沼地のある森を抜けて (新潮文庫)

  • 1796人登録
  • 3.60評価
    • (128)
    • (230)
    • (271)
    • (53)
    • (9)
  • 222レビュー
著者 : 梨木香歩
  • 新潮社 (2008年11月27日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (523ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101253398

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
伊坂 幸太郎
梨木 香歩
三浦 しをん
有効な右矢印 無効な右矢印

沼地のある森を抜けて (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

  • ぬかどこから始まる命と愛の物語。

    さあ、困った、という小説だった。梨木香歩の小説は、『西の魔女が死んだ』はまだすっと入りやすいけれど、『裏庭』『家守奇譚』みたいに、物語を掴んでうまく入れるまで時間がかかるものがある。現実(今)と不思議(とか昔とか)の層が混ざってしまっているのが理由。小説を読みなれていない人が挑戦したら挫折しそうな、何重構造。それが梨木香歩の魅力でもあるけれど。

    今回も戸惑った。特に三回挟まれている「かつて風に靡く白銀の草原があったシマの話」は。これを解釈して正解を出すことはナンセンスだな、と最後まで読んで思った。これが未来なのか過去なのか別次元なのか、考えてもわからない。本編(久美の話)とどんなつながりがあるのか、考えてもわからない。でも、イメージは浮かぶ。とても繊細な絵。

    最初はジェンダー的な話かと思った。そういう解釈をしてもいいかもしれない。でも違う。男がどうだとか、女がどうだとか、性とか命とか愛とか、なんだかそういう現実世界のぐだぐだしたものを超えたところに結末が行ってしまったので、ジェンダー的視点で読もうとするとぽかーんとしてしまう。とにかく不思議だ。単純な「命の大切さ」を訴える話とも言えない。命はかけがえのないもの、そんなことは導けない。むしろ、「私」というものが揺らいでいく話。

    他の誰とも違う「私」は、なぜ「私」なのか。そもそも「私」なのか。私は「私」をすべてコントロールしているのか。私はどこから「私」なのか。ルーツとか自分探しとか、アイデンティティを考える時期があるけれど、本当は、誰も確信を持って「私」なんてつかめていないのではないかと思う。揺らぎない「私」のふりをしているだけで。

    絵本で『ぼくのニセモノをつくるには』というのがあるけれど、自分を定義するには、かなり細かい情報が色々あって、でも、それをすべて並べたとしてもまだ「自分」を作ることはできない、そう思いたいのだ。私がどこかの「私」のコピーだなんて、思いたくないけど、「私」がここにしかいない、唯一絶対のもの、自分で作り上げた「私」でしかない、という証明はできない。ただ証拠もなく、私は唯一絶対の「私」なんだ、と信じていくしかない。だって、それを突き詰めようとしたら、受け止めきれない。だから、この小説も消化しきれなかった。

    消化しきれないことが、この小説の魅力だと、今は思う。歳をとって、結婚したり、子どもを持ったりして、自分の状況が変わればまた違う感想が生まれてきそうなので、いつかまた読みたい。

  • これほど「シ」を美しく描かれることはあるだろうか。

    代々受け継がれてきた「ぬか床」という「ダサい」ものを囲んで次々と現れる「命」。この根源のある「沼」に辿り着くまでに、様々な人や歴史をたどっていく。
    これほど古臭いものが美しいラストを描けるって素敵。


    私は恋愛に「褪めて」しまった人が振り回される話がとても好きみたい。

  • ぬか漬けが恋しくなる初夏の頃に読みました。
    自己はどこまで自己か他者の介入が本当にないと言えるか…レイヤーの様に他者が重なった自己は自己か?竹藪の竹の様に見えてる部分は一本一本だけれども根は一つなのではないか?
    象徴的なものが繰り返し出てくるのでそれが何かはわかるんだけど。うーん。
    相変わらずこの方の文章は家の中に集約していく様で外を向いてる。そして人間以外の気配が多いなと。この雰囲気は好きなので楽しめました。

