こころの処方箋 (新潮文庫)

  • 2919人登録
  • 3.74評価
    • (281)
    • (263)
    • (456)
    • (41)
    • (6)
  • 321レビュー
著者 : 河合隼雄
  • 新潮社 (1998年5月28日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (241ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101252247

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
フランツ・カフカ
遠藤 周作
宮部 みゆき
村上 春樹
有効な右矢印 無効な右矢印

こころの処方箋 (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

  • 何度も読み返す本です。はじめて手にしたときは様々な変化の中で迷いが多く、何か答えを出そうと闇雲に本を読んでいた時期でした。取り上げられている短いお話の中に、そうなのか、思い悩むことはない、と少しずつ縄を解いていった記憶があります。既に他界されてしまいましたが、多くの方の著作、対談の中に著者の言葉が生きていると感じています。

  • 何度も読み返している一冊です。

    丹念に読む、というよりも、さらりと読んで、その時々心に響いた部分をじっくりと読み返す、という感じで読んでいます。

    今回響いたのは、
    「感謝できる人は強い人」という言葉です。
    それも「適切な」感謝であること。

    わかりやすい表現の言葉で綴られているけれども、鋭い。

    これからも、「こころの処方箋」として、活用していきたい一冊です。

  • 総じて著者は「中庸のココロ」の重要性を訴えているのではないかと思う。完全な自立ではなく、適度に依存しながら自立すること。ほどほどに周囲の目を気にしながら自分の好きなことに注力すること。死にたいという気持ちから生きようとする心が生まれること。真実を言うことだけが善ではないこと。

    著者の優れているところはこういったバランス感覚であり、裏を返せば、真ん中あたりのフラットな視点を保つ困難を、この本を通じて逆説的に知ることができる。著者がいうところの「場あたり的な灯」、つまり安易な決めつけに満ちた心のサプリ本のことだが、その手の白黒断定に縋ることがほとんど何の解決も生まないことを、この本は教えてくれる。

    中庸というのは優しいようで、厳しい。「程よいレベルを自分で考えなさい」という突き放しでもあるからだ。

  • 心が楽になるかもしれない、と思い手にとってみたが、意外と厳しいことも書いてあったりする。現実と理想の狭間で揺れる氏の考えがとても有用なのだと感じられる一冊だ。もちろん基本的には、困難に立ち向かうための気の持ちようみたいなもので、氏のカウンセラーとしての豊富な経験を背景としており感心させられる。著者のあとがきにも書いてあるが、これは言語化されていない「常識」である。そしてその常識をわれわれは忘れすぎている。かつて、常識は「自然」だった。河合隼雄が亡くなってずいぶん経つが、そのことだけでも忘れないようにしたい。

  • 高校時代の先生に、
    いろいろ迷ってると相談したところ
    この本が郵便で届きました。

    実はこの本、
    前に夢とか目標を追いかけて勉強しているときに
    読んでいたので再読。

    以前読んだときは、
    ふたつよいことさてないものよ
    とか
    自立は依存があって成り立つ
    とか
    一章一章ごとを読むことに必死でしたが、

    今回は
    やっぱり人のこころはわかんないんだなあ~とか
    当たり前のことを確認してしまいました。苦笑

    この人こんな人なんだろうなあとか
    先入観とか固定観念を捨てること、
    わからないことがあること、
    それを認めて取り込むのって
    本当に難しい。

    答えが一つではなくて、
    前回がこうだったから
    今回もそうなんだろうと思ってると
    先へ広がらなくなるのかもしれない。

    そんな風に年を重ねていくと
    凝り固まった人間になっていくのかもしれない。
    でも、
    子供も大人も何時だって
    やっぱり迷ってるんだよなあ。

    私も物心ついたころから
    ずーっと迷って悩んでいるかもしれない。
    あー!
    やっぱりわからない!苦笑

    本書は、
    物事はAという見方もあるけど
    Bという側面もあるから
    ひとつじゃないというようなことを
    優しく語りかけてくれます。

  • ・人間の心は分からない、をきちんと認識しているのがプロである。人間の心の法則は好きでは無いが「ふたつよいことさてないものよ」という法則が割と好き。愚痴や文句を言っている人はその人が言っている悪いことが何か良いことのバランスのために存在している事を見抜けていない事が多い。

    →石原 明のメルマガで転職の名言として
    「転職で100%満足できることはないんです。良くて80%、残りの2割は自分で埋めるしかないんですよ」
    という知人の言葉を挙げている。ふたつよいことさてないものよ、だと50/50だ。
    (Sさんへ)

