家守綺譚 (新潮文庫)

  • 5618人登録
  • 4.15評価
    • (1191)
    • (703)
    • (697)
    • (40)
    • (10)
  • 865レビュー
著者 : 梨木香歩
  • 新潮社 (2006年9月28日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (208ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101253374

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
三浦 しをん
米澤 穂信
有効な右矢印 無効な右矢印

家守綺譚 (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

  • こちらの世界とあちらの世界を行ったり来たり?
    夢なのか現実なのか、河童に狸に人魚まででてくる賑やかな屋敷。
    花や木々が感情をもっているかのようで、この家の守りをするのは大変そうだ。
    物書きのネタには尽きないだろう。

    この不思議な感覚で、高校の教科書で学んだ『夢十夜』を思い出した。
    一節を声に出して読んでみると国語の授業っぽく感じた。

  • 梨木香歩の作品にはいつも草花がたくさん登場するので、読了後はいつも、日常の自然にもっと目を向けようと思います。

  • ひょんなことから、家守をすることになった、売れない物書である主人公の日常の物語。出てくる人が皆、怪異を当たり前のことのように受け入れているところに、この時代の世界の境界の曖昧さがうかがえる。草木の移ろい、日常の中での様々なものたちとの何気ない関わり。それにより、静かにゆっくりと流れていく季節。読んでいて温かく心地よい気持ちになる作品。

  • 【状態】
    貸出中(予約0)

    【内容紹介】
    庭・池・電燈付二階屋。汽車駅・銭湯近接。四季折々、草・花・鳥・獣・仔竜・小鬼・河童・人魚・竹精・桜鬼・聖母・亡友等々々出没数多……本書は、百年まえ、天地自然の「気」たちと、文明の進歩とやらに今ひとつ棹さしかねてる新米精神労働者の「私」=綿貫征四郎と、庭つき池つき電燈つき二階屋との、のびやかな交歓の記録である。

    【キーワード】
    文庫・ファンタジー・自然・短編集



    +++1+1

  • 湖をボートで漕ぎ出したまま、帰ってこなかった友人に替わり、友人の家を守る主人公が、友人の幽霊に導かれて不思議な体験をする。
    明治時代の琵琶湖の近く、滋賀と京都の境あたりの設定、明治の雰囲気で、四季の風景が美しい。話のタイトルとなった植物ひとつひとつを、調べないではいられなかった。

  • 雨柳堂の話を思い出した…。空気感がいいな

  • この本を手元に置いて、毎夜眠る前に1話ずつ読めば、高堂(主人公の友人)やゴロー(犬)に夢で会えるかも‼(*´∀`)♪と思っていたのに、隣家のおかみさんすら出てこなかった(--;)でも1日の終わりに読むと心地好いな~(*^^*)

  • 気持ちが疲れている時に読みたい大好きな本です。
    百日紅が出てくる場面が特に好き。
    この本に出会えてラッキーでした。

  • 不思議な話。
    子供のころを思い出した。

  • なんとも奇妙な、スマホもテレビもない時間がゆっくり流れていた時代のお話。
    日々ごたごた情報があふれる中にいると、ちょっとあこがれる時間の流れでした。

  • 「村田エフェンディ滞土録」終盤にちらっと現れた。
    つまり同じ時代の、こちらは日本。
    さらには一年四季折々の気配を、風光明媚な植物の移り変わりで表す。
    表すだけでなく、植物が人間に化けて頻々と登場する。
    さらにタヌキもキツネもカッパも龍や鬼や死者さえも当然の如く現れて、スペシャルな装いなく立ち居するのを、殊更に驚かないのが主人公。
    多くの怪異が、だからこそ心地よい。
    怪異に染まりきらず、怪異を撥ねつけもしないニュートラルな構えは、理想的であるにも関わらず、ちっとも鼻にかけない、平凡な振る舞いだと本人は思っている。
    そこに立ち昇るおかしみ。
    ファンタジックと言うこともできるが、西洋風ではない、たかだか数十年数百年前の日本にはこういう世界認識が当たり前にあったのだと思わせてくれる、豊潤な想像を掻き立ててくれる。
    怪異に恐怖よりも面白味を感じさせてくれるのは、もう文章の力あればこそ。

  • 自然の中の「気配」のようなものを、誰しも少なからず感じるもの。この物語ではそれらが形を得て、いきいきと動く姿を見せてくれます。征四郎と彼らとの密やかな交流は、幻想的でありながら不思議とどこか懐かしい。「家」の寂びた雰囲気といい、謎めいた隣人たちといい、こんな暮らし素敵だなあ......。

  • 日本人の不思議(河童 狸 などなど)が日常の中に溶け込んでいる生活が見られる物語。綿貫はその不思議を当たり前のように受け入れているのが印象的。
    ラストの葡萄で、綿貫があちらの世界をとらず、こちらの世界に戻ってくるシーンがいい。「精神を養わない」と。

  • 梅崎春生の未発表原稿をリライト!と言われても信じちゃうかも。

    ハイカラなお名前から、蛇にピアスしたり背中を蹴ったりする世代のヒトかと思いました。

    「綺譚」って荷風の造語だそうで。

    「向島寺島町にある遊里の見聞記をつくって、わたくしはこれを墨東綺譚(ぼくとうきだん)』と命名した。
    ”きたん”じゃなくて、”きだん”なんですねー!

    ユルスナールは「とうほうきたん」のはずだけどなあ。
    白鹿亭綺譚とか黄昏綺譚とかパノラマ島綺譚とか
    頸飾り綺譚とか覗機械倫敦綺譚とかはどうなんでしょうか〜??