  • 代々受け継がれてきた「ぬか床」を譲り受けたときから始まった奇妙な出来事。いるはずのない人が現れ、奇妙な出来事がつづき、そしてついに彼女は先祖の土地へそのぬか床へ返しに行くことを決意してゆく。
    ぬか床、という鍵そのものから独自性を感じますが、奇妙な成り行きな話はユーモア交じりの描写も含みつつ穏やかに丁寧につづられていきます。その静かな説得力にほだされてか、いつの間にかしっくりとその「非現実」を受け入れて読み込めるようになります。
    ぬか床が抱えていた自分たちのいわれの深遠さは、くらりとするほど生命の根源にも迫るとてもダイナミックなものです。それに相対する終盤の場面ではこんな根源の問題にこれだけ真摯にアプローチするのか、という感銘を覚えました。
    形のみえないもの、今現在ここにないものにたいして、これだけの想像力を発揮してそして面白く読ませるという描写力を思い知った物語でした。

  • 久美の女性性が希薄なところに好感をもって読み進めたが、カッサンドラの登場によって久美の深層が露わになり、読んでいて切なくなった。
    そしてシマの話を経て、男性性を捨てることにアイデンティティを抱いた風野の登場により、この本のテーマの1つが生殖であることが察せられた。
    ファンタジー的な部分や難しい菌や酵母の話はさておき、性別から逃れられない二人が有性生殖や無性生殖について真剣に考えるところに、この本の面白さはあると感じた。
    そして淡白な久美の一人称でつづられるラストの流れで、こんなにドキドキするとは思わなかった。とてもロマンスがある描かれ方だったと思う。
    そしてラスト2ページは、これまでの淡白さが嘘のような暖かさで、3度繰り返し読み、本を閉じた後に思わず涙が出てしまった。

  • ぬか床の怪異から物語がこんな風に転んでいくとは。菌の話だけでも、その多様さが興味深かったけれど、さらに、男性性・女性性のこと、生命の源泉とつながり、深いなぁ。深すぎて少し、あっぷあっぷ。少し時間を空けて、もう一度、この深みに入ってみよう。

  • こんな小説も書けるんだとびっくり。
    通俗的なこと、科学的なこと、哲学的なこと、宗教的なこと、色々な要素が見事につまって、でもバラバラにではなく一つの方向へ結実している稀有な本。菌類がすごく気になってきた。
    循環と更新、生と死といったテーマは作品が違っても通奏低音のように流れていて、この著者の作品を短期間のうちに読んでるからこそ感じられるものだなぁと思った。集中して一人の作家を掘り下げていくのも、やはり面白い。

  • 全ては、細胞の見た夢。

    遺伝子を運ぶ船、種が生き残るための戦略の一つ。
    それよりもっとスケールの大きいはなし。

    今生きていること全てが、最初の1つが望んだことの結果かもしれない。
    それは、ある意味では「私」の「生」自体を揺るがすような事実かもしれない。


    なのに、語られているのは、絶望でもなく虚無感でもなく、希望だ。
    孤独は、他を求めることの原動力。
    孤独は、他への愛の原動力。
    そのことは、私だって知ってるんだ。


    まだ、全てを飲み込むには未熟だ。
    時間をおいて、全てを飲み込んでみたい。

  • 物語は、たかが台所の隅に置いてあるようなぬか床から始まるくせに(とはいえ、普通のぬか床ではないのだが)テーマが壮大で、視野の狭い私にはうまく消化できない。

    物語の途中に突然入り込んでくる不思議なシマの世界や、ぬか床自体も色々なものにシンボライズできそうで、あれこれぼんやり考えていると散漫になって、感想を書こうにもまとまらない。

    生命の営み、 宇宙のはじまり、 破壊と誕生の輪廻、 自我というもの、 自生や寄生について、 進化、など。
    何年後かにもう一度読み返したら新たな発見があるのかも・・・。

  • ぬか床から始まる物語。そこからまさか、微生物レベルの話になるとは思わなかった。
    そもそもぬか床を話の主柱に置いた話に出会うのが初めてかもしれない。

    「おなじぬか床はふたつとない。しかもそれは変わりつづける。あとから少しづつ違うものが加わることで、オリジナリティが更新されていく。」というのが良い。人や個、も同じ。
    私は父の繰り返しでも、母の繰り返しでもない。

    私たちにまとわりつく「孤」の原点は宇宙で初めて現れた細胞の持っていた孤独。ひとつのものから分裂して出来たそれぞれの個も、少し離れてみるとすべては大きく、緩やかにひとつのものとして考えられる。

