新約聖書を知っていますか (新潮文庫)

  • 1040人登録
  • 3.44評価
    • (45)
    • (110)
    • (235)
    • (14)
    • (3)
  • 114レビュー
著者 : 阿刀田高
  • 新潮社 (1996年11月29日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (295ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101255217

新約聖書を知っていますか (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 阿刀田高さんの、古典紹介エッセイシリーズ。
    旧約聖書に続いて、新約聖書編。
    新約聖書は、多分まったく読んだことがなかったです。
    いつもどおりトニカク解りやすく、楽しめるように読ませてくれました。

    イエス・キリストってどんな人だったのか。
    その頃のイスラエルあたりってどんな状況だったのか。
    なんで殺されたのか。
    キリスト教ってなんなのか。
    キリスト教とユダヤ教の違い。
    旧約聖書と新約聖書の違い。

    みたいなことが、少なくとも読む前より、ぼんやり風景が見えてくる感じがしました。
    少なくとも、イエスや新約的世界を題材にした芸術とかを、
    読む前よりかは味わいやすくなりますね。より、楽しめるようになります。

    ただ、「じゃあ、いつ頃どうして、どういうきっかけで、少なくとも西欧社会でキリスト教が支配権力宗教にまで上り詰めたの?」という興味が残りました。
    そういうことの楽しい本があったら読みたいですね。

    以下、また個人的な備忘録として、印象に残ったこと。ラフに箇条書き。

    #########################################

    ●新約聖書っていうのはつまり、イエス・キリストさんのお話ですね。
    キリスト教というのは、基本的に旧約聖書の上に乗っかってます。
    だから、イエスさんは、旧約聖書に書かれている、
    ダビデ王の子孫がいつか、救世主として現れてくれるよ、という記述の「救世主」にあたる、ということになります。
    まあ、これはこれで、何の証拠も無いわけですが。
    そこに分かれ道があって。

    #イエスさんは、旧約聖書で言うところの、救世主さんだ、と信じる=キリスト教=旧約聖書&新約聖書、両方が大事。

    #そんなことはない、まだ救世主は現れていない=ユダヤ教=旧約聖書だけが大事。

    ということになります。こういうと失礼ですが、ユダヤ教、というのは、4000年近く?残ってるだけでもすごいんですけど、まあ、ユダヤ人という民族グループのローカル宗教、という感じですね。ユダヤ人のためのユダヤ人による宗教っていうか。そこがイエスは違うんですね。

    ●信仰心抜きで新約聖書を読み込んだ阿刀田さん曰く。
    イエスは恐らく、マリアさんが別の男と作っちゃた私生児。
    それを承知で、ヨゼフはマリアさんと結婚。
    イエスと、種違いの弟たちが生まれた。
    ヨゼフはでも健気にイエスもちゃんと、愛したんじゃなかろうか。イエスが大人になる前に亡くなります。
    きっと、イエスはどこかでその自分の運命を知って。
    家督は弟たちに譲ろうと、家出蒸発した。

    ●そう解釈して見ていくと、人間ドラマとしてイエスと、母マリアって泣けるよね。。。
     イエスの死後、その遺体を抱くマリアという、芸術の題材=ピエタ、とかは、感慨深く味わえる、と。

    ●で家出青年、イエスさん。多分、ユダヤ教の何かの派で修行を積んで、どこかで自分なりの独立宗教?を始める。
    というか、恐らくイエス的に言うと、旧約聖書の自分なりの解釈、ということなんでしょう。
    で、歴史の表舞台の活動は恐らく2年半くらいなんですね。

    ●逮捕処刑前のイエスが、ゲッセマネで山に登って、「やっぱり怖いよ。なんで俺こうなるの」と苦悩するのが、
    ゲッセマネの祈り。
    でも最後には、「これが俺の運命」みたいに、すっきりと落ち着きを取り戻す。
    このゲッセマネのイエスが、とても人間味があって、好感が持てる。

    ●で、なんでそもそもイエスは磔になったのか。
     その時代、1世紀前半で言うと、まず前提として政治と宗教っていうのは全然分離していませんでした。
     そしてイエスが活動した、今で言うところのイスラエル近辺は、南ユダヤ王国だったはずですね。
     なんですけど、実はローマ帝国にもう支配されていました。
     日本で言うところの幕府と藩みたいな上下関係・・・というより、戦後日本とアメリカGHQみたいな感じだったと思えばいいんでしょうね。
     で、南ユダヤ王国藩、というか、そこにはマッカーサーというか、ローマの提督(だったかな)が君臨してるわけです。

