猫だましい (新潮文庫)

  • 354人登録
  • 3.68評価
    • (24)
    • (44)
    • (60)
    • (3)
    • (0)
  • 46レビュー
著者 : 河合隼雄
  • 新潮社 (2002年11月28日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (264ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101252261

猫だましい (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 実際にお会いしたときの、河合隼雄氏のお優しい印象そのままの読みやすい文章。
    30数年、間が空いてしまったが、読んで良かった。
    紹介されている本も可能な限り読みたい。

  • 猫にたましいがあったなら。。そんなことを考えるほど私自身は猫に関心がなかったが、相方が猫が好きなためなんとなく題名に惹かれて読んでみた。古今東西様々な猫が登場する物語が興味深かった。猫には二面性があることや、多面的に色んな問題を解決したり反対にぶちまけたり、一つ縄ではいかないところがあると知った。特に少女を猫として書いた漫画を読んでみたくなった。

  • 通してずっと面白い!というわけではなかったが、興味を引く箇所多数。村上春樹訳の空飛び猫、大島弓子の漫画、ポールギャリコ、谷崎潤一郎やコレットの、男と女と猫の話、などは原作を読みたくなった。牝猫と男性と同居するのは危ないのか?私の知ってる、猫と相思相愛な関係を築いている人というのは女性ばかりなので、ピンと来ない。

  • 猫を主人公とする作品を基に、人の心について語る。面白いし、優しい語り口で癒される。

  • 取り上げられている作品が全部面白くて巻末に掲載されている参考図書を全部読みたい位です。「とろかし猫」は本当にいい得て妙だと思いました。大島弓子氏による解説漫画も収録。

  • たましいの顕現であると筆者がみる猫について、物語においてどのような登場をし、どのような役割をしているか、およそ10の物語に登場する猫と、物語が紹介される。

    ただ、猫が登場する物語の引用、要約、紹介が羅列され、申し訳程度に作者の分析が書かれているにとどまり、本を通して得られたり、読んでよかったと思えるところは皆無。

    強いて言えば、取り上げられた本の原典に目を通してみようかと思った程度で、猫が書かれた本をなんでもいいから読んでみたいという人のガイドブックくらいの役割は果たす本かと思われる。

  • 昔話や文学作品などに出てくる猫についての河合隼雄流の解説です。猫のつかみどころのないミステリアスなイメージは、時代も国も超えたものだということがわかります。「綿の国星」は子供の頃から大好きで、「哲学がある」などと友達と夢中でお喋りしたのを覚えています。大人になった今、また読んでみたいと思いました。

  • 本当に尊敬する人には先生という言葉をつけたくなる。面識がなくとも、自分の中の一部になった(なってほしいという願望も込めて)気がして、先生、と呼ぶ。
    これはユング研究で有名な河合隼雄先生が猫を語る本である。古今東西様々な物語の中に登場する猫という存在を通じて、その猫に人間が託したものを解説してくださる。
    化け猫であり招き猫でもある二重性やトリックスター的性格、それは誠実を託されがちな犬にはない魅力。有名どころが多いのでマニアには物足りないだろうが猫小説の案内書として読むも良し。冒頭に説明される、数学の連続体問題を使った魂の捉え方なんかはいかにも先生らしい感じでほっこりする。

  • 先生の最大の評価は、100万回生きたネコでした。異論ございません。いずれも亡くなって、この世は寂しいばかりです。

  • 猫の小説や絵本、コミックなどから人間と猫との関わりが書かれていました。なかなか楽しく読んだ。その中の気になる本はこれからボチボチ読みます。おかげてまた読みたい本が増えてしまいました!

全46件中 1 - 10件を表示

河合隼雄の作品

猫だましい (新潮文庫)に関連する談話室の質問

猫だましい (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

猫だましい (新潮文庫)の作品紹介

こころの専門家・河合隼雄先生は、実は大のネコ好きです。今までに読んだ古今東西のたくさんの猫物語の中から、特にお気に入りのにゃんこ達を選んで、お話しいただきました。長靴をはいた猫、空飛び猫、鍋島の化け猫、100万回生きたねこ…ネコのことが分ると、ヒトの心も分る、かもしれませんよ。ネコ好きでは引けを取らない、大島弓子さんの感想マンガが付いてます。

猫だましい (新潮文庫)のKindle版

猫だましい (新潮文庫)の単行本

ツイートする