    ・100%正しい忠告はまず役に立たない。
    (Kさんへ)

    ・…子供の側からすると何かしら不自然なのである。子供は何かが足りない、と感じたり、何か変だと思ったりするが、その「何か」が言えない。言葉では言えないのである。しかも、この際、親は子供を窮地に追い込んでいるなどと思わず、子供のために自分たちは努力していると思い込んでいる。子供のためと思ってやっている開発事業が、自然破壊につながってゆくのである。自然破壊が進行すると、子供たちは言葉によらないいろんな「サイン」を送り始める。それをキャッチする事が、大人に取って非常に大切であるように思われる。

    ・イライラしているのは何かを見通していないからだ。
    (Mさんだけじゃないよ?沸点の低い人みんなに。)

    ・己を殺して他人を殺す人。ここぞというところで勝手をすると周囲に見られるのは、スタンダードで自分を殺しているからたまにはいいじゃないかと思うが、タイミングが不適切で復讐しているかに見える時すらある。
    (Iさんへ)

    ・人生にはここぞという100点以外はダメなときがある。それ以外は
    60点でもいいのだ。だがそれを認識しないで、そのような時で、あらかじめ分かっていても、90点くらいでいいかというくらいの考えで臨む人がいる。それで、自分は成功しないと言っていても心得違いというものだ。
    (Aさんへ)

    ・心の勝負は51対49の事が多い。お前となんか話さないと言って背を向けても、もしかしたら分かってくれるかもという気持ちが49だったり、逆に何でもやってみますという協力的な人もそう簡単にわかってたまるかが49だったりする。しかし、行動として表に出るのはその片方。それがもっと50対50に接近しているのにその片方を主張するには、大きい声、強い態度で表出せずにいられなくなる。

    ・変わるときは180度変わるのが変えやすい。風見鶏みたいに一定の風が原因としてあるならなおさら。

    ・現代人は心に失望しつつ、魂の重要性を再び認識しかけているのだが、そんなものは知らぬのでそれを飛び越えて体をやたらに大切にするのではなかろうか。ジョギングなどしている人に宗教的情熱を感じさせられることがあるのもうなずけるのである。
    (Iさんへ)

    ・ものごとは努力によって解決しない(クリシュナムルチ)。
    (Nさんへ)

    ・たましいの特徴は矛盾に満ちている。人間の心はその中に矛盾が存在するのを嫌うので、たましいの方は矛盾をかかえこむのだ。仕事人間のそれ以外の生き甲斐とか。特にそれを痛感するのが、老年の生き方だ。若い時からの趣味がそれまでは心の支えと思っていたのに、急に重荷に感じられてくる事がある。俳句が好きで句会を楽しみにしていた人が、70歳くらいになって急に嫌になる。それどころか、人生すべて灰色という感じになる。そんなとき人は、家に閉じこもっていないで句会に出てみたらなどと言うのだが、逆効果をもたらすだけである。その人にとって必要なことは、自分の心ではなく、たましいは何を欲しているのか、と問い直してみることである。
    (ジブンに。君はたましいの求めで本を読んでいるのか?本当はここ... 続きを読む

  • 著者本人があとがきで書いてる通り、この本には常識が書いてある。

    この本は常識を確認すると共に、他者の一面・性格を断定せずに深掘りすることに役立つ。

    自分の好きな?トピックの番号をメモとして残す
    11,14,16,21,30,34,40,48,50

    まあ、上にあげたトピックは自分が共感する部分ということだろうから、これ以外のトピックを読んだ方が他者理解返っては自己理解につながると思う。これもメモとして。

  • 「人の心などわかるはずがない」から始まるテーマ毎に短くまとめられておりとても読みやすい。生きるのが、人との関わりが楽になる一冊。

  • ふたつよいことさてないものよ

  • 易しい話し言葉の口調だが、ハッとしたり心にストンとと落ちてくる示唆に富んだことばかり。
    2016.4.10

  • なかなか的をついた指摘が数多くあった。

    「物事は努力によって解決しない」は
    なるほど、うんちくのある言葉だった。

    「努力はさせてもらう」ものなのである。

  • 心がざわざわした時に、ふと開きたくなる本。「こころ」が、ふわっと軽くなります。

  • 常識や当たり前のことを正面から素直にとらえる。それこそが著者が説く「こころの処方箋」であると理解した。それは冒頭の言葉にすべて凝縮される。「人の心などわかるはずがない」-まさにその通りなのである。こうした「常識」ともいえる自然な考え方こそ、こころを支える力となる。20年の時を経て、全く色あせない金言の塊である。