  • ゆっくり流れる時間を楽しんでいるような感じ(#^.^#)
    あこがれの生活だなぁ~‼

    サルスベリに恋されていて
    友達は掛け軸からあらわれて
    ゴロー(犬)はカッパと友達に…
    人魚や鬼や神様まで出てきる不思議な話です
    植物もたくさん出てきます。

  • 河童や狸とのささやかな関係に憧れる。
    もう少しグイグイからんでくれてもと思った。
    でもそれだとなんかイヤだとも思った。
    「吾輩は猫である」から毒気を抜いたような。
    妖怪話からエンタメ性を排除したような。
    印象に残ったエピソードはとてもベタなシーンだった。
    はかなげでけなげなものによわい。
    話がドンドンドンと展開するタイプの物語ではない。
    それゆえ深夜に雨の音をBGMに読んでたら寝てしまった。
    もう少しグイグイ展開してくれてもと思った。
    でもそれだとなんかイヤだとも思った。
    会話文が「」でなく――なのが、スバラシイ。

  • 学生時代にボート部の活動中、行方不明になった高堂の家を、卒業後家守をする事になった綿貫、自称物書き。とても貧乏で渡りに舟と住む事にしたが、不思議な事が立て続けに起きる家だった。行方不明の高堂さん、河童、薬売りが現れるわ、動じないお隣さんがいるわ、庭のサルスベリに惚れられるわ、犬を飼ったらやたら賢すぎるわで、本来ならもっと驚いていいはずなのに、一番動じない綿貫さん。全て受け入れていきます。読み終えてしまうのがもったいないくらいで、もっと高堂さんとの会話も聞きたいと思います。続編も出ているようですが、評価が微妙なのと、高堂さんがあまり出ないようなので、少しさみしいですね。

  • 庭・池・電燈付二階屋。汽車駅・銭湯近接。四季折々、草・花・鳥・獣・仔竜・小鬼・河童・人魚・竹精・桜鬼・聖母・亡友等々々出没数多…本書は、百年まえ、天地自然の「気」たちと、文明の進歩とやらに今ひとつ棹さしかねてる新米精神労働者の「私」=綿貫征四郎と、庭つき池つき電燈つき二階屋との、のびやかな交歓の記録である。-綿貫征四郎の随筆「烏〓苺記(やぶがらしのき)」を巻末に収録。,


    それは少し昔
    たった100年前の物語




    売れない小説家の私の不思議な日常




    サルスベリの木に惚れられて


    飼い犬は河童と懇意になり


    死んだ友人は掛け軸から帰ってくる


    庭の池には人魚がやってきていて


    庭にはマリア様のお出ましです


    どこか懐かしい短編集








    高校一年生の時出会った本


    従姉妹に中三のとき

    「おもろい本ない?」

    と聞いたんですが、その時に教えてもらったんですねー。

    「どんな本?」

    って聞いたら


    「死んだと思ってた友人が、家の掛け軸からボートに乗って帰ってくるんだよ」


    めっちゃ気になるじゃないですか

    なんで友人帰ってくるんですかっ


    なぜ、ボート

    そんな疑問と好奇心に心躍っていたわけですよ


    高校の図書室で出会って、昨日ハードカバーから文庫本になった本と出会い即ゲット



    いつものが続きます






    死んで掛け軸から帰ってくる友人がタクティクス(木下さくらさんの)の


    杉野さまに思えてならない・・・。




    杉野さまが・・・・・船漕いで掛け軸から出てきたら怖いだろうな・・・。




    別に杉野さまじゃなくても怖いだろうけど
    一話がすっげ短いんですよ


    2、3ページくらいのやつが何個も詰まってるんでお得な気がします。


    つか、隣の奥さんは私と不倫関係になったりしないんだろか・・・。
    期待!!

  • 超個人的感想ですが、私の『好き』が全て詰め込まれた様な作品でした。
    そういう作品に出逢える機会は少ないので、もうホントただ出逢えた事に感謝です。
    いつまでも読み終わりたくなかったです。
    他に私の『好き』が詰まっていると思う、自分的類似作品は『夏目友人帳』と『ミスターシーナの精霊日記』です。両方マンガだけど。。

  • 隣の世界、とでもいうべき存在がごくごく自然に立ち現れる。
    隣家のおかみさんやお寺の和尚さん、後輩の山内くんまでが”隣人”たちの存在やその習慣を知っていて、当然のように受け入れているのに対し、語り手の綿貫だけがすこぅし戸惑っている、そのアンバランスさがなんだかいい。
    ゴローとサルスベリがいいな。
    最後の「葡萄」はとびぬけて奇異な世界に入り込む。そこから還ってくることで、日常が雨に洗われたように新しく見え、また循環が始まるんだな・・・という感じがした。
    『そうかこいつは葡萄を食べたのだ、と思った。』

  • 大正ロマンの様な舞台で、庭の草花と不思議なやり取りをする。絵が想像しやすい

全865件中 1 - 25件を表示

家守綺譚 (新潮文庫)に関連する談話室の質問

家守綺譚 (新潮文庫)に関連するまとめ

家守綺譚 (新潮文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

家守綺譚 (新潮文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

家守綺譚 (新潮文庫)の作品紹介

庭・池・電燈付二階屋。汽車駅・銭湯近接。四季折々、草・花・鳥・獣・仔竜・小鬼・河童・人魚・竹精・桜鬼・聖母・亡友等々々出没数多…本書は、百年まえ、天地自然の「気」たちと、文明の進歩とやらに今ひとつ棹さしかねてる新米精神労働者の「私」=綿貫征四郎と、庭つき池つき電燈つき二階屋との、のびやかな交歓の記録である。-綿貫征四郎の随筆「烏〓苺記(やぶがらしのき)」を巻末に収録。

家守綺譚 (新潮文庫)の単行本

ツイートする