エストニア紀行: 森の苔・庭の木漏れ日・海の葦 (新潮文庫)

  • 169人登録
  • 3.49評価
    • (1)
    • (18)
    • (19)
    • (1)
    • (0)
  • 18レビュー
著者 : 梨木香歩
  • 新潮社 (2016年5月28日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (212ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101253428

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
宮下 奈都
エラ・フランシス...
三浦 しをん
梨木 香歩
梨木 香歩
梨木 香歩
有効な右矢印 無効な右矢印

エストニア紀行: 森の苔・庭の木漏れ日・海の葦 (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

  • 飾ることのないエストニアの歴史と今を、静かだけれど熱をもった文章で伝えてくれる、9日間の旅の記録。

    あとがきを読んでようやく、著者がエストニアに惹かれる理由がわかりました。
    大国の狭間で長き支配に堪えてきた国は、"境界"をテーマのひとつにされている著者にとって、特別な土地だったのでしょう。
    他国の支配の最中でも、祖国への愛情を静かに、けれど確かに抱き続けたエストニアの人々。
    どんなときでもポジティブに日々を楽しむ、という強さ。
    その強さが国の土台を支えていることの頼もしさに打たれました。

    チェルノブイリ原発事故後の汚染地域が、現在は野生動物の聖地となっているという話題に苦しくなりました。
    動物たちは、放射能よりも人間のいる土地を避けたのか。
    「人間が暮らす」ということの地球に与える影響の大きさを思い知らされました。

  • くまと化学部隊
    蛭の民間療法

  • 梨木香歩のエストニア紀行を読みました。
    森の苔・庭の木漏れ日・海の葦というサブタイトルがついています。

    梨木香歩がエストニアを旅行して豊富に残されている自然を堪能します。
    エストニアに生きる人たちの生活も描かれていて、なぜか懐かしさを感じてしまいます。

    大量生産・大量消費の生活に慣れてしまった日本人が忘れてしまった自然との共存がまだそこには残っているのでした。

  • 実は女性作家が苦手である。おまけに小説に食指が動かなく
    なってからかなりの年月が経つので、本書の著者の代表作と
    も言える『西の魔女が死んだ』も『裏庭』も読んでいない。

    それなのにいきなり紀行文に手を出してしまった。お隣のラトビア
    のリガにはしょうもない理由で行ったことがあるのだが、エストニア
    は行きたいと思いつつ、未だに訪れたことがない国だからだ。

    申し訳ないのだが、私にはこの著者の文体がまったく合わなかった。
    倒置法と括弧書きの多用でいらついた。

    そして文章を繋ぐのに「でも」でもなく、「しかし」でもなく、「だが」でも
    なく、「が」で繋ぐ書き方。これが私は大嫌いである。アナウンサーが
    話し言葉で「で」を多用するのと同じくらいに嫌いである。

    そもそもなんでエストニアなのかが分からないんだな。一応、仕事
    で訪れているのだがこの紀行文を書くための仕事なのかな。編集者
    が同行しているのでそうなのだろうけれど。

    著者が動植物に詳しく、自然を愛している人だというのは分かるの
    だ。だが、肝心の自然を表現する描写に弱さを感じる。

    紀行文というのは読んでいるうちに自分が一緒に旅をしている錯覚
    に陥る楽しみがあると思うんだ。本書にはそれが一切なかった。

    文章の向こう側に拡がるエストニアの風景が立ち上がって来ない。
    風の強さが感じられない。空の色が見えてこない。森や林の匂い
    が漂って来ない。そうして、訪れた街の温度が伝わってこない。

    出会った人に対しても、食べた料理に対しても、建築物に関しても
    「素朴」という言葉がどれだけ繰り返されていることか。

    残念だ。女性たちの民族衣装の肌触りくらいは書いて欲しかったの
    だけれどね。

    大国に翻弄されて来たエストニアの歴史や、著者自身の自然に対
    する考えなども記されているのだが、どうも深みが足りない。

    気軽に行けない国や地域であるからこそ、紀行文を読んで行った気
    になって楽しむのが常なんだが、エストニアは自分で行かなきゃダメ
    かしらね。

    それにしてもプロの作家さんが「損得感情」って書いてしまうのはどう
    なのかしら。誤植?それとも造語?