  • 何年かおきに何度も読み返している。特に「上手く行かないなぁ」という時に効果がある。少し風邪をこじらせた時に近所のお医者さんで出してもらう薬のようで、まさにタイトル通り。1つのテーマが短くすぐに読めるあたりも「食後30分以内に服用」レベルに手軽だが、読む時々であらためて腑に落ちることも多く奥の深い本。今回は「ものごとは努力によって解決しない」「100点以外はダメなときがある」「己を殺して他人を殺す」あたりがスっと入ってきた。よほど溜め込んで疲れているのだろうか。また少しこの本に助けられた気がする。

  • いつも手元において、折々に読み返したい本。

  • 55の味わい深い言葉、その河合流解説

    1 人の心などわかるはずがない・・・心の専門家がそういう
    2 ふたつよいことさてないものよ・・・ふたつわるいこともないんだろうな
    3 100%ただしい忠告はまず役に立たない・・・普遍的な忠告は役に立たない、個別に「自分を賭けて」やらねばならない。
    10 イライラは見とおしのなさを示す・・・なぜヒトはイライラするのだろう
    16 心のなかの勝負は51対49のことが多い・・・2対0だと完敗でも
    19 男女は協力し合えても理解し合うことは難しい・・・確かに
    20 人間理解は命がけの仕事である・・・
    21 ものごとは努力によって解決しない・・・でも努力ぐらいしか出来ないのでやらせていただくという、河合隼雄のスタンスが・・・
    22 自立は依存によって裏づけられている
    32 うそは常備薬 真実は劇薬・・・そう、正しいことを言えばいいというもんではない、ということは分かっているのですが。
    35 強いものだけが感謝することができる・・・そういえば、私も感謝の言葉をいわなかったことがあったよな。傲慢という弱さがあったのだ。
    40 道草によって「道」の味がわかる・・・楽しい、なぜだろう。
    41 危機の際には生地が出てくる・・・そうそう、その人の本質が試される。本当の力が分かる。
    43 家族関係の仕事は大事業である・・・本当に大変、でもやりがいがある。
    47 二つの目で見ると奥行きが分かる・・・片目が白内障の時があったのでよく分かる。
    49 心配も苦しみも楽しみのうち・・・心配事がなくなって認知症になった人もいる
    53 「知る」ことによって二次災害を避ける・・・人間関係でも、震災時でも

    如何でしょう。
    そうそうとうなずけることがありませんか。
    んん、本当かなと思う言葉もありますね。
    人、人生、色々あるという感じ

  • ちょっと行き詰まったときに読み始めた一冊。本書はわかったつもりの常識をおさらいできるばかりでなく、時に身につまされる厳しいご指摘で心の持ち方を軌道修正してくれる。自分の行動指針を客観視する機会を与えてくれたこの一冊に感謝したい。自分を叱ってくれる人が周りから少なくなったと感じたとき、迷いが生じたときにオススメの一冊。ことわざのような目次を毎朝読むだけで背筋がピンとしますよ。

  • 日本を代表するユング派心理学者・河合隼雄氏によるエッセイ集です。わたしと同じような問題を抱えている、ある先輩がおすすめしていた一冊です。

    読んでいてとても「納得」する感覚がありました。あとがきにもある通り、本書に書いてあることは「常識」ともいえることなのですが、いまのわたしにしてみれば、目からウロコのお話がいろいろみつかるのです。

    例えば、“好きなことをしたために、ほかのこともちゃんとやらなくてはと感じるので、能率が良く上がり、短い時間で仕事ができるので、全体としてうまくゆくことになる”ということ。これを逆に言えば、仕事に集中しようとするあまり、大切な時間を削ってしまうと、仕事もプライベートもぐだぐだになっていくということ。どちらも誰もが経験していることではないでしょうか。「仕事は楽しむものだ」という一種の強迫観念は、いろいろな方向から批判的に検討されるべき命題だと思います。

    “逃げるとなると、徹底的に逃げぬいて、敵の手の届かぬところまで逃げのびねばならない。ここで物惜しみしたり、ぐずぐずしたりしていると、敵に追いつかれてしまう”。これも人間関係における、ひとつの真実です。人生逃げるしかないときはどうしてもあって、そのときは腹をくくって逃げ切ることがベスト、ということ。

