りかさん (新潮文庫)

  • 4225人登録
  • 3.70評価
    • (504)
    • (599)
    • (1000)
    • (58)
    • (17)
  • 472レビュー
著者 : 梨木香歩
  • 新潮社 (2003年6月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (262ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101253343

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
梨木 香歩
荻原 規子
森 絵都
有効な右矢印 無効な右矢印

りかさん (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

  • すっかり梨木さんにはまってしまい、顔なじみの司書さんに『家守奇譚』や『村田エフェンディ滞土録』が「とってもよかった!」と若干興奮気味に力説したら、こちらを勧めてくださいました。

    読み始めてみると、やっぱりいい!
    リカちゃん人形をねだったようこに祖母の麻子さんから届けられたのは、市松人形のりかさん。
    ようこのやるせない気持ちから物語は始まるのだが、麻子さんからの助言を受けて不思議な力を持つりかさんとの交流が始まるあたりから、梨木さんの世界が動きだす。

    『家守奇譚』の明治時代の空気感や自然との関わり、『村田エフェンディ滞土録』では同時代の日本人の海外での暮らしぶりや異文化との交流が描かれ、その下地となっているのは日本人が自分の周りに存在するものすべてに対して抱いている畏敬の念なのではないかと感じていた。
    本書では祖母と孫の間には世代を超えて、対等に通じ合える言葉を持ち、人形が背負う歴史を理解することができる。人間の世界と人形の世界が融合するあたり、謎めいていながらなぜか心の奥底に届き、少々泣きたい気持ちになる。

    ファンタジーと言ってしまうとなんだか夢物語になってしまいそうなので差し控えようと思うが、遥か昔から日本人の暮らしの中に根付いてきた、自然やもののなかに存在していると感じる八百万の神に対して敬意をはらう気持ちや儚さを愛でる気持ちを丁寧に描いていく。

    私の中に核として存在する、物事に対する捉え方や感じ方、行動原理。これらは生まれた後の環境(両親の思考方法や学校・社会で出会った人々、また、それらを取り巻くもの)によって醸成されてきたわけだが、その感覚が非常に似ていると感じた。

    先日、勤務先のお仲間さんと今読んでいる本の話でひとしきり盛り上がった後に、梨木さんをおすすめしたところ、「私も大好きですよ!特に『村田エフェンディ滞土録』、いいよね~!」と更に話は続いた。
    本を通して人と交流したり、出会ったり。
    楽しみは続いていく。

  • 「リカちゃん人形が欲しい!」とおばあちゃんにお願いしたようこのところに届いたのは市松人形の「りかさん」。
    りかさんがやって来たことでようこの毎日はガラリと変わる。
    人形の存在のなんて大きなこと。
    今まで見えていなかったものが見えるということ。
    人形がみせる数々のこと。楽しいこと。悲しい出来事。
    不思議なことだけではなくて、いつも通る道、友達のお家が急に鮮やかになるような。
    「西の魔女」と梨木香歩さんの本は2冊目だけど、どちらもおばあちゃんが魅力的。主人公の未来を照らすような言葉をたくさんくれる人。
    甘いだけでなく、厳しいことも与える人。
    孫をペット扱いしてない、ちゃんと人と人との付き合いをしている、そんなおばあちゃん。
    こんな風に歳をとれたらいいな。

    「そりゃ、おまえ、価値観の同じ人と結婚したって、修行にはならないじゃないか」

    「澄んだ差別をして、ものごとに区別をつけて行かなければならないよ」
    「自分の濁りを押しつけない。それからどんな【差】や違いでもなんて、かわいい、ってまず思うのさ」

