西の魔女が死んだ (新潮文庫)

  • 30386人登録
  • 3.81評価
    • (4288)
    • (4059)
    • (5578)
    • (547)
    • (134)
  • 4105レビュー
著者 : 梨木香歩
  • 新潮社 (2001年8月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (226ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101253329

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
あさの あつこ
梨木 香歩
宮部 みゆき
森 絵都
有効な右矢印 無効な右矢印

西の魔女が死んだ (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

  • とにかくほっこり、感動するお話。有名なだけあって人にもおすすめできるような読みやすさ、おもしろさ。

    幸福、思想、宗教、仕事、etcみんな自分で決めていかなきゃならないこと、その大切さを教わりました。
    自分を信じることがなにより大切ですね。

  • 入ったばかりの中学で孤立してしまいったまいは、「西の魔女」おばあちゃんの家で暫く暮らすことになった。繊細な少女を優しく導く魔法に、読みながら一緒に包まれる。祖母の訃報に接したまいは、母と一緒に、二年前の初夏を過ごしたその家を訪れることになった。

    その後のまいと友人の一日を描いた「渡りの一日」も収録。

  • 思春期〜大人が読みたい本。何度読んでもいい本。

  • 「自分が楽に生きられる場所を求めたからといって、後ろめたく思う必要はありませんよ。サボテンな水の中に生きる必要はないし、蓮の花は空中で咲かない。シロクマがハワイより北極で生きるほうを選んだからといって、だれがシロクマを責めますか」
    ー西の魔女

    読みやすい内容。やる事をきちんとしよう。

  • 大人も子供も、それぞれ思うところが出てくる本だと思った。
    ふと思ったことは、自分の良いと思う生き方は魔女修行だったのか、ということ笑

    小説も良いのですが、この作品は映画の出来がピカイチ。

  • おそらく永遠のマイベスト。

  • 旅行行くとき買ってずっと読んでなかった。「今を生きていることを感じきるということの大切さ」というのが読んで感じたキーワードかな。ストーリーうんぬんより、人物が丁寧に生きているなという描写が良かった。過去とか未来とかばかり考えて生きてるこの世の中で、いま、この瞬間何を自分が感じてるか、を研ぎ澄ませることの重要さ、みたいな。私のような俗人には難しいわ。
    正直つぎの四半期にはこのストーリーは全く忘れてると思うんだけど、干されたシーツとかジャムとか森の情景は何となく忘れない気がする。五感を刺激する本、その意味では童話みたいかな。

  • "生きること"をまいと一緒にゆっくり学べる

  • 読み終わったあと、涙がつうっと頬を伝いました。いい本でした

  • 魔女修行とは、人間が人間らしくあるための考え方や生活だと思った。

    (どちらかと言うと小中高生向けの)名作と名高い作品を、子供の時期が終わり、だけど大人にもなりきれていない今の時期にようやく読んだ。

    生活の一部にテレビがあり、パソコンがあり、そしてスマホがあって、四六時中何かの音がなっているし、ぴかぴかした画面を見ている。

    そんな生活をしていて、例えようもない違和感というか、何かに縛られている自分をひしひしと感じていた。
    その違和感を明瞭な言葉で表したらこうなるんだろうな、っていうのがこの作品。
    西の魔女ことおばあちゃんは、自分の足でしっかりと立って、毎日を自然と共に暮らしている。栽培したミントでお茶を飲み、咲いているラベンダーでシーツを乾かし、太陽があって、水があって、植物がある中で暮らしている。
    それはとても幸せなことだと思うし、人間らしいなと思う。

    毎日の生活を少しずつ少しずつ、整えていきたい。(まずは本のレビューをスマホじゃなくてノートにでも書こうか……)

  • おばあちゃんが死んで、帰省する帰り道で読んだ。

    人の死を教えてくれるのは、大切な人が死ぬことしかない。
    映画で観たって、本で読んだって、どんなに想像したって、大切な人が死ぬまでわからない。
    そのために祖父母や親がいるのだと思う。
    そんな大切な事を教えてもらった。

    魔女の修行とはニンゲンという生物として、心も体も健康に生きることだと思った。
    そして最後のメッセージ。おばあちゃんも喧嘩別れした事を後悔していたのだろうか。
    最期まで孫の事を考えていられる様に、わざとあんな別れ方をしたのか。

  • おばあちゃんの教えてくれる
    丁寧に暮らすこと
    お日様の下で動くこと
    自分で決めること
    見たくないものは 見ないこと
    お気に入りの場所を作ること

