時間旅行の愉しみ―「超」整理日誌 (新潮文庫)

  • 24人登録
  • 3.00評価
    • (1)
    • (0)
    • (5)
    • (2)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : 野口悠紀雄
  • 新潮社 (2002年5月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (337ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101256238

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
村上 春樹
安部 公房
有効な右矢印 無効な右矢印

時間旅行の愉しみ―「超」整理日誌 (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

  • 「「超」整理日誌時間旅行の愉しみ」3

    著者 野口悠紀雄
    出版 新潮社

    p154より引用
    “「理屈はよくわからないが、うまくいってしまった」
    ということは、エンジニアリングの世界では
    結構多いのである。”

     経済学者である著者による、
    雑誌連載をまとめたエッセイ集。
     著者が好きな天文の話から「さらなる」が間違いである話まで、
    難しい話題を読みやすい文章で書かれています。

     上記の引用は、
    飛行機の謎についての話の一文。
    緻密で精密だと思っている世界でも、
    案外結果オーライで物が進んでいるというのは、
    なんだか親近感を覚えます。
    pcなども理屈は全然わかっていませんが、
    今こうして使えているので結果オーライです。
     p181に書かれている、
    某有名4コマ漫画を転載することについての経緯を読んでいると、
    なんとも情けない思いになります。
    出版の直前で条件を平気で変更して、
    より多く金を取ろうとするのがビジネスだそうです。
    ビジネスはまぁそういうものなのかも知れませんが、
    なんだかとほほです。
    原作者がどのように思っているのか聞いてみたいものです。

    ーーーーー

  • 、『週刊ダイヤモンド』に連載中のエッセイ「超整理日記」の1997年4月5日号から1998年4月11号掲載分をまとめたものである(かなり加筆、修正してある)。
    人間のは苦しかったことや辛かったことは、おおかた忘れている。そして、楽しかったことや嬉しかったことはより理想的な形で憶えている。過去の世界に「時間旅行」し、若き日の追憶に浸ってみるのも一興。

全2件中 1 - 2件を表示

時間旅行の愉しみ―「超」整理日誌 (新潮文庫)はこんな本です

時間旅行の愉しみ―「超」整理日誌 (新潮文庫)の単行本

ツイートする