ラブレス (新潮文庫)

  • 822人登録
  • 4.10評価
    • (116)
    • (136)
    • (55)
    • (12)
    • (2)
  • 119レビュー
著者 : 桜木紫乃
  • 新潮社 (2013年11月28日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (413ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101254814

ラブレス (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 姉妹として生まれた百合江と里実。
    ふたりはまったく違った人生を歩んできた。
    姉の百合江は思うがままに生き、けれど宝物のような思いはじっと胸に秘めたままに。
    里実は地に足をつけた堅実で平和で、誰もが幸せだろうと感じるような生き方を。

    過去があって今がある。
    今があるから未来がある。
    そんな当たり前のことをあらためて感じさせてくれた物語だった。
    哀しみも苦しさも、辛さも後悔も、すべてはやがて過去になっていく。
    その過去に支えられたり、だからこそ前に向かって生きていこうと思えたり、つながりあっていく時間の中で紡がれていく人生という物語。
    期待せずに読み始めたけれど思っていた以上に入り込めた物語になった。
    終わりよければすべてよしではないけれど、人生の最後に誰かに泣いてもらえるような生き方はやはり幸せな人生と呼んでもいいのでは?と感じた。
    長編だけれど長さを感じさせない物語だった。

  • 最初は辛くて最後まで読むことができるのか
    ページを繰る手が滞りそうになったりも。

    辛いながらも
    ラブレスというよりもむしろ
    愛に包まれているゆっこの人生。
    親や姉妹、子どもや恋人、様々な愛の形をとおして
    人生を見つめる作品だったように思う。

    自分勝手気ままに生きていくにも
    覚悟を決めて腹をくくることには変わりはない。
    自分を全うする生き方の悲しみが浮き彫りになったけれど
    それはそれで
    不幸じゃないと思った。

  • 裏表紙の内容紹介に、「女三世代の凄絶な人生を描いた圧倒的長編小説」とあったので、ある程度覚悟しながら読み始めたら、主に百合江の生涯についてに焦点を絞った内容でした。

    百合江の身に起こった綾子の事件については、今の私にはかなりこたえた。そんな状況になったら私はきっと半狂乱になって暴れまくると思う。そしてきっと精神病院にほりこまれるのでしょう。

    「ラブレス」というタイトルをどうしてつけたのか?
    カタカナの響きと、昭和の時代を描いている内容がなんだか似合わない気がするのは私だけですか?

    愛が無いということかしら?
    でも結局は愛があったんじゃないかな。

    いろいろな点が自分の人生のそれぞれのシーンと少し重なる部分があって興味深かった。

    時代があちらに行きこちらに行きするので悲惨さが軽減されているのだと思う。

    そして百合江は苦労したかもしれないけれどそこそこ自由で幸せな人生を送ったと思う。

  • タイトルから現代的な恋愛ものかと思いきや、意外にも骨太な女三代記でした。北海道での貧しい生活から旅芸人の一座へ飛び込んだ姉の波乱万丈の恋と人生を軸に、堅実な妹や苦労人の母、そしてそれぞれの娘世代との確執まで掘り下げてあって、なかなか重厚な読み応え。想像してたイメージとは違ったけれど、とても面白かったです。

    難を言えば、なぜか登場人物の女性たちの名前が全然頭に入ってこなくて困りました(年のせいか?苦笑)。平凡な名前なのに、誰が誰の娘だったかちょいちょい混乱。百合江の娘が理恵、里実の娘が小夜子、それだけなんだけど。(やっぱ年のせいですかね?苦笑)

  • 評価は5.