    文庫用書き下ろしの短編「ミケルの庭」は衝撃的。うちは大病しないで来たけれどその描写に心が凍える。
    「からくりからくさ」を読んで改めて読んでみたい。

  • 「からくりからくさ」で主人公が大事にしていたお人形のりかさん。
    しっとりした和風ファンタジーです。

    ようこは友達が持っているリカちゃん人形が欲しくて楽しみに待っていたが、おばあちゃんが送ってきたのは市松人形のりかさん。
    ようこは、がっかり!
    りかさんは、しゃべることのできるお人形で、ようこの元へいくときが来たということだったのだろう。
    最初は手に取らなかったようこだが、おばあちゃんに言われたとおりに朝晩りかさんの世話をし、心を通わせるようになっていく。
    りかさんはほかの人形が抱える過去を感じ取り、ようこも一緒になって、その苦しみも解きほぐしていくようになるのでした。

    「からくりからくさ」は染色や織物にたずさわる女性達が同じ家でともに暮らす話で、人生模様が結構濃くて複雑な作品でした。
    それに比べると、だいぶゆったりしていて、心地よいテンポです。
    人形達の過去には、ずいぶん悲しい物語も秘められていたけれど。

    祖母と孫娘の関係、良いですね。
    祖母が早くなくなったので、私はおばあちゃんを知ってはいるけど話したこともほとんどないので‥
    (あ、でも私のお雛様はもしかしたら、おばあちゃんが何かしてくれたのかしら?選んだのは母のはずだけど)
    市松人形を特に欲しいと思ったことはないけれど、お人形大好きで、着物も好きなので~りかさんが着物を何枚も持っているという点に思わず、よだれが‥(笑)

    「からくりからくさ」の後日談もあり、これは子育ての大変さが出ていて、「りかさん」の次に読むには意外な重さ。
    まあ全体としては、繋がってくる部分もあって、納得ですが‥
    梨木さんはどうしてこんな作品が書けるのか、どれを思い浮かべても、その豊かさにぼうぜんとします。

  • 「からくりからくさ」の蓉子とりかさんの出会い。おばあちゃん。登美子ちゃん。「からくりからくさ」では少ししか感じれなかった人々の様子が伝わってきて、自分の中でとてもしっくりきた。
    アビゲイルという人形の話には切なくなったが、この人形のエピソードに「からくりからくさ」のマーガレット(のお母さん?)が関わっていて、それには嬉しくなってしまった。
    全ての人が繋がっていて、その縁に心がじんと温かくなるのを感じた。「りかさん」から読んでいたら、こんな気持ちにはならなかったかもしれない。「からくりからくさ」を読んでのち「りかさん」を読んだから感じれた気持ち。
    これから再び「からくりからくさ」を読みたいと思う

  • 小さい頃、大事にしていた人形やぬいぐるみと、会話していたことがあった。
    もちろんそれは現実ではなくて自分の妄想の中での会話だったのだけど、会話できたらいいのに、という願望も含まれていた気がする。

    そういうことが本当に起こる、言うなれば“和風ファンタジー”。ものすごく不思議な世界観。
    よくよく考えてみればけっこう怖いのだけど(笑)、子どもだからこその澄んだ感性が羨ましくもなる一作。

    リカちゃん人形が欲しいとせがんだ小学生のようこにおばあちゃんから送られてきたのは、黒髪の市松人形だった。名前は“りか”。
    こんなはずじゃ、と落ち込むようこだったが、一晩が明けた頃その市松人形が会話をして人と心を通わせることが出来ることに気づく。人形は言った、「りかさんと呼んでね」。
    りかさんに導かれたようこは、古い人形たちの心を見つめ、かつての持ち主たちの思いに触れていく。

    黒髪の市松人形が喋るってやっぱり怖い(笑)でもこのりかさんは、とても思慮深く頭が良く、少ない言葉でようこを助けていく。
    元々はようこのおばあさんが持ち主で、ずっとおばあさんと暮らしていた。なのでようこは要所要所でおばあさんにも助けを求めるのだけど、りかさんとおばあさんの導きでようこはだんだんと成長していく。

