雪の練習生 (新潮文庫)

  • 290人登録
  • 3.94評価
    • (27)
    • (26)
    • (19)
    • (2)
    • (3)
  • 37レビュー
著者 : 多和田葉子
  • 新潮社 (2013年11月28日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (328ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101255811

雪の練習生 (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 大変おもしろかった。サーカスの花形で自伝を書いた祖母。その娘のトスカ。動物園の人気者の孫のクヌート。これら主人公は人間ではなくホッキョクグマ。シロクマ三代記を旧ソ連から東ドイツ・ヨーロッパの現代史を背景にマジックリアリズムの手法で描いた内容。

    全篇が移民文学だなあ、とか、社会主義とサーカス、動物愛護や環境保護をめぐる問題や幼児が言語を獲得していく過程など、小説細部に踏み込むほど様々なテーマが重層的になっている。
    そのなかでも興味をもった点が3つ。

    1)歴史
    2)マジックリアリズム
    3)言語

    1)祖母は自伝を書いたせいでソ連を追われて西ドイツに亡命する。(その後もカナダ→東ドイツへと亡命)娘のトスカは東ドイツのサーカス団員でペレストロイカや東西ドイツ統一と関わる。現代世代である孫のクヌートは動物園の人気者で地球温暖化防止のシンボルにされ、環境問題と関わる。
    白熊三代クロニクルを通して浮び上がるのはシロクマでさえ歴史や政治の外では生きられないということ。(いわんや人間も)シロクマを書くことが歴史を書くことにつながっている。これが物語の背骨になっていて読ませます。


    2)マジックリアリズムを一言で説明することは難しい。極論でむりくりに言うと、<ありえないことをもっともらしくみせる表現技法>と言っておきましょう。
    で、この小説の場合、サーカスの芸はもちろん熊がしゃべったり自伝を書いたりする。こうしたありえないことをもっともらしくしているのがクマを取り巻く人間との関係性や旧ソ連・ドイツの歴史や移民の話、環境保護などの現代性を語ることでシロクマ三代記物語をリアルにしている。


    3)で、これに関連してもうひとつが言語めぐる話。例えばクヌートの章。クヌートは母のトスカに育児放棄され人間に育てられた。生まれてミルクをもらう瞬間の描写からストーリーが始まる。クヌートは自分のこと「クヌート」と三人称で呼んでいたが、動物園での生活や人間と関わって成長するうちに「わたし」という一人称を獲得していく。こうした成長過程の描写が独特でおもしろい。
    クマがしゃべるとき、そこでのクマの意識はどうやって言語で表現されるのか。あるいはクマに関わる人間の意識や言葉はどう描写されるのか。ここが多和田さんのおもしろさで、言葉にこだわり巧みな比喩表現でクマの世界を記述していく。
    ユーモアもたっぷりだ。シロクマ三代記はクマの視点から世界をみているので、人間とのズレがある。このズレが可笑しみを生み、反面クマからみると人間はこんなに滑稽で愚かな生き物なのかと読んでいるこっちが悲しくなる。


    多和田さんの物語世界はホント不思議で読ませる。シロクマ語がわかるんじゃね?と思えるほど。読むうちに喋るクマが実在するんじゃないか、実際に自伝書いたら読みたいな、と思えてくる。

  • 不思議で、おもしろい話だった。

  • 表紙絵がすでにネタバレだし、帯にもしっかり「ホッキョクグマ三代の物語」って書かれちゃってるんだけど、できることならそういう予備知識なしに、読んでみたかったなあ。書き出しは妙にエロティックにも受け止められる文章で、いったいこの主人公は何者なんだろうって色んな想像をしながら正体を知っていくワクワク感、すごく味わってみたかったのだけれど。

    収録されているのは「祖母の退化論」「死の接吻」「北極を想う日」の3編。祖母、母、息子、と三代にわたるホッキョクグマの伝記なのだけれど、時代が現代になるにつれわかりやすく(というか動物が動物らしく)なってゆくので、もしかして逆から読んでいくというのも面白いかも。