     なんだけど、一応、南ユダヤ王国。そこはユダヤ人の国。それはユダヤ教の支配。
     で、ユダヤ教はもう何千年とある訳です。
     そこで、なんとなくもう、インテリのモノになってる。小難しい教義論争、既得権の支配者層の玩弄物的なかんじ。
     なにしろ、まだ印刷技術もなかった遠い昔ですからね。庶民はまあ、おいてけぼりの、戒律で縛るだけの支配宗教になっていた。(と、思う)。
     そこに出てきたイエスは、「とにかく神を信じれば細かいことはいいの、救われるから」とまでは言わないけど・・・きっとわかりやすかったんでしょう。
     これは個人的なイメージですが、親鸞=浄土真宗みたいな・・・とにかくある種簡単、解り易い。
     なんで、一部庶民に受けた。
     今の感覚ではわかりづらいところで、ユダヤ教からすれば、怪しいケシカラン新興宗教だったんですね。
     何しろ、多分、最大のツッコミポイントは、イエスは、「神にしかしてはいけない、許す、とか、そういう行為」をしてたんですね。
     何しろ、「私は神の子である」わけですから。まあ、存命中に、そうハッキリ言ったのか。それとも、そうであるってことに後年、布教者が確信を持って思ったからそう言ったことにしたのか、は、ともかくとして。
     多分、イエスさんはユダヤ教を勉強し尽くして、現行のユダヤ教の、狭隘な教義主義がいやになったんでしょう。
     世直し、したかったんじゃないかなあ。可愛そうな人に救いを、みたいな。
     何かしら宗教的な使命はあったんでしょうね。
     イエスは生存中、一部民衆に支持されてただけで、教団も何もないわけです。
     その片のゴロツキみたいな人を12人したがえて、汚い身なりであちこち回ってたんでしょう。
     そのくせ、信念覚悟があってユダヤ教から逸脱してる。(根源的には踏まえてるんですけどね)
     それぁ、既得権益権力宗教であるユダヤ教からしたら、気に食わない。
     だから、弾圧、処刑。
     だから、ローマの提督、マッカーサーの役回りのピラトさんは、そのへんのユダヤ教的云々には、別に身を切るような興味はないんですね。
     積極的にイエスを殺したい訳じゃなかったんでしょうね。でもまあ、ユダヤの権力層がそういうなら、いいよ死刑で。って感じじゃないでしょうか。
     
    ●イエスは、その時代に別に、圧倒的な大衆に人気があったわけじゃないんですね。はっきり言えば、田舎でけっこう話題呼んで人気だっただけです。
     今みたいに報道があるわけじゃないし。ネットがあるわけじゃないし。今よりはるかに、お上、権力が横暴でコワかった時代。
     大都会エルサレムに乗り込んだイエス一行、ぜんぜんエルサレムでは人気なんかまだ、ない。
     で、エルサレムですぐに捕まって、磔。死刑。そのときは沿道の市民ほとんどが嘲って石を投げたわけです。

    ●で、じゃあ、イエスの教えってなんなのさ。

     結局は、「神を信じろ」ということ。これは一応、ユダヤ教的な神な訳です。
     でもこれは、ユダヤ教でも同じ。

     あとは、「汝の隣人を愛せよ」というのはつまり、
     <あなたが、こうされたら嬉しいなあ、と思うことを、ヒトにしてあげなさい>
     という極めて解り易いこと。今で言えば、ほとんど、あいだみつおレベル。

    ●あとは、「剣を持つ者は剣に滅ぶ」という、ある種、憲法九条的な無抵抗平和思想。
     まあ、大まかそれくらいだったんですね。
     あとは、例え話やアジテーションや演説が上手かったんでしょう。

    ●あとそれから、ユダヤ教は当たり前ですがユダヤ人用なんですけど、
     イエスはそこのところあまり拘らなかった。ユダヤ教を信じてない人でも布教したし、助けた。らしいです。
     枠組み超えちゃったんですね。
     ユダヤ教の厳正な視点からすれば、いかがわしい罪深き汚らわしい人々とも付き合った。布教した。
     ここのところ、ひょっとすると、ヘレニズムとかローマ帝国とかアレキサンダー大王さんとか、そういうこともあって。
     モーゼやらソロモン王の時代に比べると、グローバル化が進んでいたのかも知れませんね。人の交流。
     そういう実情に、「辛い浮世でヒトが救われるための考え方、言葉、宗教」というのものをイエスなりに確立したのかもですね。
     以前は、「辛い浮世でユダヤ人が救われるための考え方、言葉、宗教」だった訳です。

    ●きっと、ブッダもそうだったんだろうなあ、と思うんですけど、
     たったそれだけのことが、それだけ一部で人気が出るというのは、つまり。
     「その時代の庶民さんっていうのは辛いことがいっぱいあったんだろうなあ」と、僕は想像したりします。