    世の中にある人形の中には、とても深い思いが込められているものがある。何か意味があって作られたものもある。
    そういう人形が廻りめぐって持ち主が変わり、その思いや意味が忘れ去られた後でも、人形たちの中に残されたものは変わらない。
    そこで苦しむ人形たちに手を差しのべて思いを解放させる役割を、ようことりかさんが担う。
    強く信じる心と純粋な精神がなければ出来ない役割。シャーマンとか、そういうものに近いような(この作品にはそういう宗教的なイメージはないけれど)。

    いわゆる青い目の人形がモデルになってるのかな、という人形も出てくるのだけど、この人形と関わった1人の少女の物語はとても切ない。
    青い目の人形のことは、私も高校時代に牧師さんからじっくり聞いたことがあるのだけど、国と国の関わりや争いの中に人形が存在していることもある。
    人形供養というものが実際行われているのだから、人のかたちを模したものに思いが宿るのは、よくよく考えてみればとても自然なことなのかもしれない。

    もう1つ収録された「ミケルの庭」も「りかさん」と繋がっている。
    詳しくは描かれていないけれど、とても深い繋がりが。

    ファンタジックで可愛らしくてちょっぴり怖くて、実はとても重い意味がある物語。
    普段何気なく目にしている人形にも、何かの意味や思いが込められているのかも。

  • 『ミケルの庭』
    マーガレットの子供ミケル(1歳2カ月)。自分を抱っこしてくれる4人について、柔らかい人、面白い人、緊張する人、一番よく抱いてくれる人と感じているらしい。
    柔らかい人=蓉子、明るい人=与希子、一番よく抱いてくれる人=母親・マーガレット、…ということは、緊張する人=紀久さん??? 
    紀久さんどうして。まさか、ここまで紀久さんの心の闇を持ってくるとは。ミケルは最後紀久さんの指を握ろうとした。だから大丈夫、紀久さん蛇をもう吹っ切って。

  • りかちゃん人形が欲しくって、おばあちゃんにりかちゃんがほしいとねだったようこ。
    でもおばあちゃんから送られてきたのは、純和風な市松人形だった。
    すっかり落胆するようこだったが、おばあちゃんの指示にしたがってりかさんのお世話をすることにする。
    りかさんにはようこと話をしたり気持ちを和らげる不思議な力が宿っていた…。

    何年か前にからくりからくさを読んで、いつか読もうと思っていた『りかさん』。
    先にこちらを読んでおくべきでした。
    ようことりかさんの出会いから、人形にまつわる謎解き、草木染めの道に進むきっかけ。
    市松人形って怖くて苦手だったけれど、りかさんには癒されてしまいました。
    でも人形のお話を読むと、私が小さいときに毎日遊び、今はもう箱にいれて眠らせるだけの自分の人形を思い出し、後ろめたさも感じてしまうのだけど。

    からくりからくさの後日談にあたる、ミケルの庭もよかったです。こちらはむしろ、からくりからくさのあとに読まないと。
    マーガレットの娘ミケルを、マーガレット不在の中、三人で育てているお話。
    大変で不安で、頼りなくて可愛くて見つめているだけで幸せになる赤ちゃん。
    インフルエンザをうつしてしまったと後悔でいっぱいになる紀久が辛かったです。ミケルが息を吹き返したときは心底ほっとしました。

  • 幼い頃、日本人形が怖くて、おばあちゃんに「雛人形を買ってあげる」と言われたときに大泣きした私ですが。。。

    りかさんみたいなお人形だったら、ほしかったなぁ!

    りかさんを贈られることで、主人公ようこのように、今までにない怖い体験をすることになっても、青い目のお人形にまつわる哀し過ぎるエピソードを知ることになっても、きっと得がたい素敵な日々が過ごせたことでしょう。

  • 人形とお話できたら、という素朴な発想から、ここまで響く小説ができるとは。やっぱり作家はすごいな。

  • 朝の光の清らかさ、春の気配、や、梅雨時の鬱蒼とした雰囲気。
    繊細な内面のゆらぎや色合いの変化。
    梨木 香歩さんのお話は、そんな目に見えない事象を丁寧に映し出すのが上手いな、と思います。
    春の気配がようやく見え隠れするこの時期、読みたくなるのが、
    『りかさん』
    リカちゃん人形が欲しい、とおねだりしたら、お祖母ちゃんからプレゼントされた市松人形の「りかさん」。
    主人公のようこちゃんは、思っていたのとちがう贈り物に、ひとときは落胆するのですが…。
    不思議な力を持った「りかさん」と過ごしながら、日常の中に隠れている不思議な出来事を経験していくお話です。