    もちろんユング派ならでは(?)の、奥行きのある言葉も見つかります。”たましいの特徴は矛盾に満ちている。人間の心はそのなかに矛盾が存在するのを嫌うので、たましいの方は矛盾を抱え込むのだ”。「たましい」とは、ここでは「世界を広げ、普遍的なつながりをつくる」という性質をもった何かを指すようです。

    ひとつひとつは短いお話ですが、どれも読むたびにこころが軽くなるような、ある種の「ゆとり」の感じられる素敵な文章です。最近少し疲れている、という方におすすめです。

  • 19990929購入
    20130707再読了
    心理学者・河合隼雄氏による。購入から再読までのあいだ、2007年に著者が死去。奥の深い内容ながらさらっと読める。●「ふたつよいこと さてないものよ」

  • 河合先生のロングセラーですね。
    ともすると忘れてしまいがちなこと。
    そんなことが書かれています。
    冷静になれば、わかる簡単なことも、
    普段人は忘れてしまうということに気づかされる。

    そんな本です。

  • 「心の処方箋」3

    著者 河合隼雄
    出版 新潮社

    p93より引用
    “解決などというのは、しょせん、あちらから来るものだから、
    そんなことを「目標」にせずに、せいぜい努力でもさせて頂くと
    いうのがいいようである。”

     心理学者である著者による、人間関係などの悩みに対応するコ
    ツについてアドバイスする一冊。
     人の心の不可解さについてから創造性についてまで、誰でも持
    っているような悩みについて解説されています。

     上記の引用は、物事の解決と努力について書かれた項での一冊。
    解決するかはわからないけれども、気楽に努力は続けて行けたら
    いいなと思います。努力することで、毎日がほんの少し楽しく過
    ごせるなら、それでいいのかも知れません。
     細かく項目を分けて書かれているので、自分の悩みにあわせて
    読みやすいのではないでしょうか。

    ーーーーー

  • 最近メゲる事があるので手に取った臨床心理学・河合先生の著書。20年前に雑誌に連載した文章をまとめた本だが、今の世の中を見て書いたかのような内容。ヒトは変わってないということか。人の心などわかるはずが無い、ものごとは努力によって解決しない、二つの目で見ると奥行きがわかる、などタイトルで「そうだよな」と思わせつつ、本文ではカウンセリングの具体例を引用して落ち着いた分析を展開されているので、「助けになってくれる」。

  • 易しい言葉で、優しく語りかけてくれます。まさにこころの処方箋。
    高い専門性を持っているであろう方ですが、カウンセラーとして「上から」語るのではなく、私たちと同じ目線で語ってくれます。意見の押し付けらしいこともなく、こころにすんなり染み込んできます。

    色々と勉強になりました。普段、毎日人間社会を生きていると、葛藤したり、嫌な気持ちになってしまうことはどうしてもあります。
    そんなとき、ここに書かれている言葉・・・例えば、人の心なんてわかるはずないとか、ふたつよいことさてないものよ、とかを思い出して唱えれば、少しはその場を切りぬけやすくなりそうです。
    良書でした。次は対話集を読みます。

  • 辛い時、ページをめくると必ず自分の心が軽くなる一言がある。

    今話題の「ページをめくれば自分に必要なメッセージが書かれている本」みたいな読み方をしています。

    この本に何度救われ泣いたか分からない~!

  • つらくなったとき、ページをめくるとこころがすっと軽くなる。

    何度も読み返したのは

     6.言いはじめたのなら話し合いを続けよう
    11.己を殺して他人を殺す
    19.男女は協力し合えても理解しあうことは難しい
    22.自立は依存によって裏づけられている
    29.生まれ変わるためには死なねばならない

    何度も読み返しているのに、読むたびにはっとする。

    その時々によって一番心に響く言葉も違うところが「処方箋」なのかな。

全321件中 1 - 25件を表示

こころの処方箋 (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

こころの処方箋 (新潮文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

こころの処方箋 (新潮文庫)の作品紹介

あなたが世の理不尽に拳を振りあげたくなったとき、人間関係のしがらみに泣きたくなったとき、本書に綴られた55章が、真剣に悩むこころの声の微かな震えを聴き取り、トラブルに立ち向かう秘策を与えてくれるだろう。

こころの処方箋 (新潮文庫)の単行本

こころの処方箋 (新潮文庫)の単行本

こころの処方箋 (新潮文庫)のKindle版

ツイートする