    ●で、イエス死して後。
     直弟子のペドロに出会ったのがパウロ。パウロ、ユダヤ教ゴリゴリ原理主義者で、むしろイエス一派弾圧の急先鋒だったそうです。
     なんだけど、奇蹟とか見ちゃって、劇的に寝返り。イエス教団入り。
     で、このパウロさんが、確かギリシャだったか、そっち方面が近かった人だったりしました。違ったかな?・・・
     要は、どローカルイスラエル地方だけじゃなくて、ヘレニズム的にあちこち、他国へ伝手があったのか、情熱があったのか、布教する。
     この段階で、例えば、「割礼」が必要かどうか、みたいな論争が、イエス一派内である。
     パウロは頑強に「そんなのどうでもいいの。そういうの、もう古いの。イエスが生きて、我々はイエスを信じることで、神様と新しい契約結ぶんだからさ。小難しい条件つけずに、イエス信じる!それでOK!」という自説を押し通しちゃう。そして、どうやら物凄い迫害を各地で受けつつも、布教する。イエスを救世主(キリスト)と信じる新興宗教を。これがキリスト教。
     神様との新しい契約。だから新約。
     で、「パウロなくしてキリスト教なし」と言われる。どうやら、キリスト教を、イスラエルローカル、ユダヤ人ローカルの「ユダヤ教の異端一派」という位置づけから、「普遍的に誰でも救われる易しい宗教」に変換したのは、パウロさんだったんですね。

    ●マグダラのマリア、って名前だけ有名なんですけどね。
     どうやら元娼婦さんで、イエス存命中から信者さん。
     どうやら割と近かったらしい。恋人なのでは?という邪推も。
     この人は、イエスの死後の復活、という劇の中で、
     「遺体に香油を塗ろうと墓に行ったら、墓が空っぽだった、そしてあたしの前に現れたのよ、見たのよ」という役どころ。

    ●これをはじめとして、イエスの復活伝説というのはいろいろあります。
     阿刀田さんは、信仰心で書いてないので、それがほんととか嘘とかという判定はしませんが、
     色々想像されていて面白い。
     つまりは、生存中の奇蹟伝説もそうだけど、
     「奇蹟も、復活も、そうでなければ、イエスという人の信念を現し、伝え、その教えを信じる勇気を広めるためには不可欠だったんだろうなあ。
      だから、イエスは奇蹟を起こしたし、復活した・・・というか、そうだったことに、なっているんだろうなあ」
     ということですね。

    ●そして、書物としての新約聖書ですが、イエスの死後何十年かして、何人かの弟子(多分孫弟子か曾孫弟子)たちによって、語られた?伝えられたものが福音書。これはつまり、イエスの伝記ですね。
     それから、パウロさんがあちこちに布教連絡のために書いた手紙。
     それから、キリストの弟子たちがどんなこと頑張って布教したか、みたいな内容。
     それから、黙示録。つまり終末の予言のようなもの。キリスト教が権力から迫害される現実に基づいたのか。神の国は近づいているんだから。ちゃんとしなよ、というコトなのか。
     そんな内容で200年代くらいできて、400年くらいに現状に近く整理されたようですね。

    ##################

  • 劇団四季のミュージカル「ジーザスクライストスーパースター」を観るにあたって、予習の意味で読みました。
    もう随分前からAmazonで購入してたんですが、自分の読書ペースを考えると一週間あれば充分かなと公演日間近に読書するに至りましたが…、ほんとにギリギリになってしまいました。

    キリスト教について知っている事といえば、イエス・十字架・聖母マリア…と、ほんとに単語がいくつか出てくるのみで、全くの無知な私。
    読み慣れない、聞き慣れない言葉ばかりでなかなかページが進みませんでした。

    信仰している人を否定もしませんが、いざ自分に宗教の話を持ち掛けられると胡散臭く感じてしまうんですけど、この著者は信仰を持たない方らしく、客観的に新約聖書の説明がされていて割と素直に読む事ができました。

    読み終わって、ぼんやりとですがキリスト教の全体像が見えてきた様な気がしました。

    私の様な初心者には読みやすいのではないでしょうか。

    肝心のミュージカルの方ですが、この本を読んでいて本当に良かったと思いました!
    この本で読んだままが出てきて(当たり前かな?)、細かい部分も楽しめました。

    マグダラのマリアがイエスの足にキスしたり、香油をかけたりとか、イエスが祈っている間に弟子たちが眠りについている様子とか。
    読んでなかったら???の連続だったと思います。

  • 阿刀田高さんの「旧約聖書を知っていますか」は何度も読んだお気に入りの本なので、そこからの流れで読んだ。
    旧約聖書は神話的でストーリー性があるので分かりやすいんだけど、新約聖書ってイマイチ理解しにくい。
    この本は宗教的な解説の仕方をしていないので読みやすかった。
    新約聖書には、いろんな解説本があるけど、この本は抵抗なく読める一冊だと思う。