    お祖母ちゃんからもらった「りかさん」には説明書がついています。それを見ながら「りかさん」のお世話をするシーンは、女の子だったら、ちょっと憧れるのではないでしょうか。お人形専用の小さな器に、毎日一口ずつ、家族と同じ食事をのせてお世話する。お話の中では、お母さんもワクワクしていました。
    私も、雛人形の小さな器に、おひな祭りのチラシ寿司とはまぐりのお澄まし汁をのせて差し上げたことがあります。母と一緒にひな壇のお膳にのせるとき、何か愛おしいような気持ちになったのを覚えています。おままごとのような儀式めいた遊びは、気持ちをどきどきさせてくれます。

    其処ここに何かの精がいたり、大切にしているぬいぐるみに心があるんじゃないかな、なんて、ほのかに思っている気持ち。
    梨木さんはそんな目に見えないことを大事に掬い上げてくれる気がします。

    おひな祭りの季節、この本を読みたくなってしまうのは、そんな気持ちが呼び起こされるからかもしれません。
    後日譚、ともいえる「からくりからくさ」も一緒に読むと、物語の奥深さがより味わえます。

  • 厳かな雰囲気があった。
    子供とおばあちゃんの組み合わせは最強だと思う。
    おばあちゃんの言葉はとても偉大。言葉が深すぎて私にはもったいないくらいだったが、いつか実感を持ってわかるようになりたいと思った。
    りかさんは人間を超越した存在だけど姉のようでもあり母のようでもあり、ようことのやりとりは微笑ましかった。

  • ものには心が宿っているという感覚、小さい時には確かにあったなー。古い記憶を宿しながら存在し続ける人形はロマンでありホラーであり。有限の命を持たないかわりに、自らは変化出来ない頑なさと純粋さが哀れで愛おしいなと思った。
    そしておばあちゃんが深すぎる。アクは哀しいもの。

  • 友達みんなが持っている「リカちゃん人形」
    欲しいと話してみたら、おばあちゃんが雛祭りに贈ってくれることになった!ものすごく楽しみにして届いてみたら、それは市松人形の「りかさん」だった。

    その衝撃は計り知れないですよね。
    それでもようこがいい子すぎてもう。そこでこんなんじゃ嫌だ!と駄々をこねるわけでもないし、全体的に登場する子どもたちはみな品がよくていい子です。
    梨木さんの小説は、基本的にその人が持つ世界、というのをとても大事にしますよね。ほかの人と違うことをきちんと受け止めてくれる人が近くにいて、周りに無理に合わせる必要なんてないんじゃないかな?と思わせてくれる。

    そもそも、人形が話をするというこの世界、特異なようでいて、人形を大切にしたことがある人ならすこし理解できますよね。人形に何かが宿っている感覚、見守ってくれているかのような感覚。人の形代を取っているからこそ、想いが入りやすいですよね。

    読んでいて優しい気持ちになれる、癒しの1冊でした。

    そして、もう1作の「ミケルの庭」は、そこから数十年先の物語。主役ではないけど、ようこが再び登場。
    子育てをしたことがない自分からすると、生まれたての子どもの扱いがわからないこともあって、読んでいて真剣に怖かったりして。
    人生において、どんな因果か自分のせいじゃなかろうか、と思ってしまうくらいのできごとがあるけど、それは何も自分に限ったことじゃない。
    ちゃんと、前に進んでいけると思わせてくれる、これまた光を感じる物語でした。

