りかさん (新潮文庫)

  • 4186人登録
  • 3.70評価
    • (501)
    • (597)
    • (998)
    • (57)
    • (16)
  • 469レビュー
著者 : 梨木香歩
  • 新潮社 (2003年6月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (262ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101253343

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
梨木 香歩
川上 弘美
森 絵都
有効な右矢印 無効な右矢印

りかさん (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

  • 「人間の本当の使命は生きている人間の、強すぎる気持をとんとん整理してあげることにある…あんまり強すぎる思いは、その人の形か輪は乱して、そばにいる気持の薄い人の形に移ることがある。それが人形」

    幼い頃、人形やぬいぐるみと会話できたら良いのになと思ったことがある。興味深かったのは、大人になるにつれ遊ばなくなった人形は、大事にされなくなったのではなく役目が終わったこと、人形は周囲に人がいなくなったら、自然に休むようにできている等、人形の世界が垣間見えたところ。梨木さんの作品はあたたかみがあって好きだ。

  • 人形とお話できたら、という素朴な発想から、ここまで響く小説ができるとは。やっぱり作家はすごいな。

  • 朝の光の清らかさ、春の気配、や、梅雨時の鬱蒼とした雰囲気。
    繊細な内面のゆらぎや色合いの変化。
    梨木 香歩さんのお話は、そんな目に見えない事象を丁寧に映し出すのが上手いな、と思います。
    春の気配がようやく見え隠れするこの時期、読みたくなるのが、
    『りかさん』
    リカちゃん人形が欲しい、とおねだりしたら、お祖母ちゃんからプレゼントされた市松人形の「りかさん」。
    主人公のようこちゃんは、思っていたのとちがう贈り物に、ひとときは落胆するのですが…。
    不思議な力を持った「りかさん」と過ごしながら、日常の中に隠れている不思議な出来事を経験していくお話です。

    お祖母ちゃんからもらった「りかさん」には説明書がついています。それを見ながら「りかさん」のお世話をするシーンは、女の子だったら、ちょっと憧れるのではないでしょうか。お人形専用の小さな器に、毎日一口ずつ、家族と同じ食事をのせてお世話する。お話の中では、お母さんもワクワクしていました。
    私も、雛人形の小さな器に、おひな祭りのチラシ寿司とはまぐりのお澄まし汁をのせて差し上げたことがあります。母と一緒にひな壇のお膳にのせるとき、何か愛おしいような気持ちになったのを覚えています。おままごとのような儀式めいた遊びは、気持ちをどきどきさせてくれます。

    其処ここに何かの精がいたり、大切にしているぬいぐるみに心があるんじゃないかな、なんて、ほのかに思っている気持ち。
    梨木さんはそんな目に見えないことを大事に掬い上げてくれる気がします。

    おひな祭りの季節、この本を読みたくなってしまうのは、そんな気持ちが呼び起こされるからかもしれません。
    後日譚、ともいえる「からくりからくさ」も一緒に読むと、物語の奥深さがより味わえます。

  • 「からくりからくさ」に繋がる話。りかさんがいると、そこからふわりと優しい空気が広がっていく。それはりかさんが持ち主から大事に扱われてきたいいお人形だから。いいお人形は、吸い取り紙のように、感情の濁りの部分だけを吸い取っていく。大人になった蓉子の、他人や生き物全てを包み込む優しさは、りかさんと一緒に過ごしていたから身についたのだな。文庫書き下ろしの「ミケルの庭」は初読み。マーガレットの赤ちゃん・ミケルが危篤状態になる。自分の風邪がうつったからだと後悔する紀久にかける蓉子の言葉がほんとに温かい。

  • 表題作と短編『ミケルの庭』
    「からくりからくさ」の前,蓉子とりかさんの出会いを描いている.おばあちゃんの麻子さんやようこの親友登美子ちゃんとの交流の中で,りかさんと一緒に人形達の不思議な世界に触れていくのがとても自然で,優しく暖かい感じが気持ちよかった.

