こころと脳の対話 (新潮文庫)

  • 276人登録
  • 4.03評価
    • (19)
    • (36)
    • (15)
    • (1)
    • (0)
  • 30レビュー
  • 新潮社 (2011年6月26日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (207ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101252308

こころと脳の対話 (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 2005年から2006年にかけて、3回にわたって臨床心理学者河合隼雄と脳科学者茂木健一郎が行った対談の本。易しい語り口で、知的刺激に富んだやり取りがなされる。

    茂木が河合に心理療法とはどういうものか尋ねている。

    普通の近代科学が分析し、「明らかにする」「分かる」ことを目指しているのに対して、心理療法では、クライアントが「治っていく」ことが目標で、そこではセラピストとの人間関係が重要であると言っている。

    で、河合は何をするかというと、何もしない。「相手の苦しみを正面から受け止める」、「中心を外さずに」・・・これが難しい・・・相手の話をただ聞き、相づちをうつ。

    この相づちが、達人のそれで、タクシーに乗ると運転手が身の上話を始めて、どんどん話が進んで、道を間違えたことが何度もあるぐらいの、絶妙な相づちなのです。

    あと茂木が実際に箱庭を作ったりする。

    読み易いお薦めの一冊です。

  • ・その人は一生懸命話をされるし、こっちも一生懸命聞いて、それでもその人が話しだすとどうしても僕が眠くなる、という人がいたんです(笑)。疲れていたら眠くなるのは当たり前だけど、疲れてないしね、僕、一生懸命仕事してるのに。
    で、とうとう、「もう本当に申し訳ないんだけれど、あなたの話しを聞いていると僕は眠くなってしまう。なにか思い当りますか」といったんです。そしたら、「わかります」といわれた。「いちばん大事なことをいっていません」って。

    ・「私が部屋に入ってきたとき、先生は、私の顔にも服装にも、全然関心を示されなかった」
    というのは、ものすごく美人ですから、服もきれいなのを着ておられるんだけれど、その服も見てないし、顔も見てない。おそらく、二日後に道で会っても絶対わからないだろうと思うぐらい、なにも見ておられなかった、と。
    「ああ、そうですか」
    「それだけじゃありません。先生は私の話しの内容に、全然、注意しておられませんでした」(笑)
    「僕、何をしてましたか」
    「何をしておられたかというのは、すごくむずかしいんだけれども、あえていうなら、もし人間に『魂』というものがあるとしたら、そこだけ見ておられました」
    …それが、僕がいまいっている、僕がやりたがってることなんですよ。その人を本当に動かしている根本の「魂」―これと僕は勝負している。だから、そぉっと聞いてないとだめなんですよ。言葉で、ワーッと動いていったりしないで。また、相手の言葉に動かされてもいけない。

  • 臨床心理学の大家と脳科学者の対話。
    箱庭療法という手法がある、というのがまず新鮮な驚き。
    茂木さんが実際に河合さんの前で箱庭をやっている場面は興味がわく。
    また、脳科学の研究が進む=心のことがわかる、ではない、と河合さんが強調しているところ、そのほうが自然に感じる。
    うつ病等を脳科学で治せると、以前とある人から聞いたことがあるが、その時は説明できない違和感を感じたので、そのへんをもう少し詳しく知りたい。
    河合さんが亡くなってしまったので、実現しなかった茂木さんの継続的な箱庭つくり、また、箱庭を見たり、クライアントの話を聞いているときの河合さんの脳の動きを観察する、等々、面白そうな話が実現できなかったことが残念だ、という河合さんの御子息の解説に大いに同感。

  • 二人の科学者の対談集 精神は関係性、精神病の人、統合失調症の人などの治療を、アメリカでは他との関係性を考えず、独立したケースとして考えるが、周囲との関係性を考えて直す、というのが河合さんのやり方のよう。箱庭つくりの話が興味深かった。私もやってみたい。

  • 語り口は優しいけど、内容は難しい。
    心理療法?とかの知識がないとついていけない。笑

  • シンクロ二シティや夢の話など、すごく面白かった。何かと効率よく、無駄のないように…と進めてしまっていたところを、大きく構えて偶然のセレンディピティを大事にしていけたらいいな、と思った。こんな対談集が400円てすごい。

    2016.4.25

  • それぞれの分野の達人同士がレベルの高い会話を繰り広げるかと思いきや、前半で茂木健一郎が河合隼雄に降伏し、河合隼雄の独壇場。河合隼雄の話に対し、脳科学的な解説を茂木健一郎がいれているという程度。

    全体として無意識の心について語られており、夢がなぜ意識と無関係なものを見るかなどについて語られている。個人的に最も印象に残ったのはシンクロニティについての箇所。私がこの本を読んだ上でのシンクロ二ティの解釈は「自分の無意識がその時に物凄く気にかけていること」であり、例えば楽器に関心があったとすると楽器のCMなどがこれまでより多く自分の前で流れてくるように感じてくる現象と似ている。

    河合隼雄はその無意識による選別を意識して楽しむようにしていると言う。

    現代人は意識に力を使いすぎている。(その事にすら気付いている人はいない)偶然の巡り合わせや無意識がもたらす出来事について気づき、それを行動に影響させることが人生を楽しくさせるかもしれない。

  • 大好きな河合隼雄さんと茂木さんの対談。全然難しくなくとても読みやすい。やはり生きてるうちに会いたかったなぁぁ。賢い人と賢い人の話は面白い。

  • 読みやすいのにしっかりした内容。
    やっぱすごいです河合隼雄。
    もっと生きてて欲しかった。

  • 河合先生の本にはいつも何らかの気付きと発見があり、色々と考えさせられます。

全30件中 1 - 10件を表示

河合隼雄の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
村上 春樹
村上 春樹
三浦 しをん
有効な右矢印 無効な右矢印

こころと脳の対話 (新潮文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

こころと脳の対話 (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

こころと脳の対話 (新潮文庫)の作品紹介

人間の不思議を、「心」と「脳」で考える-魂の専門家である碩学と脳科学の申し子が心を開いて語り合った3日間。京都の河合オフィスで茂木氏は自ら箱庭を作り、臨床心理学者はその意味を読む…箱庭を囲みながら、夢と無意識、シンクロニシティとは何かなどをめぐって、話は深く科学と人生の問題に及んでいった。「河合隼雄」という存在の面白さが縦横に展開する貴重な対話集。

こころと脳の対話 (新潮文庫)の単行本

ツイートする