食い意地クン (新潮文庫)

  • 169人登録
  • 3.34評価
    • (7)
    • (19)
    • (31)
    • (5)
    • (3)
  • 24レビュー
著者 : 久住昌之
  • 新潮社 (2013年10月28日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (222ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101254517

食い意地クン (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 2004年に出た単行本は買いそびれてしまったのでこれはうれしい文庫化。

    食エッセイって読んでいて食欲を刺激されるのが普通だが
    これは読んでいてその内容に共感できる。
    収録されている大根、豆腐、さんま、そうめん、キャベツはホント共感できる。……いや、共感しないでどうする?ってくらい共感する。
    共感させてください。

    特に、そうめんはツボ。
    薬味に刻みネギ、細く切ったシソの葉、ミョウガにショウガなんてもう!わかってるじゃないか‼久住さん‼って声を大にして言いたいくらいだ。

    自分の場合、薬味は小皿にひとまとめにするのではなくそれぞれを小鉢にどっさり用意する。
    あっショウガだけは小皿に少しで結構。
    そして、自分はこれにもう一品 天ぷらを足す。
    といっても海老、いか、穴子なんてちょいと高級なやつじゃない。
    玉ねぎのかき揚げ。
    これで充分。これが最高。
    そば猪口は大きめな物。
    で、その中に薬味をたっぶり入れて(もちろん、めんつゆも)そうめんを食べる‼
    ネギのシャキシャキ、シソの葉とミョウガのさっぱり感、ショウガの爽やかな辛み、そしてめんつゆがそうめんに絡んで……嗚呼、美味い!
    そんな手の込んだもんじゃないのに美味い‼
    そうめんを二口、三口食べたら今度はかき揚げ。
    さっぱりした後のかき揚げのジャンク感がたまらない。
    追ってすするそうめんがまた美味い!
    かき揚げを何回かめんつゆに浸けてくと、ころもが溶けてめんつゆにコクが加わわる。
    これがまたそうめんを更に美味くする‼
    もう夏だけと言わず、春・秋・冬もそうめんを食べたい‼
    と、思わせるくらい ネギ・シソの葉・ミョウガ・ショウガ・かき揚げで食べるそうめんは最高。(因みに冷や麦でもイケる)

    と、すっかり本のレビューから脱線してしまったが共感できる上にその食べ物についての持論を語りたくなってしまう本でもある。

    尚、2004年の単行本はオマケ4コマに描かれているクイーヂ君の顔が表紙になっているのだがこの文庫では見ようによっては妙に不気味な久住昌之のイラストが表紙になっていてパッと見 食エッセイ本にみえないのが難点(笑)

  • まるで『孤独のグルメ』の五郎さんのモノローグが本になったようだ。原作者だから当然と言えば当然なのだが(笑)イラストと4コマ漫画のギャップがすごく、私的には4コマ漫画はなくていいです。「いもや」の天丼、ぜひ食べたい!

  • ゆるい感じがたまりません。

  • 食い意地…というと卑しい感じがするが、それは著者のちょっとした謙遜&照れ隠しであろう。
    その実は、食に対する愛…かな。

    お品書き(目次)に並ぶのは、誰でも食べた事のあるメニュー。
    自分が食べた事のない物は、『韓国のお刺身』だけだ。これはぜひ食べたい!

    こういう、国民食みたいなものを、他の人はどんな事考えながら食べているか、そんな興味も尽きない。
    抜粋したい、すごい表現もたくさんあったのだけれど、夢中で読んでいるうちに忘れました(笑)

  •  孤独のぐるめの人による、ゆるい食べ物エッセイ。同じくゆるいイラストとともに、細かい視点で細かいネタを綴る。豚と納豆のところは大きく同感。そのとおり!と膝を打つ。他は極私的記述、感覚のせいかそれほどの共感を得られず残念。孤独のグルメのように松重氏のセリフを想像しつつ読むも、あっという間に終わってしまったので、次回はもう少し大盛りでお願いしたいところ。
     というか、孤独のグルメ(漫画)をまず読むべしか。

  • 『孤独のグルメ』の原作者なので期待してたのだがイマイチ。最初の『焼肉』を読んだ時点であらら…なんだかそこらへんのおっさんのうんちくって感じ。『あんぱん』あたりはよかったかなぁ。

  • 外出先で手持ちの本を読み終えてしまい、通りがかりの本屋の新刊文庫コーナーでピックアップ。

    ショージ君の域にはまだまだだな・・・。

  • 「孤独のグルメ」原作者が描く半径50メートルのグルメ!
    愛する16品目のメニューについて熱く語る抱腹絶倒のエッセイ。

  • (^.^)

  • 美味しいものを食べているときのことを頭に想像してしまう、料理屋さんでのあるあると作者のこだわりをふんだんに、身近な言葉で語ったほっこり系エッセイ。「とんかつ」あたり、あーわかるわー、って感じになる。

    庶民派で誰もが一度は食べたことあるだろう、なラインナップの中に何故か混ざってる、韓国の黒鯛の刺身エピソード…

全24件中 1 - 10件を表示

久住昌之の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
米澤 穂信
久住 昌之
伊坂 幸太郎
三浦 しをん
有効な右矢印 無効な右矢印

食い意地クン (新潮文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

食い意地クン (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

食い意地クン (新潮文庫)の作品紹介

この俺を野蛮人にしてくれる、狂わせてくれる、そういう食べ物の中に間違いなくカレーライスがある(本文より)。焼肉、ラーメン、とんかつ、ナポリタン、大根、塩辛、立ち食いそば、キャベツ……。『孤独のグルメ』原作者である著者が、愛する二十六品目のメニューについて、熱く語ります。あなたはこのエッセイに抱腹絶倒しながら、やがて激しく共感している自分に気付くでしょう。

食い意地クン (新潮文庫)の単行本

ツイートする