    かなり壮大な物言いにも思われるけれど、この解釈はなんだか好きだ。
    自分というものをポイ、と呑気に手離してしまえるような気持ちになる。

    フリオが自らを沼の人ではないか、と言い出すシーンと、
    島の村に向かう車中でのシーンが特にすき。
    だんだんと増殖する細胞のように、
    広がりをみせる久美の物語に
    ぐっと引き込まれる。

    そこまで甘すぎず、ファンタジック過ぎない本作、梨木さんの作品の中でも特にお気に入り。

  • 感動したというより、
    慰められる気がした一冊。

    主要人物が性に対して嫌悪感を持っているため、
    恋愛的な雰囲気はないが、
    恋愛というかたちそれ自体を考えさせらる。
    あれじゃないこれじゃないと、
    不毛に恋愛を繰り返している人達を、
    私は少し遠くから見て見下していたが、
    どうでもよくなった。

    色々難しい話もでてくるが、
    その話が逆に恋愛のいやらしく見えてしまう部分を払拭してくれた。
    そしてそれは、多くの恋愛小説にある駆け引きや、
    自分アピール大会に使われるような、
    単なる知識のひけらかしではなく、
    歴史的な観点から、
    生物学な観点から、
    様々な角度から生命と孤独に対して切り込んでいく淡々とした作業であって、
    ずっと2人は人間対人間で向きあっている。
    その先に恋愛があると私も思う。

    でも、
    途中話の筋が読めなくなり、
    頑張って読んだ部分があったので、
    初めて読む人には星4つですが、
    読後は星5つです。

    繰り返し読みます。
    梨木香歩さんの本はとても合います。

  • 叔母から引き継いだぬか床から卵が生まれる。
    この設定だけでもう大好きになってしまった。

    有り体な自分探しの旅ではなく本当に字義通り自分のルーツをたどって、自分とはというよりかは自分という人間は何か、自己と自己じゃない部分の境目には何があるのかを酵母菌やらアメーバやらテツガクやらで探っていく壮大な旅物語。(主人公は研究所務めで成分分析の仕事をしている独身女性)

    死者も生者一直線上に存在として描かれている。

  • まさか「ぬか床」から生命の起源に持っていくとは。。。梨木さんの懐の深さに脱帽。梨木さんの頭の中はどうなってるのだろう。
    不可思議な話しだけど、ぐいぐい引き込まれてとんでもないところに連れてかれて、読み終わってなんか分からんけど幸せな気持ちになる。
    私の語力ではこの話しの良さを表現できないのが歯がゆい。。。
    「リカさん」がまた読みたくなった。

  • 絶対的に逆らえない存在がありながら、生きるということ。
    それを受け入れて生きるということ。

  • どんな哲学書よりも、間違いなくためになる哲学書。
    と、私は思う。
    哲学と言うか、倫理と言うか、摂理と言うか、生命と言うか、
    とにかく繋がっている、そしてひとつである。
    ひとつであれ。
    光であれ。

    私もいつかそんな出会いができるだろうかと悩む今日この頃。


    2013.7.21追記
    改めて読んだけど、読むほどに謎が深まる。
    けど、改めて思ったのは、
    「ひとり」であっても、「孤独」ではなくて、
    「ひとつ」であっても、生命はすべてつながっているということ。

    『あなたの手のぬくもり/命ということ』とは谷川俊太郎さんの詩だったかしら。なんだかふと思い出した。

  • 糠床にまつわるファンタジーなんだと思って読んでいたら、どんどん物語が壮大になってきちゃって慌てる。
    発想が面白いし、読みやすいし、楽しかったです。
    ただラストがムリクリ感動でまとめられてしまったような。
    私が求めていたラストはこれじゃないんだけど、感動。みたいな。

  • ぬか床である。恐らくほとんどの日本人なら言葉くらいは聞いたことがあって、でも今や一家に一個あるんだかないんだか、てか普通ないわー、的な存在なんだけども、まだ過去の遺物になりきってもいない、微妙なスタンス。そのぬか床から生まれるなんだか奇妙なファンタジー、かと思ったら驚くほどにSFチックというか、なんというか、読み始めた時に感じたのと、思ってたのと違う感が!ちと残念だったのでした。
    しかし浅漬けよりはやっぱりぬか床で漬けたほうがうまいよねぇ。