  • リカちゃん人形がほしかった女の子にプレゼントされた、しゃべる日本人形りかさん。
    人形たちの秘密を、苦悩を救っていくようなお話。
    人形好きにはたまらない、のかな?

  • 小さい頃、大事にしていた人形やぬいぐるみと、会話していたことがあった。
    もちろんそれは現実ではなくて自分の妄想の中での会話だったのだけど、会話できたらいいのに、という願望も含まれていた気がする。

    そういうことが本当に起こる、言うなれば“和風ファンタジー”。ものすごく不思議な世界観。
    よくよく考えてみればけっこう怖いのだけど(笑)、子どもだからこその澄んだ感性が羨ましくもなる一作。

    リカちゃん人形が欲しいとせがんだ小学生のようこにおばあちゃんから送られてきたのは、黒髪の市松人形だった。名前は“りか”。
    こんなはずじゃ、と落ち込むようこだったが、一晩が明けた頃その市松人形が会話をして人と心を通わせることが出来ることに気づく。人形は言った、「りかさんと呼んでね」。
    りかさんに導かれたようこは、古い人形たちの心を見つめ、かつての持ち主たちの思いに触れていく。

    黒髪の市松人形が喋るってやっぱり怖い(笑)でもこのりかさんは、とても思慮深く頭が良く、少ない言葉でようこを助けていく。
    元々はようこのおばあさんが持ち主で、ずっとおばあさんと暮らしていた。なのでようこは要所要所でおばあさんにも助けを求めるのだけど、りかさんとおばあさんの導きでようこはだんだんと成長していく。

    世の中にある人形の中には、とても深い思いが込められているものがある。何か意味があって作られたものもある。
    そういう人形が廻りめぐって持ち主が変わり、その思いや意味が忘れ去られた後でも、人形たちの中に残されたものは変わらない。
    そこで苦しむ人形たちに手を差しのべて思いを解放させる役割を、ようことりかさんが担う。
    強く信じる心と純粋な精神がなければ出来ない役割。シャーマンとか、そういうものに近いような(この作品にはそういう宗教的なイメージはないけれど)。

    いわゆる青い目の人形がモデルになってるのかな、という人形も出てくるのだけど、この人形と関わった1人の少女の物語はとても切ない。
    青い目の人形のことは、私も高校時代に牧師さんからじっくり聞いたことがあるのだけど、国と国の関わりや争いの中に人形が存在していることもある。
    人形供養というものが実際行われているのだから、人のかたちを模したものに思いが宿るのは、よくよく考えてみればとても自然なことなのかもしれない。

    もう1つ収録された「ミケルの庭」も「りかさん」と繋がっている。
    詳しくは描かれていないけれど、とても深い繋がりが。

    ファンタジックで可愛らしくてちょっぴり怖くて、実はとても重い意味がある物語。
    普段何気なく目にしている人形にも、何かの意味や思いが込められているのかも。

  • 再読。一気に読み終えた。

    同じ人形ファンタジーの『最後のゲーム』とくらべると、りかさんは、初めからすっとそこに不思議がある感じがして、ファンタジーとか魔法というよりは、アミニズムのような感じがした。ロジックの世界に、魔法という力が作用を及ぼしたりするんじゃなく、日常と地続きのふしぎ。だから、ふわっと包まれるような感じがするのかな。

    2編めのアビゲイルがかわいそうで……。でも、じっさいにそういうことがたくさんあったんだものね。やはり一番おそろしいのは人間のおろかさだなと思うけど、自分もふくめ、それをどうやって見極めてふせいでいけばいいのかはむずかしくてわからない。かなしい。

  • 厳かな雰囲気があった。
    子供とおばあちゃんの組み合わせは最強だと思う。
    おばあちゃんの言葉はとても偉大。言葉が深すぎて私にはもったいないくらいだったが、いつか実感を持ってわかるようになりたいと思った。
    りかさんは人間を超越した存在だけど姉のようでもあり母のようでもあり、ようことのやりとりは微笑ましかった。