    梨木さんの、言葉が好きです。強く優しくなれる気がします。

  • りかさんと蓉子は、かく出会いと過ごした時間があったからこその『からくりからくさ』なんだな、と胸にすとんと落ちてきた。
    ミケルのその後然り、これからもいろんなことがあるんだろうと思う。連綿と続く、人とのつながりが織りなす模様を見る日に、私も立ち会いたい。

  • すっごいおもしろかったし引きこまれた…!好みのおはなしすぎて梨木さんはまりそうです…でもわりと人形がトラウマになりそうだ

  • 梨木作品ではもう何度目かなのだが、これこそが彼女の最高傑作だと思うのだ。ただ、これまではそれが読了後にだったのが、今回は読んでいる途中から、しきりにそうした思いを持った。しかも、思わず何度も声が漏れるほどであった。とりわけ、それまでかたくなに沈黙を守っていた汐汲の第一声「動けば汐がかかるじゃろう。汐がかかれば切なかろう」には戦慄が走った。まさしく驚嘆すべき想像力だ。アビゲイルの悲しみも深いが、それを噛みしめ続けて来た、汐汲のそれはさらに切なく心に沁みる。

  • りかちゃん人形を頼んだら、やってきたのは市松人形のりかさんだった…
    年寄りに物をねだる時には気をつけないとね☆

    という教訓話ではないです(苦笑)

    新しいものがすべて素晴らしいわけではなく、古臭いものはすべて面倒なのではなく、すべては受け取る側次第。
    過去の辛いものも飲み込んで、人形たちは今日も少女たちを見守ってくれているのです。

    市松人形、実はちょっと苦手だったけど、りかさんだったらいいかもと思ってみたり。

  • 「ようこはねえ、おばあちゃん、『リカちゃん』がほしいの」
    「なんだえ、それは」
    「お人形よ、おばあちゃん、知らないの」

    送られてきたのは、真っ黒の髪の市松人形だった。
    ほっそりした『リカちゃん』の倍近くある。

    なんでこんなことに…
    と、悲しみに暮れるようこだったけれど、
    この市松人形『りかさん』は、ようこにとってとても大切なものとなった。

    なぜならその人形には、 “特別な秘密” があったのだから…。


    これは前作、『からくりからくさ』の容子の幼いころを描いた作品で、
    今作『りかさん』とは別な作品だけれど、互いにストーリーを補完しあっていたりするので、両方読んでみると深みが出ていっそう楽しめます。

    『からくりからくさ』の “容子” は大人になって、ストーリーも少し現実的に出来ているのですが、
    『りかさん』の “ようこちゃん” を取り巻く今回の作品は、少女らしい少しファンタジックな世界観に出来上がっています。

    幼い “ようこちゃん” が『りかさん』に出会い、数々の不思議と対面し、想いに触れ、心を揺らしながら、どのように『からくりからくさ』の “容子” へと成長してきたのか、その過程も見えてきて面白いですね。

    描き下ろしの『ミケルの庭』は、さらに『からくりからくさ』の後日譚。
    これがまた、すごくよかったです。

  • 梨木さんの新刊を読んで、久しぶりに読みたくなって手にする。
    「澄んだ差別」と「濁った差別」という言葉が、今回は心に残った。
    ここひと月半の私は、自分の思いにとらわれすぎて、なんだか頑なにというか固執しすぎているなと思った。自分で自分をがんじがらめにして、自分の首をしめていたんだなということにふと思い至る。正当だと思っていたけれど、「濁った差別」だと思う。水には流せないけれど、そういうものなのだと心しておけばいいだけのこと。「澄んだ差別」に変えたい。
    「澄んだ差別」で物事を見ていくためには、心のゆとり、ふくよかさが欠かせないのだと思う。そんなことをぐるぐる考えながらの読書となりました。

    そして、アビゲイルの話ももう一度、心に留めておこうと思う。

    さまざまな出会いは、必然なのだろうなぁ。たとえ偶然でも。ようこが染色の道に進むのも、マーガレットに出会うのも。『からくりからくさ』をより楽しみたいときは、この本もあわせておススメしたい。