    生きる力 根っこを育てること
    いくつになっても
    戻りたい原点かも

  • 自分の心を自分でコントロールする。自分で決めたことは、何にしても最後までやり抜く。


    暖かくて、コンパクトに大切なことを教えてくれて、最後には喉の奥が詰まるような驚きが隠されている小説だった。

    私も、魔女になりたい。

  • 「まいは、魔女って知っていますか」

    「中学生の主人公は、祖母の家でしばらく暮らす事に。学校に馴染めない事や自分の弱さを打ち明ける主人公に対し、祖母も「歌が上手い、計算が早い、のように私の祖母には予知の能力があった」と打ち明ける。自分もその能力が欲しいと思った主人公は、祖母と【魔女修行】を始めるが、それは呪文や瞑想では無く意志の力 / 自分で決める力を鍛える事で、、、?」


    「人の運命は、いろんな伏線で織りなされていくもの」
    「何がまいを幸せにするのか、探していかなくてはなりませんね」
    「自分が楽に生きられる場所を求めたからといって、後ろめたく思う必要はありませんよ。シロクマがハワイより北極で生きるほうを選んだからといって、だれがシロクマを責めますか」

    投げ出さず、かつ押し付けずに問題提起をする祖母が素敵。

    祖母は孫娘に。作者は読者に。私は誰に「あなたは私にとって自慢の存在です」と伝える事が出来るだろう。彼女達のような能力でパッと見つけられたらいいのになぁ〜〜〜。

  • 綺麗で心洗われる小説。何度読んでも深く、そして感動させられる。

  • 大人が読むと身近な成長期の子供に絶対勧めたくなります。思春期の複雑な事情、感情、理想や葛藤など、本を通してだと入ってきやすいので心に響くこと間違いありません。少し不思議で切なく温かな余韻で涙が出ます。

  • 人の考えが詰まっている。主人公のまいが、魔女のおばあちゃんと暮らす事で成長する物語。思春期なりの悩みがあり、感じ方があり、それをどう自分の中で解消できるのか。はたまた抑え込むのか。
    人のほんのちょっとした言動が、どんなに影響を与えている可能性があるのかを知れる。
    道徳的な本でもある。主人公の行動、おばあちゃんの考え、賛否両論ありそう。だからこそ読むべき、読みたい本だと思う。小学生くらいで読んでおきたかったと思うし、でも今読めて良かったと思う。

    魂は死んだらどこに行くのだろう。
    アイ・ノウ

  • 読み終わった後、長く余韻が残る。
    人間の純粋さや醜悪さ、不器用さが詰まっていて最後は声を出して泣いた。こんなに本を読んで泣いたことあったかなあ。
    嘘や我慢、妥協や怠惰に塗れて日常を過ごしているわたしにはおばあちゃん、魔女の言葉がほんとうに沁みた。
    また読みたい。

  • 生きるということ、死ぬということ。
    とても大切なことを教わることができる。
    おばあちゃんが口ぐせのようにまいに言うシンプルな【ある台詞】がたまらない。

  • 内容紹介
    中学に進んでまもなく、どうしても学校へ足が向かなくなった少女まいは、季節が初夏へと移り変るひと月あまりを、西の魔女のもとで過した。西の魔女ことママのママ、つまり大好きなおばあちゃんから、まいは魔女の手ほどきを受けるのだが、魔女修行の肝心かなめは、何でも自分で決める、ということだった。喜びも希望も、もちろん幸せも……。その後のまいの物語「渡りの一日」併録。

    10年位ぶりに再読。若い頃は本当に不自由だなと思い返します。自意識にがんじがらめになって色々な事が許せなくていつもどこかにぶつかっては傷ついて。英国人のおばあちゃんは物柔らかですが、独立不羈の精神で信念を持って生きています。そんな姿に主人公も自分の事を自分で決めるという事を次第に学んでいくのでありました。
    やはり最後のラストシーンは泣けるなあ。いい小説が泣ける小説ではないけれど、泣ける小説はいい小説だと思います。

全4105件中 1 - 25件を表示

西の魔女が死んだ (新潮文庫)に関連する談話室の質問

西の魔女が死んだ (新潮文庫)に関連するまとめ

西の魔女が死んだ (新潮文庫)を本棚に登録しているひと

西の魔女が死んだ (新潮文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

西の魔女が死んだ (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

西の魔女が死んだ (新潮文庫)の作品紹介

中学に進んでまもなく、どうしても学校へ足が向かなくなった少女まいは、季節が初夏へと移り変るひと月あまりを、西の魔女のもとで過した。西の魔女ことママのママ、つまり大好きなおばあちゃんから、まいは魔女の手ほどきを受けるのだが、魔女修行の肝心かなめは、何でも自分で決める、ということだった。喜びも希望も、もちろん幸せも…。その後のまいの物語「渡りの一日」併録。

西の魔女が死んだ (新潮文庫)の単行本

西の魔女が死んだ (新潮文庫)のハードカバー

ツイートする