、巨大な陰謀に包囲された青年・青柳雅春。暴力も辞さぬ追手集団からの、孤独な必死の逃走。行く手に見え隠れする謎の人物達。運命の鍵を握る古い記憶の断片とビートルズのメロディ。スリル炸裂超弩級エンタテインメント巨編。

ゴールデンスランバー (新潮文庫)のKindle版

ゴールデンスランバー (新潮文庫)のハードカバー

ツイートする