  • 人形は人の形をしています。
    人の心を秘め、時を超えて、未来へと想いを運ぶのですね。

    切なくも、心温まる物語でした。

  • 「からくりからくさ」と合わせて自分の本棚においてもいい!図書館本だけど、買おうかなぁ。
    お人形が話すといっても荒唐無稽にならず、少女の導き手となっているのがいい。

  • ものには心が宿っているという感覚、小さい時には確かにあったなー。古い記憶を宿しながら存在し続ける人形はロマンでありホラーであり。有限の命を持たないかわりに、自らは変化出来ない頑なさと純粋さが哀れで愛おしいなと思った。
    そしておばあちゃんが深すぎる。アクは哀しいもの。

  • 少し不気味で温かいお話。
    人に対して、ものに対して、丁寧に向き合っている人は素敵だな。

  • お雛祭りにおばあちゃんから贈られてきたのは市松人形の「りか」。ようこが欲しかったリカちゃん人形とは全く違うものであったが、りかさんは人形や人と心を通わすことの出来る人形だった。りかさんと古い人形達・人形の持ち主の想いの声を聞き、おばあちゃんやりかさんに助けられながらようこは成長していく。□梨木さんのお話は2冊目なのですが心の奥の柔らかな部分に触れてくる感じが好きです。これは余談ですが、今年も娘が火事になる!行き遅れる!とお雛様の出し入れを手伝ってくれました。これからもお人形さんとこんな娘との時間を大切にしていきたいです。このお話を読んでしみじみ思いました。

  • 『りかさん』は、人形を通して人間を見つめる物語。心を育てる物語。人形というものの存在を深く考え掘り下げた物語。自分の心を向き合いたいときに何度か読み返したい本だと思う。
    『ミケルの庭』は、赤ん坊の視点で描かれた珍しい物語。『りかさん』の主人公だったようこちゃんが、大人になって蓉子として登場する。

  • 友達みんなが持っている「リカちゃん人形」
    欲しいと話してみたら、おばあちゃんが雛祭りに贈ってくれることになった!ものすごく楽しみにして届いてみたら、それは市松人形の「りかさん」だった。

    その衝撃は計り知れないですよね。
    それでもようこがいい子すぎてもう。そこでこんなんじゃ嫌だ!と駄々をこねるわけでもないし、全体的に登場する子どもたちはみな品がよくていい子です。
    梨木さんの小説は、基本的にその人が持つ世界、というのをとても大事にしますよね。ほかの人と違うことをきちんと受け止めてくれる人が近くにいて、周りに無理に合わせる必要なんてないんじゃないかな?と思わせてくれる。

    そもそも、人形が話をするというこの世界、特異なようでいて、人形を大切にしたことがある人ならすこし理解できますよね。人形に何かが宿っている感覚、見守ってくれているかのような感覚。人の形代を取っているからこそ、想いが入りやすいですよね。

    読んでいて優しい気持ちになれる、癒しの1冊でした。

    そして、もう1作の「ミケルの庭」は、そこから数十年先の物語。主役ではないけど、ようこが再び登場。
    子育てをしたことがない自分からすると、生まれたての子どもの扱いがわからないこともあって、読んでいて真剣に怖かったりして。
    人生において、どんな因果か自分のせいじゃなかろうか、と思ってしまうくらいのできごとがあるけど、それは何も自分に限ったことじゃない。
    ちゃんと、前に進んでいけると思わせてくれる、これまた光を感じる物語でした。

    梨木さんの、言葉が好きです。強く優しくなれる気がします。

  • 「からくりからくさ」は、"からくり"が深すぎて消化できなかったが、本書は良かった。
    人形って癒す場合もあるし、恐れの場合もある。
    でも良く理解しておけば何の問題もないのかな。
    梨木さんは登場人物の心情を丁寧に描く方ですね。

  • 人形に性格を持たせるのは簡単だ。人形は自分にまっすぐ向かってくる人間の感情を、律儀に受け取るから。

  • 久しぶりに夢中になって読める本に巡り合った。
    人形の持ち主との因縁を読み取り、人と心を通わせることができる市松人形の「りかさん」。
    彼女を媒介に、様々な人形奇譚が浮かび上がる。
    やはり圧巻なのがアビゲイルの話。
    愛を伝えるためにやってきた人形が、時代に恵まれず、無惨な扱いをうけてしまう。
    アビゲイルの運命を、主人公のようこが、りかさんに導かれながら受け入れていく様は感動的だった。