  • 夏になると読みたくなる梨木香歩。
    長年なんとなく読む機会を伺っており、とうとう読んだのですが、その甲斐がありました。
    島、とあったので、からくりからくさと何か関係が、と思ってたのですが、島違いだったのかな。

  • どこまでも感じること、表現することは許されているのだなと思いました。
    自由な発想の中でも、いわゆる日常的なシーンもたくさんあるから、ストーリーはしっかり進んでいるのがすごいなと思います。
    本来あるべき姿、何が必要で何が必要でないのかはとらえる枠が変われば、その線引きもやはり変わるわけで、全ては緩やかに1つなのかと大いに納得。
    今一度転がしながら読みたいです。

  • 梨木香歩さんの小説世界には、不思議がたくさん
    入っていて面白くて好きですが、
    コレは不思議過ぎる…
    文章からのイメージを頭に描こうと思っても
    「エ?」みたいな…謎過ぎる。

    どう言う事かは読み進んでから…と思って
    進む程に、「まじかー」と口にしそうになる。
    ファンタジーにも程が有る…
    予想外過ぎて、うおー、です。
    これ、映画とかに出来ないだろうなー…
    見てみたいけどー…何か、出来ないだろーなー。

  • 日常と非日常、科学と詩的ロマンが、分離しながらも溶け合おうとするような、奇妙で危ういバランスの世界観。序盤からもう只事じゃない。
    菌類のミクロの宇宙を久美たちと覗くうちに、一個の生命体としてここにあることの「不思議さ」に向かって目が開かれていく......。心にガツンとインパクトを食らわせてくれる、どでかい質量を抱えた物語でした。

  • 「西の魔女が死んだ」のような、ほんの少し影があるやわらかな森の中のような話を予想して読み始めたけれど、内容はもっと、濃いものであった。個体としての境界や性別、生殖について。わたしに響くものがあった。これから何度も読むことになるように思う。

  • 壮大な物語だった・・・
    生と死。
    それも細胞レベルでの生と死、形を変えながらも永遠とめぐっていく命がテーマなのかなと思いました。
    途中で入ってくる『かつて風に靡く白銀の草原があったシマの話』。
    最初は正直、良く分からないしこれいるのかな?と思っていたのですが最終章を読んで、何となく繋がったような気がしました。
    それまでは本編とサイドストーリーという感じだったのが、最後の最後にしてきれいに合わさったという感じ。
    うまく言葉にできないですが、パズルの最後のピースがパッチっとはまった時の喜びとも快感ともつかないような感覚を覚えました。

    そして、登場人物の人が主人公に問う、「自分って、しっかり、これが自分って、確信できる?」のセリフ。
    個性とは、自分とは何なのか。
    考えさせられるものがありました。

    最初の1日で1章・2章を読んで、えっ?!ホラー?と思い、読みすすめようかどうしようかと思ったのですが、しっかり最後まで読んで良かったと思います。

  • 前半は好き。後半はあんまり共感できない。なぜそうなる。

  • 有り得ない設定にビックリしてドンドン読み進めてしまいました。

    最後は、やらしさがないのになんだか官能的かつ神秘的でした。

    フリオの子どもはどうなるんだろう…
    それだけ、なんだか取り残されたような気持ちです。

全222件中 1 - 25件を表示

沼地のある森を抜けて (新潮文庫)に関連する談話室の質問

沼地のある森を抜けて (新潮文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

沼地のある森を抜けて (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

沼地のある森を抜けて (新潮文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

沼地のある森を抜けて (新潮文庫)の作品紹介

はじまりは、「ぬかどこ」だった。先祖伝来のぬか床が、うめくのだ-「ぬかどこ」に由来する奇妙な出来事に導かれ、久美は故郷の島、森の沼地へと進み入る。そこで何が起きたのか。濃厚な緑の気息。厚い苔に覆われ寄生植物が繁茂する生命みなぎる森。久美が感じた命の秘密とは。光のように生まれ来る、すべての命に仕込まれた可能性への夢。連綿と続く命の繋がりを伝える長編小説。

沼地のある森を抜けて (新潮文庫)はこんな本です

ツイートする