0(ゼロ)をつなぐ (新潮文庫)

  • 327人登録
  • 3.27評価
    • (15)
    • (22)
    • (113)
    • (9)
    • (0)
  • 23レビュー
著者 : 原田宗典
  • 新潮社 (1993年6月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (196ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101254227

0(ゼロ)をつなぐ (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 短編集。この著者は初読みなんだけど、う~ん……(--;) 可もなく不可もなくで、なんとなく読み終わってしまった。一ヶ月後には内容すっかり忘れてるタイプの本だ…。この短編が実は全て繋がっていた、とか、そういうオチがあれば良かったかも…

  • 大学1年だった

  • 読書録「0をつなぐ」3

    著者 原田宗典
    出版 新潮社

    P38より引用
    “ふと、何かとても大切な約束を忘れているような気がした。”

     コピーライター、小説家、エッセイスト、劇作家と多方面で活
    躍する著者による、少し怖い非日常を描いた短篇集。
     高層マンションでの話から姿のない尋ね人についてまで、後を
    引く怖さのある話が収録されています。

     上記の引用は、とある話の冒頭の一文。
    誰にでもあることだと思いますが、これほど気持ちの悪い感覚も
    無いのではないでしょうか。こういうことがあると、一日中その
    ことが頭の中で回ってしまい、もやもやしたままその日を過ごし
    てしまいがちです。しかし思い出したとすると、大抵なんという
    ことのないことだったりして、二度ももやもやすることが多いで
    す。
     短編にしても短い話ばかりなので、時間の無いときでも読みや
    すいのではないでしょうか。

    ーーーーー

  • 原田さんの短編小説の特徴でもあるちょっと不思議でちょっと怖いストーリーだけれど読みやすくて、電車の中やちょっと時間があるときに読めるところが良いと思う。

  • シュールというか不思議というか、オチがあるような無いような。
    確か特にお気に入りの話があったような・・・
    移動する文字の話だったかな。「もしもし?」のあれだったかな。
    とにかくこの1冊が大好きで何度も読み返しました。
    ・・・久しぶりにあとで読もう。

  •  原田宗典のユーモア・エッセイについては評価は大である。だが、小説『スメル男』しかり、今回の『0をつなぐ』についても普通を超えることはない。狙いはおもしろい、このテーマで違う作者が書くともっと怖くなるるのだろう。何がいけないのだろう。文章にこなれ感がなく、なぜだかわたしには素人ぽく感じるのである。

  • 今までに何度読み返しただろう。
    不思議と飽きがこないのは、傑作の証なのだろう。

    『ビデオテープでもう一度』が一番のお気に入りだ。

  • 「原田宗典らしい短編」といえばこれだろうと思う。
    どんな作家なのか、と気になる人が居るならこれをまず勧める。

    生活の中に潜む「何かおかしい感覚」を抽出したような短編。
    ここまで何とも言えない読後感を出す作家というのはなかなかいないのではないだろうか。

  • こわいよう…

  • 図:再読 久々の原田作品。自分自身の懐かしさと再読してもハラハラできる質の良さに敬服。さいアリ時の携帯本。

    内容(「BOOK」データベースより)
    ごくありふれた日常生活の風景にふと顔をのぞかせる不安や違和感を題材に、都市に住む人間の乾いた心理を映す13編。あなたもよく感じている“奇妙な感じ”を描く短編集。

全23件中 1 - 10件を表示

原田宗典の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
原田 宗典
有効な右矢印 無効な右矢印

0(ゼロ)をつなぐ (新潮文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

0(ゼロ)をつなぐ (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

0(ゼロ)をつなぐ (新潮文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

0(ゼロ)をつなぐ (新潮文庫)はこんな本です

0(ゼロ)をつなぐ (新潮文庫)の単行本

ツイートする