午前零時―P.S.昨日の私へ (新潮文庫)

  • 294人登録
  • 2.99評価
    • (3)
    • (19)
    • (53)
    • (18)
    • (4)
  • 45レビュー
  • 新潮社 (2009年11月28日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (290ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101250533

午前零時―P.S.昨日の私へ (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 前読んだことある

  • 最初は新しく読む作家さんを探そうかなぁ、位の気持ちであまり期待せず読み始めましたが、意外に面白い内容の話もありました。
    ただし、なかには、あまり意味がわからないものもあります。
    気楽に読むにはいいと思います。

  • ページ数の制限でもあったのか?
    鈴木光司さん、貫井徳郎さん、高野和明さん目当てだったけど、特におお!とも何ともなく・・・。
    坂東眞砂子さんのがよかったな~~~という感じ。残念。

  • 暇つぶし

  • 軽く読める、複数作家さんによる短編集。キーワードは、午前零時。どれもそれなりに楽しめた。初読の作家さんがいたけど、短すぎてどれも残らず。馳星周の午前零時のサラ、犬の話だけど、犬みたいな長命のペットを飼うなら、最初に腹をくくりやがれ、って思った。犬の忠誠心哀れ。いつの車だ、時速160キロ、6、7時間走り通してエンジンがダメになるなんて。だんなに聞いたら、ダメになるのは運転手の方が先だろうって!

  • 午前零時にまつわる短篇集。色々な作家さんの作品が読めるが、いかんせんひとつひとつの作品が短いのでそれぞれの作者の良さが出せていたのかどうかは疑問。
    でも面白い作品が多々ありました。

  • 期待していたより面白い作品がちらほらあった。
    「午前零時のサラ」サラの従順さが痛いくらいだった。ラストのシーンは泣きそうになった。置いて行かれた二人のどろどろになって暗い感じが良かった。
    「分相応」このどうしようもない愚かさが良い。
    「卒業」短く、怖い。状況や経緯を限界まで削ぎ落してあって、読みやすい。
    「ゼロ」淡々とした語り口が良い。落ちがありがちなところだけが凄く惜しい。
    微妙な作品も少なからずあったけど、まあアンソロジーだし、許容範囲かなあと思う。

  • いろんな人の午前零時。

    表紙には、「人生は一瞬で変わってしまうと知りました」
    と書いてあるけれど、
    そういった内容の作品は少なかったような気がする。

    真夜中から連想されるような恐怖もなく。
    午前零時が絡んでいる、というだけなので、統一性もなく・・・。
    私が期待していたものは違っていた。

    アンソロジーとか短編集は読みやすくて好きだったけれど、
    しばらくは読むの辞めようかな、と思った。

  • ある人は希望的に、ある人は暗い不気味なものとして「午前零時」を受け取り描く短編集。ホラーサイドのものについては本当に不気味で、午前零時がこわくなりました。

  • こういう短編集好き。

全45件中 1 - 10件を表示

鈴木光司の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

午前零時―P.S.昨日の私へ (新潮文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

午前零時―P.S.昨日の私へ (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

午前零時―P.S.昨日の私へ (新潮文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする