眠れぬ真珠 (新潮文庫)

  • 2522人登録
  • 3.57評価
    • (172)
    • (302)
    • (389)
    • (70)
    • (19)
  • 279レビュー
著者 : 石田衣良
  • 新潮社 (2008年11月27日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (367ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101250526

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
村上 春樹
石田 衣良
石田 衣良
東野 圭吾
伊坂 幸太郎
有効な右矢印 無効な右矢印

眠れぬ真珠 (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

  • 会社の同期が誕生日プレゼントにサジェストしてくれた本。最初帯だけ読んだ時は45歳の女性が17下の男の人とと抱き合ってて少しびっくりしたが(なぜこの本を私(22)に勧めたってw)、その同期曰く「主人公の女性がとってもかっこよくてさ」って目を輝かせて言ってて。実際本当に素敵な大人の女性だった。ただ少し孤独だった。そしてこの本自体とても幸せな恋愛の話だったので、当時辛い恋愛をしてた私の癒しだった。

  • 女性視点の描写がリアルと言われてる作品。
    年下男性との恋愛は、愛人やセックス描写で重い小説かと思ったが、読み終えたら爽やかな印象でした。
    人を愛することに正しい方法なんてあるのかな。
    自由に恋愛できるなら一瞬でも全身全霊で恋愛すべき。

  • 大人の女性を主人公にするタイプも得意なのだろうか?
    著者が男性だということを忘れてしまいそうになる。
    銅版版画家の咲世子、45歳。独身で芸術家、仕事もバリバリやっている。それだけでおしゃれ。
    夜の海辺のカフェでアイデアを練ってというスタイルもアーティストっぽいしね〜。
    その上、愛人はいるし17歳年下の彼氏はいるしで夢のような生活。
    その分、独りということを身近に感じてしまうのだろうけれども。
    やることがあれば、独りでもやっていけそう。

  • 細かい感情表現とか、描写がきれいで好き。
    咲世子と同年代くらいになって読んでみたいかなぁ。
    メゾチントの版画の持つ雰囲気も好き。
    終わり方はあまり好きではなかったけれど、17歳下の映像作家の成長を見守りながら、自らも新しい作品世界を完成させた咲世子の人物像がとても魅力的でした。

  • 途中ちょっと重くて一気に読みきれる感じではなかったけど、主人公咲世子の心の描写に共感を感じた。

  • 咲世子と卓治のセックスシーンで
    とても腹が立ってきた。

    こんなの男の妄想だ!

    でも、妙にその感度や仕草、反応がリアルで
    あてはまっていることが多いかった。

    このシーンに関わらず、
    きっと男にここまで女を理解されていることが悔しくて
    私は腹がたったんだと思う。

    小池真理子さんも解説で
    小説家は誰しも「異性の眼」を持っていると言っていた。

    それから咲世子は
    私の憧れる姿なんだと思う。

    女1人で自分を少し贅沢させられるほどの
    稼ぎを得ることができる。
    犬1匹と住み、もちろん仕事はしないといけないが
    他は自由にすることができる。

    こんな45歳独身女性はさみしいのだろうか。
    私はまだ分からないが、
    咲世子は美しいパールの女であり、
    私が彼女に強く惹かれるのは確かだ。

  • 45歳女性と17歳年下の青年との恋。光を外に反射して輝くダイヤモンドのような女性と、光を内に吸収して輝く真珠のような女性。角がなくなり、放つ光は鈍くなっても、芯がしっかりとある、私もそんな風に齢を重ねられたらいいな。光を利用した黒の描写と白の描写が石田衣良氏ならでは。

  • ラストは好き。。。

    主人公内田咲世子一歩踏み出す話として読みました。独身なのだから誰憚るこコトなく前向きに考えればイイのに。と考えるのは女性の奥床しさが判っていないからかなぁ~
    そして心の細やかな動きに、ちょっと感情移入気味だったかも知れません(更年期障害って、そんなに大変だとは!歳の近い女性を見る目が変ったかな?)。

    ただ、自立して自ら自由を勝ち取った女性だから、享受出来るコトなのかも知れない。それは読んでいる女性は、その辺は充分承知して憧れとしているのでしょう。←男の方が我も我もと思いそうですね。

    「女はね、二種類に分かれるの。ダイヤモンドの女とパールの女。」
    一つ気に入らないのがこのフレーズ、判り易いからでしょうが、パターンを「真珠」と「ダイヤ」の二つにしているコト。道端の「石ころ」もあれば、「大理石」や「黒曜石」がある、そんな風に色々な女性が居る筈でしょう。。。

  • 歳をとったから知らず知らずのうちに、大人のふりをしていた。
    ひとりの男性と出会ったことで、少女に戻ろうとする心と大人であろうとする理性。その間で苦しむ姿が印象的。

    歳をとることで大人の恋ができる訳ではない。
    45歳の女性の不器用な恋愛。でもこの不器用さが恋なんだろう。

    自分が45歳になったらまた読みたいな。

    自分はダイヤモンドか真珠か…その時までに考えておこう。

  • 電車の中で泣いてしまいました。ちょっとエッチな恋愛小説。

  • もぉねー。

    どっかに石田衣良さん落ちてませんかー!?