    内容(BOOKデーターベース)
    謎の位牌を握りしめて、百合江は死の床についていた―。彼女の生涯はまさに波乱万丈だった。道東の開拓村で極貧の家に育ち、中学卒業と同時に奉公に出されるが、やがては旅芸人一座に飛び込んだ。一方、妹の里実は地元に残り、理容師の道を歩み始める…。流転する百合江と堅実な妹の60年に及ぶ絆を軸にして、姉妹の母や娘たちを含む女三世代の凄絶な人生を描いた圧倒的長編小説。

    時折誰が話した言葉なのか分からなくなるような場面もありつつ、読む手が止まらなくなる内容だった。単なる恋愛小説では無く深かった・・・。

  • 杉山百合江の生涯。
    子の綾子と理恵、妹の清水里美と子?小夜子。
    姉妹の母、ハギ。
    位牌を抱いて絶命しそうな彼女の思いは深く、貧乏が故にどうしょうもない生涯を描く。
    前半は、ラブレスの題名通りと思っていたが、とんでもなく愛に溢れた話でした。
    すごく桜木志乃らしい作品です。

  • 壮大で壮絶な人生を生き抜いた百合江の一生。
    読み応えがあったけれど、途中で何度か読むのを辞めたくなるときがあった。
    辞めたいというより、辛いことがこれ以上起きてほしくない、進みたくないといった方が近いかもしれない。
    そして、登場する人物の相関関係が分からなくなる時が多々あり、理解するのに混乱すること多々あり。(血の繋がった父母子、という所謂普通の家族の繋がりがこの作品ではかなり少ないので。清水家やその時その時のいろんな男性が出てくる点。)
    それだけ、この作品では本当の血の繋がりなんて実はどうでもいい反面、やはり血は血であり、血は争えないということを節々で気づかせてくれた。

    作中にキーアイテムのように登場する「星影の小径」「テネシーワルツ」「情熱の花」どれもいい曲ばかりで動画サイトで聞き入ってしまった。
    聞いてからは、鶴子の一座、宗太郎とのギターで、一人アパートの部屋で歌う百合江の姿がより鮮やかに想像することができたような気がする。
    ラストの描写は賛否両論あるようだけれど、老人の正体が分かったところで私はこの作品は壮大な愛の記録なのだと、確信した。

  • おもしろかった。
    綾子がいなくなったところで一度本を閉じなくてはならず、綾子がどうなったのか気になってしょうがなかった。最後にその後の綾子のことがわかるけれど、それでよかったとは思えない。
    また、百合江の最期にその人物が会いに来るとは思わなかった。
    ラストがよくわからない。この終わり方が納得できないのではなく、ついていけていない感覚。いつかもう一度読んでみよう。
    しかし「ラブレス」というタイトルにひっかかる。作者はMy Bloody ValentineのLovelessを知っているのか?知っていてこのタイトルを付けたのなら、かなり挑戦的というか自信家というか。

  • もっと軽く読めるタイトルかと思いきや、あらすじが女三代の人生とかいう厳つい内容だったので読んでみました。

    愛がない。
    と言うタイトルだったけど、やっぱり愛はあるもので。
    ただすれ違いと周りの環境で、変わってしまっていて。ゆりえがただの家に納まる人だったら得ないであろう人生でした。
    北海道の開拓時代から始まる話

  • いやぁ、けっこうキツかった。
    こんな貧しくて逃げようのないお話、読んでいられないと思いながら読み進めてもう逃れられない。
    姉妹の確執、家族との確執、柳のように、折れずに、流れ、流されて。

    書き手の力量で読み切らされてしまった。
    久しぶりに骨太な物語を読みました。

全119件中 1 - 10件を表示

桜木紫乃の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

ラブレス (新潮文庫)に関連するまとめ

ラブレス (新潮文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ラブレス (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ラブレス (新潮文庫)の作品紹介

謎の位牌を握りしめて、百合江は死の床についていた――。彼女の生涯はまさに波乱万丈だった。道東の開拓村で極貧の家に育ち、中学卒業と同時に奉公に出されるが、やがては旅芸人一座に飛び込んだ。一方、妹の里実は道東に残り、理容師の道を歩み始めた……。流転する百合江と堅実な妹の60年に及ぶ絆を軸にして、姉妹の母や娘たちを含む女三世代の凄絶な人生を描いた圧倒的長編小説。

ラブレス (新潮文庫)のKindle版

ラブレス (新潮文庫)の単行本

ツイートする