  • 巻末の解説に、小林すみ江さんという人が
    「ページを閉じて心に残ったのは、おいしい薄荷(はっか)のお菓子を食べたあとのようなみちたりた清涼感でした。」
    と感想を書かれていますが、本当にそのとおりだと思いました。
    たとえば「銀じいさん」とは何者なのか?とか、説明のない箇所がたくさん出てきて、そのままお話が進んで終わってしまったりするのですが、なんだかそのことも、「知りたいけど、梨木さんが説明しなくても良いと考えたのなら、それはそれで良いのだ」と思える、なんというか、すべてが腑に落ちるというか、そういう細かいことよりも、もっと大きなテーマを感じるだけで充分幸せになれる本でした。
    この本を読んで一層、梨木さんのことが好きになりました。
    ハードカバーは読んでいないので、どうなのかわかりませんが、私が読んだ文庫版のほうでは、本編のあと、「ミケルの庭」という短編が書き下ろしで収録されています。
    これは、「りかさん」の続編の「からくりからくさ」の、さらに続編に当たるお話なので、好きな方は是非読んで欲しいと思います。
    (「銀じいさん」やそれ以外のことは、続編の「からくりからくさ」で解明され、それがまた嬉しかったです。)

  • 「りかさん」「ミケルの庭」の二編が収められた一冊。しかし実は、「りかさん」の続きにあたるストーリーは別の一冊「からくりからくさ」であり、「ミケルの庭」はさらにその続編にあたる、エピローグのような作りになっている。百年ちょっとの時間軸と、そこに登場する人々の網の目のような「縁」。だんだん一枚の絵が出来上がっていくような展開にすっかり引きこまれて、ひと息に読んでしまった。
    この本を紹介するのに、祖母からもらった「りかさん」という人形との会話を通じて、主人公の少女、ようこが成長していく話、というだけではあまりにも物足りない。人形や植物、自然界の「声」や気配のようなものを感じ取ろうとする中でようこが出会っていくのは、戦時中に処刑とも言えるような残酷な仕打ちを受けたアメリカ生まれの人形の思いや、老いて朽ちていこうとする老木の悲鳴であったりするからだ。同時に、ようこの祖母と両親との間にあった過去の出来事も徐々に明らかになっていく。
    人間の、愚かで偏った考え方や、たった一歩、歩み寄ることができずに長年すれ違ってしまうことを止められない弱さ。そうしたものを糾弾するのではなく、静かに見つめるような筆者の視点はどこまでもく、なおかつ、繊細で優しい。
    「からくりからくさ」でさらに劇的な展開を見せるストーリーも、次の「ミケルの庭」で軟着陸、といった印象。独立して読んでも十分に面白いが、この二作は続けて読む方がより味わい深いかもしれない。

  •   もともと児童書として世に出された本ですが、この本を、本当に読んだと思えるようになるまでには、ずいぶんと人生を積む必要がるように思います。
    何歳になっても、読み返すたびに新しい発見のある作品と思っています。

  • 購入がてら再読。梨木香歩に最初に触れた作品なのでなんだか帰ってきた感じがしました。懐かしい。
    人形がしゃべるというファンタジーにありながら、主題に入り組む戦争や死など、重いテーマの描き方、触れ方の真摯さにはっとさせられます。りかさんやおばあちゃんの、主人公の少女への向かい方(接し方)がすごく好きだ。温かい。
    りかさんの続編であるからくりからくさの更に後日談?という「ミケルの庭」が収録されていましたが、単品でも読みやすかったです。
    自分の過去の恋人の幼児にインフルエンザを移し、殺しかけてしまった自分への呵責とかすごいな。よく描ける。さすがです。一歳半の幼児が見る「あれ」、つまり神様という締め方の綺麗さと言ったら。梨木香歩作品大好きです。

全472件中 1 - 25件を表示

りかさん (新潮文庫)に関連するまとめ

りかさん (新潮文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

りかさん (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

りかさん (新潮文庫)の単行本

ツイートする