    最後の「北極を想う日」の主人公クヌートは、どうも名前に聞き覚えがあると思ったらベルリン動物園に実在した白熊ちゃんで(2006-2011)、日本でも可愛いとニュースになっていた記憶が微かに。基本設定は父母の名前や母熊トスカに育児放棄されて人間に育てられたことなど実際のクヌートと同じ。動物園のアイドルとして生きたクヌート視点で書かれた文章は、まるで童話のよう。基本的には人間と会話したりはしないし、奇妙な出来事もほとんど起こらないので、これだけ独立した作品として読んだら、これが本当に多和田葉子?って思うくらい素直に可愛く一般ウケしそうな。

    しかし個人的に一番好きなのは、クヌートの祖母にあたる「わたし」が自伝を出版する「祖母の退化論」。なぜか彼女の世代では、芸のできる熊はまるでアスリートか芸能人のような扱いで、ショーを引退後は、いろんな会議(人間の)に呼ばれたり、なにがしかのキャンペーンのイメージキャラクターみたいなのをつとめたりもする。彼女は普通に人間の言葉を喋り、自伝を書いてオットセイの編集長がいる出版社に持ち込み、人気作家になったり、あげく作品のせいで亡命したりする。それを何かのアレゴリーだとか考えずに、ただただ奇妙な世界を受け入れていくのが私は面白かった。

    クヌートの母トスカが主人公の「死の接吻」は、サーカスで生きたトスカと、彼女と心を通わせた人間の女性との物語で、これもかなりヒネリが効いていて面白い。3作それぞれに違う魅力があり、わからないようでわかる、不思議な1冊でした。

  • 最後まで読んでない。
    外国人の名前が覚えにくくて誰が誰だかわからんし
    亡命、西東とか時代背景もよく分からず、
    ずーっと暗い感じで、読みにくい。

  • 自伝を書きつづける「わたし」。
    その娘で、女曲芸師と歴史に残る「死の接吻」を演じた
    「トスカ」。
    そして、ベルリン動物園のスターとなった
    孫の「クヌート」。
    ホッキョクグマ三代の物語。

    読み始めて、(この作品の終着点はどこだろう)と
    考えたが、それは違った。
    終着点など、いい意味でどこにもなかった。
    ホッキョクグマと人間の信頼関係に
    フワフワと漂いながら読み進めた。

    難しいことを考えず読むのがいちばんいい。

  • しろくまの三代にわたる短編で、あっという間に読み終わった。人間なのにクマの目線らしくかけるのはすごい!本当にクマが書いているものを読んでいるような気分になった。この気持ちを忘れる前に動物園に行ってしろくまにあいたい。

  • 北極熊3代の物語。最初は熊ってわからなかった。祖母の窮屈なベルリン生活の描写がよかった。トリエンナーレで著者の展示を観て手に取る。

  • 言葉のすべてが愛おしい。

  • サーカス北極グマからの3代記。

    人と北極グマ、私と三人称が入れ替わり、サーカス、会議、文学、動物園と社会主義と様々に織り込まれた摩訶不思議な物語世界。

    こんな作家さんがいたのかあ。

  • 「わたし」を介して混じり合う、遠い過去と現在、動物と人間、北極と現在地。
    書くことは不気味なこと。自分の居場所を失わせ、彷徨わせる。

全37件中 1 - 10件を表示

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
梨木 香歩
又吉 直樹
有効な右矢印 無効な右矢印

雪の練習生 (新潮文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

雪の練習生 (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

雪の練習生 (新潮文庫)の作品紹介

腰を痛め、サーカスの花形から事務職に転身し、やがて自伝を書き始めた「わたし」。どうしても誰かに見せたくなり、文芸誌編集長のオットセイに読ませるが……。サーカスで女曲芸師ウルズラと伝説の芸を成し遂げた娘の「トスカ」、その息子で動物園の人気者となった「クヌート」へと受け継がれる、生の哀しみときらめき。ホッキョクグマ三代の物語をユーモラスに描く、野間文芸賞受賞作。

ツイートする