    って感じです(笑)

    主人公の男性も女性も魅力的。

    こんな風に女性を見てくれる男性がいたらいいのになー。


    と、思うと同時に


    こんな風に年を取りたいとも思いました。


    私も真珠の女になろう。
    自分を磨こうって思えました。
    頑張る!

  • とてもとても恋がしたくなる、素敵な小説です。

    白と黒がきれい

  • たぶん女性の私でさえ、10年前ならわからなかったであろう心の微妙な揺れ、疼きを、男性がここまで書いている驚き。

  • 石田衣良、男なのに相変わらず女性描写がうますぎる。

    歳の差恋愛は個人的にはあんまりリアリティないけど、でもきっと恋をすることで若く保てるっていう部分がたくさんあるんだろうなあ。

  • 45才の版画家と17才年下の映像作家の恋。
    リアル感がない。
    私のまわりに、こんな恋、ない。
    感情移入できない。笑

  • 全編を通して流れている雰囲気は好き。
    でも、ストーリー展開が予想通りというか、まあ安心して読めるというか。
    NHKの10時のドラマでやってそう。
    石田氏の女性心理の描き方は見事だけど、同時に激しい男性側の性も描かれていて、せっかく咲世子目線で読んでいると急に落ち着かなくなる。
    最後のタヒチの場面はグッときた。
    2016/10

  • ハッピーエンド?だけど、何だか寂しさの残るお話。それにしても、石田衣良さんの作品は、登場人物の素敵さ、表現の豊かさ、自然に感情移入させてくれる感じ、、etc、、、何をとっても完璧。今回の作品のサヨコさんのような年齢の重ね方や捉え方の出来る大人になりたい。大人の対応の出来る大人だと思った。どちらかといえば、自分もダイアモンド<パールかな?パールの女に近づけるように中身を磨こう!と思わせてくれる作品。

  • 大人の付き合いとかはよく分からないけど、老いに対する不安感や諦めの気持ちなんかは分かる気がした。

  • 真珠のような女と、ダイヤモンドのような女。
    この表現がとても好き。石田衣良の恋愛小説は、表現がとても細やかで繊細。情景が細部まで浮かぶよう。
    私も主人公のような恋してみたい!と思った一冊。

  • 年下男性との恋で、世界が変わっていく。
    漂着物も、今までは単なるガラクタとしか思えず、気にも止めなかったのに、
    キラキラして輝いてみえるように
    変わっていく。

    そんな世界に刺激を受けて版画のタッチも変わり、またあらたな才能を生み出す咲世子。

    とても男性作家が描いているとは
    思えない小説でした。

  •  主人公の咲世子は男の手に魅力を感じる女性。今まで男としてしか生きてこなかったからよくわからないが、そういう女性はけっこう多いらしい。なんでも、セックスのときの「触る」「触られる」の関係が大きく影響しているらしい。男性は能動的に触る部分である女性の胸やお尻に、女性は触ってくる男性の手に性的な魅力を感じるんだって。もちろんこれは一般的に言って、という話だけど。
     個人的には、「黒の咲世子」のエピソードがすごく好きだ。学生時代にお金やインクが飛ぶからといった理由で服装を黒一色にして、黒という色の中に無限の階調と色味を見出し、自分の版画のスタイルとして確立させるという部分だ。後半で卓治と学生時代を回想する場面では、黒服に身を包んで版画一筋に情熱を注ぐ咲世子の姿を読者に想像させることで、「版画家になれなかったら死んでやる」「命がけだった」という二人の言葉により深みを与えている。そして、素樹との出会いにより自信をつけた咲世子が新たな表現を模索し、アーティストとして成長していくというストーリー展開にも大きな役割を果たしている。
     そして、解説に書かれていたことと重複するが、やはり石田さんの女性を描く力はものすごいと思った。きめ細やかな心理描写が必要な恋愛小説で、異性の主人公を書ききってしまうのだから、驚くしかなかった。
     石田さんが過去に「小説家はモテる」と言っていたのを見たことがあるが、そこまで女心がわかるなら、小説家は関係なくモテるんでしょうなと変に納得したのだった。

  • 評価は様々なようだが、わたしは大好きな作品。
    3回読み返した。

    主人公のように45歳になっても前のめりに生きていきたいという、憧れもあるのかも。

    著者は男性だけど、女性が書いているよう。

  • 海辺のカフェで仕事をして愛犬と暮らす、逗子での咲世子の生活スタイルは憧れる。
    それに年下の男の子に言い寄られるなんて夢のような人生!
    官能小説っぽい描写以外はきれいな描き方だった。

  • 【状態】
    貸出中(予約0)

    ++1

  • 穏やかに進んでいるけど、登場人物はそれぞれに一生懸命で悩みながらも進んでいく感じ。
    終わり方が良かった。

全279件中 1 - 25件を表示

眠れぬ真珠 (新潮文庫)に関連する談話室の質問

眠れぬ真珠 (新潮文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

眠れぬ真珠 (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

眠れぬ真珠 (新潮文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

眠れぬ真珠 (新潮文庫)の単行本

眠れぬ真珠 (新潮文庫)のKindle版

ツイートする