    尚、私はエストニア出身の元大関・把瑠都が好きだった。横綱になって
    欲しかったのだけれど、優し過ぎたのかな。

  • とても良かった!後半は鳥の話が多くてちょっと着いて行けなかったけど、全体を流れる雰囲気がふんわりしていて、森や島を感じさせる没入感を感じた。エストニアにぜひ行きたくなった

  • 私の気持ちのお薬。疲れたときに安心させてくれる気がする、梨木香歩さんのエッセイ。彼女のレンズを通して伝わる世界は、時折残酷なところもあるが、概して「ありのまま」に優しい。エストニアで出会うひとびとを捉えるときも、歴史についての述考を書く際も、レンズは誠実に(歪んだり、遠近をドラマティックに演出したり、色を付けることなく!)あり続ける。異国の風景を近くに、においをすぐそばに感じてうれしかった。

  • エストニアというあまり馴染みでない国の紀行文であること、表紙の虹、著者の小説が好きなことが本書を手に取ったきっかけ。

    ターシャテューダーのように植物や自然と暮らしているような印象。そこに来て作家であるということで文章が面白い。
    笑い転げるような類の面白みではないけれど。
    さらりと読めない文を書く人。よく吟味して書かれているのだと思う。一字一句丁寧に読みたくなるし無駄もない。

  • この人の感じ方、考え方、表現の仕方に憧れる。

  • 落ち着きたい時にだらだら読んでいる本。常に持ち歩いている。エストニアに行きたい。

  • 旅には目的地を楽しむことと
    旅のフィーリングを楽しむこと、大きく2つある。
    本書は後者の気分が色濃く出ている。

    だから観光案内を期待して読むと
    少し肩すかし感があるとは思う。
    ただ、できるだけ誠実に旅行者として
    そこにある土地の目線に寄り添おうという
    筆使いは好感が持てる。

    また、これは辺境のための文学としても描かれている。
    辺境についての、でも辺境による、でもなく、
    旅行者としての資格で辺境に捧げられている。

    作者としての姿勢であり、優しい人柄を感じもするが、
    言葉は本来的にもっと暴力的なものだ。
    その暴力を極力発現させないようにと気をくばっていることは分かる。

    だが、そのような意識があるなら、
    なお踏みにじることもありうるような
    書きぶりがあっても構わないと読者としては思う。

    そういう意味ではそこが先鋭的に現れている
    アメリアの幽霊話は好きなエピソードとして挙げられる。

  • エストニアの空気が感じられるー冊。一度訪れてみたい場所のひとつ。

  • 作家梨木香歩によるエストニア紀行。さてエストニアとはどこにあったっけ? それくらいの知識しかもたずに読み始めましたが、すぐにその地に引き寄せられました。
    梨木さんの目を介してエストニアの文化と自然を見る。きっと自分がその地に立った時には気付きもしないものに気付かされ、エストニアの魅力に心を寄せます。
    人の営みである文化や歴史。それは侵略を受けそれでも守り通したもの。僻地であり境界であるが故に生まれた世界。過去から連綿と続く人々の息吹を感じさせます。そして人が介しなかったが故に残った自然。人が人の理屈で離れた土地だから動植物がそれぞれの様相を成す。しかし人が介することによって姿を現す自然もまたあるということ。人も自然の一部なのか、自然も文化の一部なのか。梨木さんの目はその地の人々に自然に動植物に寄り添いながら、もう片方の目は異邦人としての目をそのまま残しています。そのため生まれる対象物との距離感が心地好く、遠い地に心を飛ばすことができます。

  • 初読。梨木さんらしい人や自然と触れ合いの旅。他人事ながらスケジュールがタイトそうで、もう少しのんびりできたらまた違った空気感なのかなあと想像。なぜか不意に幸田文さんの『木』を思い出し、読み直してみたくなった。

  • ITが発達している、と聞いたのと読んでの印象が結びつかないので、これは実際行ってみるしかないのでしょう。

全18件中 1 - 18件を表示

エストニア紀行: 森の苔・庭の木漏れ日・海の葦 (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

エストニア紀行: 森の苔・庭の木漏れ日・海の葦 (新潮文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

エストニア紀行: 森の苔・庭の木漏れ日・海の葦 (新潮文庫)の作品紹介

昔の生活が残る小さな島の老婆たち。古いホテルの幽霊。海辺の葦原。カヌーで渡る運河の涼やかな風。そして密かに願ったコウノトリとの邂逅は叶うのか……。北ヨーロッパの小国エストニア。長い被支配の歴史を持つこの国を訪れた著者が出会い、感じたものは。祖国への熱情を静かに抱き続ける人々と、彼らが愛する自然をつぶさに見つめた九日間の旅。

エストニア紀行: 森の苔・庭の木漏れ日・海の葦 (新潮文庫)はこんな本です

ツイートする