  • 「旧約聖書を知っていますか」に続いて。なんとなく知っているつもりなっているけれど、実はよく知らない聖書についてのお話。聖書が分かればキリスト教についても理解が深まる。著者自身がキリスト教徒ではないという立場からの解説が分かりやすい。イエス・キリストの奇跡が本当だったのか、実際にあったのかという論争は絶えないが、結果として信じられていることが重要という指摘に納得。

  • あくまで無信仰という立場から史実に基づいたイエスとその生涯に関する推察が述べられていて知識蓄積と面白さの両方を揃えた素晴らしい本だった。信仰を持たない人でないと読めないほどのポップさである。
    これで読んだ内容は決して親交の深い人には話せないな。。。

  • 前から読みたかった新約の方の聖書。

    聖書の登場人物が何となくわかりました。
    ただヨセフ出てきすぎ。
    何人おるねん。


    要するにイエス様が仰るには、
    人にされて嫌なことするな。
    って感じ。

    あとは、愛される者を愛するのは当然。
    完全な存在になりなさい。

    他人を許しなさい。
    そうすれば天の父もあなたを許してくれます。


    ってな感じ。


    キリスト教がこれほど世界で広まって
    イエス様が受け入れられたのは、
    それまでの神聖なる、崇高な存在が
    傲慢であり選民思想だったのに対して
    イエス様は低姿勢で謙虚で
    異教徒であろうと受け入れて
    手を差し伸べたところなんやろね

    それまでの傲慢なユダヤ教徒からしたら
    まさに革命児やったんやろね

  • 『旧約聖書を知っていますか』に続いて読みました。
    いや、今更ながら、勉強になりました、この2冊。聖書についておおよそでも知っていないと、西洋…なかんずくイタリア絵画や彫刻などを観ても何が描かれているのか分かりませんからね…もっと早くに聖書の基本中の基本知識…初歩知識くらいは当然にインプットしておくべきでした。

  • 何を読んでも、素地として知っておきたい新約聖書。何度もチャレンジしては挫折してましたが、この本は一気に読めました。新約聖書の構成をわかりやすく解説してくれ、同名が紛らわしい登場人物の整理をしてくれ、作者を拝みたくなりました、これだよ、これがほしかったの。
    タイトルから勝手に作者はクリスチャンだと思っていたのですが、非クリスチャンの立場で書かれたこの新約聖書入門は貴重でした。

    「旧約聖書をしっていますか」の存在も知り、即、購入。

  • 2000.01.01

  • 大学時代に買った本を十数年ぶりに再読。当時はチンプンカンプンだった内容が、今はスッと頭の中に入ってくるようになっていた。時間をおいて再読すると理解度が格段に変わる本はいくつもあるが、この本もそんな部類。たぶん、身の回りにクリスチャンがそこそこいるというのも大きいのだと思う。

    著者はクリスチャンではないので、「知らない人が知らないなりに新約聖書を読むとこういう風に考えるんだよ」という視点で、新約聖書の様々なトピックを解説しています。その点、ノンクリスチャンにとっては非常にとっつきやすく、理解しやすいです。
    一方で、著者はそもそも文化芸術に関する造詣が深いため、宗教画や演劇をとっかかりにして新約聖書のエピソードを解釈していきます。その視点から読んでいけば、クリスチャンが読んでも十分に面白い本なのではないかと思います。

    キリストの復活についての著者の解釈は、クリスチャンが読んだら納得できないかもしれません。しかし、信仰を持たないノンクリスチャンとしては首肯できるところもありました。

    キリスト教文化を背景に持つ人と交流を持つようになると、好きか嫌いかに関わらず聖書の基礎知識は求められるようになります。比較的手軽に新約聖書の理解を得たい、という実利的な側面からも「使える」本です。

全114件中 1 - 10件を表示

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
三島 由紀夫
ドストエフスキー
吉本 ばなな
フランツ・カフカ
有効な右矢印 無効な右矢印

新約聖書を知っていますか (新潮文庫)に関連する談話室の質問

新約聖書を知っていますか (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

新約聖書を知っていますか (新潮文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

新約聖書を知っていますか (新潮文庫)の作品紹介

新約聖書の冒頭で、マリアの夫ヨセフの系図を長々と述べているのはなぜでしょう。処女懐胎が本当ならば、そんなことはイエスの血筋と無関係のはずです。ところで、聖書の中に何人のマリアが登場するか知っていますか?ではヨハネは?そして、イエスの"復活"の真相は?永遠のベストセラー『新約聖書』の数々の謎に、ミステリーの名手が迫ります。初級者のための新約聖書入門。

新約聖書を知っていますか (新潮文庫)の単行本

新約聖書を知っていますか (新潮文庫)のKindle版

ツイートする