チッチと子 (新潮文庫)

  • 469人登録
  • 3.99評価
    • (38)
    • (64)
    • (28)
    • (3)
    • (2)
  • 50レビュー
著者 : 石田衣良
  • 新潮社 (2012年12月24日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (414ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101250571

チッチと子 (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 石田衣良の作品は本当に読みやすい。だから、心にすごく打たれる。これは石田の作品の中でも最上位にランクインする、傑作。

  • 良かったです。。
    ラスト…泣きそうになりました(´;ω;`)ウゥゥ

    読み終わった後、あたたかくなりますね(#^^#)


    カケルくんの最初のケンカのシーン…
    カケルくん。。強いなと思いました。ほめてやりたい。。笑


    設定は違うけど、読んでいる時バクマンに似ているなと思いました!
    マンガと小説。。目指す道は同じなところが…(〃ノωノ)

    この小説を読んでから、重版の意味が分かったり(今までどういう意味か分からなかった^^;)
    色々と勉強になった本でした!

  • この世界はありふれた感情や当たり前の言葉で実際はできている。伝えたい気持ちがこもっているなら、言葉の形などなんでもいい。

  • なんだか石田衣良っぽくない

    と読み始めに錯覚させられた作品

    ストーリーは10年目の作家が文学賞をとるまでの話

    その中に妻の死、息子の子育てなどの問題が散りばめられている

    一気に読んでしまったが、他の作品の方が個人的には好ましいと思う

  • たまに石田先生の本を読むのですが、どうして好きになれないのか分かりました。内容が綺麗すぎるんですよ。人間ってそんなに綺麗なもんじゃないです。出てくる人みんな良い人じゃ本当につまらない。謎の真相ももったいぶってる感じがします。せっかくいい題材なのに生かしきれてないと思います。

  • 裏表紙に書かれているあらすじが本の内容を正確に表されていなくて残念。チッチが父を示す言葉だとはじめからわかっていたら、手に取るときの印象も変わるでと思う。

  • 最高だった。何気なく手に取った本だが

  • や、とてもいいお話でした!

    ★5つにプラスアルファしたいくらい。
    本を書くこと、書き続けることの喜びと迷い、苦悩。
    それは作家にとって、人生そのものの試練なのだろう。

    作家の内面の葛藤とお構いなしに、小学校高学年の息子を持つやもめでもある主人公は、ご飯を作り、洗濯をし、眠い目をこすりながら授業参観にも出掛ける。
    この、息子・カケルとの日常がていねいに描かれているのがとても良い。

    それにからめて、カケルの母・亡き妻に対する、「君はどうして逝ってしまったのか」という喪失感とキリのない問いかけが、じんわりと染みわたってくる。

    この後も幸せに暮らして欲しいなあ、と、青田耕平の明日を願ってやまないのでした。

  • なんでもっと早く読まなかったんだろう!
    何回もうるっときた。

    作家の青田(チッチ)とひとり息子のカケルとの親子のはなし、青田の恋愛?のはなし、亡くなった奥さんのはなし。どれもやさしく愛を持って描かれているかんじ。

    作家の生活も興味深い。

  • 1502 主人公が作家の父子家庭ほのぼのストーリー。暖かい話で流れが分かってても泣けました。気持ち良く泣けましたので星5!

全50件中 1 - 10件を表示

石田衣良の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
石田 衣良
三浦 しをん
伊坂 幸太郎
石田 衣良
有効な右矢印 無効な右矢印

チッチと子 (新潮文庫)に関連する談話室の質問

チッチと子 (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

チッチと子 (新潮文庫)の作品紹介

息子のカケルと二人暮らしの"チッチ"こと青田耕平は、デビュー以来10年「次にくる小説家」と言われてきた。だが、作品は売れず、次第にスランプに陥ってしまう。進まない執筆、妻の死の謎、複数の女性との恋愛…。ひとつの文学賞を巡る転機が、やがてカケルや恋人達との関係を劇的に変化させていく。物語を紡ぐ者の苦悩、恋、そして家族を描いた、切なく、でも温かい感動長篇。

チッチと子 (新潮文庫)の単行本

チッチと子 (新潮文庫)のKindle版

チッチと子 (新潮文庫)のオンデマンド (ペーパーバック)

ツイートする