水曜の朝、午前三時 (新潮文庫)

  • 1289人登録
  • 3.32評価
    • (95)
    • (165)
    • (372)
    • (79)
    • (21)
  • 264レビュー
著者 : 蓮見圭一
  • 新潮社 (2005年11月27日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (313ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101251417

水曜の朝、午前三時 (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 図書館で偶々見かけた本。
    題名が面白そう。ただそれだけで、選んだ本だった。

    しかし、読んでみると、この本の世界に引きずり込まれた。
    舞台は大阪万博。
    昭和の空気を感じながら進む恋愛小説だ。

    久々に良い本に巡り合えた。
    そんな本だった。

  • 今時ってラブレター書いたことがない人が多いらしく、不思議な気持ち。

    若いときって、後から考えるとどうでもいいことが、どうしようもなく不安だったりする。
    あのとき付き合っていた人と、今もまだ付き合っていたら。とか、私はあんま考えないけど。笑
    なるようになるし、それが必然なのです。

    さらりさらりと。
    そういう時代だったのですねぇ。

    当時の覚え書き。
    一生を左右するような出来事が起こるのは、せいぜい20代まで。
    親との確執。離れてわかる切なさというか慕情。
    マスコミの仕事は繰り返しにすぎない。
    健康な時には病気のことはわからない。

    こうやってみると、あながち的外れではない当時の自分。

  • テープの録音を再現するという手法を使っています。そこに惹かれて購入しました。

    読み終えたときはしっとりしていた。

    単なる恋愛小説を超えて、むしろ恋愛をひとつの軸にして人生の歩み方について書かれたものだと思う。

    だから20代前半でこの本が読めてよかったと思う。


    日本の現代文学の恋愛ものを中心に読んできたのだが、全般的に題材や描き方がパターン化されている傾向があるためか、常に作品と自分が平行線上にあった。しかしながら、この本は描き方からちょっと変わっていて、さらにそのなかに含まれるメッセージも、単なる恋愛小説を超えているように思えます。

    久々の良本だった。

  • 切ないなあ……。やりきれない。

    別れが来るとは分かっていたが、
    思いもよらない形での別れだった。

    でも時代にふさわしい、というか昭和ならではの、
    やるせない出来事だと思う。
    作者のちょっと露骨すぎるように思えるエールも、
    その背景があるからこそストンと心の中に入ってくる。

    うん、うん。これ好きだ。

  • すごくいいものを読んだなあと、読み終えた後しばらくじっとしてしまったくらい、よかった。作者の蓮見圭一さんのことは知らなかったし、この本も図書館でなんとなく目について借りてきただけなんだけど、働き出したら買う本リストに追加しなければと思う。
    物語は、45歳で亡くなった女性が娘に残したテープを書き起こしたもの、として語られる。それは1970年代、23歳の時に大阪万博のホステスとして働いていた頃に始まった恋の話だった。
    昭和の、恋の、感動ものかー、と思わないでほしい。そうなんだけど。なんかぐっときてとてもいいのだ。テープの中で女性が様々なことを語る、そのいくつかは過激で頷けないものもあるのだけど、多分これから何度も思い出すだろうなと感じさせられる言葉も多かった。
    いい読書ができたので満足です。

  • 「八月十五日の夜会」が、ぐいぐい引っ張り込まれるような面白さだったのでこちらも購入。
    衝撃を受けるような内容ではなかったけれど、「直美」という人物が架空であることが不思議に思えるくらい、行動や感情が生き生きと魅力的だった。

  • 「もし、あのとき、あの人との人生を選んでいたら……」。
    “人間は選択して決意した瞬間に飛躍する”(キルケゴール)

  • すばらしい。

    娘として
    女として
    母として
    女として。

    どの角度から切り取っても
    わたしも自分の人生を
    こんな風に語れる女になりたい。

    そう、思う。

    母に会いたくなった。

  • ストーリー構成などは面白いと思ったが、中身はイマイチ。

  • 恋だって、人生だって、ほんの少しのタイミングのずれで、どうしようもないことがたくさんあるのを改めて知った。

全264件中 1 - 10件を表示

蓮見圭一の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
東野 圭吾
宮部 みゆき
東野 圭吾
有効な右矢印 無効な右矢印

水曜の朝、午前三時 (新潮文庫)に関連する談話室の質問

水曜の朝、午前三時 (新潮文庫)を本棚に登録しているひと

水曜の朝、午前三時 (新潮文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

水曜の朝、午前三時 (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

水曜の朝、午前三時 (新潮文庫)の作品紹介

45歳の若さで逝った翻訳家で詩人の四条直美が、娘のために遺した4巻のテープ。そこに語られていたのは、大阪万博のホステスとして働いていた23歳の直美と、外交官として将来を嘱望される理想の恋人・臼井礼との燃えるような恋物語だった。「もし、あのとき、あの人との人生を選んでいたら…」。失われたものはあまりにも大きい。愛のせつなさと歓びが心にしみるラブストーリー。

水曜の朝、午前三時 (新潮文庫)の単行本

水曜の朝、午前三時 (新潮文庫)のKindle版

ツイートする