    おばあさんの麻子さんの存在もすてきだ。
    「西の魔女が死んだ」でも、人生の経験を豊かに積んだ老女が出てくる。
    この作品の麻子さんも、自分の過去の至らなさも認め、受け入れて、それを教訓に変えることのできる知恵を持った人として出てくる。
    人が老いることにも希望があることを見せてくれる。

  • 純真で聡明な主人公のようこが、人形のりかさんやおばあさんという良い触媒を通じて世間の良し悪しを捉えながら健やかに成長していくところが清々しい。人間の根本的な性格は幼少期に形作られるのかなぁ、と漠然と思う。
    人形って年季や愛情を含み続けることで本当に何かが宿って行く気がしてきますね。

    短編の方は、苦悩する紀久の心理描写にセンスを感じるし、ミゲルの赤ちゃん目線が楽しいですね。ミゲルが危ない場面では先がとても気掛かりで、読む気持ちがはやった。

  • 少しの不気味さと多くの優しさからできている物語。
    トトロを思い描いていた頃を思い出しながら一気に読みきりました。
    読んだ後暖かい気持ちになります。

    事務員の女性が仕事の帰りに電車で読んでいそう。

  • 12年ほど前に新刊で買った1冊。
    ここから読書熱再び、現在に至る思い出の本です。
    人形モチーフのファンタジーとして当時は楽しめたものの、その後読了した『からくりからくさ』等、一連の梨木作品が息苦しかったことを思い出しました。
    本日、なぜか本棚に手が伸び、そのまま再読了。
    女性特有の空気感がとてもとても苦手で、読むタイミングも良くなかったのか、気分が悪くなるほど(^^;;
    この本は私にとって、内容と同じく因縁めいていますσ(^-^;)
    マイベストはやはり『家守綺譚』あたりかな。

  • 出だしが、最高。
    リカちゃん人形だと思って開けたら真っ黒な髪の市松人形が登場したら、ものすごい衝撃だろう。トラウマになりそうだ。
    途中、テンポが早すぎて世界観についていけないところがあった。映像だったら分かりやすいかもしれない。
    この本だけだとなんだか消化不良で終わるが、からくりからくさの伏線を張っていると考えると、悪くない。
    りかさんのお世話を通して、他者を慈しむ気持ちが芽生えるというのは、とても素敵だと思った。

  • 女の子の遊びの鉄板、人形遊び。
    話しかけると答えてくれるような友達。
    表情が悲しそうだったり、楽しそうだったりその時々によって変わるように感じる。
    大切な人形。いや親友。
    ご飯を一緒に食べて寝る。
    そんな女の子の気持ちに寄り添ったお話し。

    リカちゃんがほしかったようこのもとにおばあちゃんから届いたのは日本人形のりかさんだったのだけど、りかさんは心通じ合える素敵な人形。
    お友達のうちにある素敵なお洋服を着たフランス人形。ひな人形。
    人形はその持ち主の気持ちや歴史とともに人へと伝わっていく。
    その気持ちに寄り添うようこがとってもかわいい。

  • ようこがおばあちゃんに、ねだったのはリカちゃん人形の「リカちゃん」。しかし、おばあちゃんから届いたのは市松人形の「りかさん」。がっかりするようこだが、「りかさん」の人間と意思相通できる不思議な力とおばあちゃんの存在とサポートによって、ようこは新たな世界と遭遇しながら、少しずつ成長していく。悲しくも温かいお話の数々。書き下ろし「ミケルの庭」も収録。ようこが蓉子に成長して、登場。

全469件中 1 - 25件を表示

りかさん (新潮文庫)に関連するまとめ

りかさん (新潮文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

りかさん (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

りかさん (新潮文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

りかさん (新潮文庫)の単行本

ツイートする