想い出あずかります (新潮文庫)

  • 519人登録
  • 3.66評価
    • (17)
    • (47)
    • (35)
    • (6)
    • (2)
  • 46レビュー
著者 : 吉野万理子
  • 新潮社 (2013年11月28日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (311ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101256818

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
柴崎 竜人
有効な右矢印 無効な右矢印

想い出あずかります (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

  • 再読。

    「おもいで」と「記憶」の違い。
    <お母さんのオムライスがおいしい、っていうのは単なる事実で、めったにオムライスを作ってくれないお母さんが、二年ぶりに作ってくれて、すっごくおいしくてうれしかったっていうなら、想い出になる>

    「おもいで」って普段何気なく口にする単語ですが、意識して考えてみると、その実態は複雑で、自分はそれをどう扱っていけばいいのか、だんだんわからなくなってきた。
    何度も反芻したい楽しかった事、嬉しかったこと…二度と見たくない事、味わいたくない事。
    良いもの悪いもの、誰にでもある「感情を伴う記憶」。
    それを選別して都合の悪い事だけを質に入れて、お金を得られるなら…ラクに生きられるんだろうなぁ。

    でも、20歳になったら質に入れた想い出は二度と取り返せない…だとしたら、昔の私だったらどうしたんだろう。今、私が10代に戻れるのならどうしたいんだろう。
    質に入れてしまうのか…入れたとして20歳までに取り戻すのだろうか。
    迷う。何度シミュレーションしても答えが出ない。
    すごく泣いたあの時の事、辛くて食事が出来なくなって病気にまでなったあの時の事、次々に過去の嫌な想い出が蘇ってきても、今の私はとりあえず生きているし、雨風しのげる部屋に住んでいられて、豪華ではないけれど食べるものがある。
    不満や不安はあるけれど、それなりに生活ができている。過去の嫌な想い出をこうして想い出してみても、あぁ…あの時は辛かったなぁ、と冷静に見ることが出来ている。もちろん腹が立ったとか、苦しかったとか、そういう感情も蘇るけれど、でも何とかやり過ごすことが出来ている。

    そういう想い出があるから、今の平凡で質素な毎日がありがたいのだと思えるのだと理屈ではそう思うけれど、やっぱり辛い想い出は振り返らなくていいのなら、そうしていたい。嬉しい想い出は何度も反芻したい。
    勝手なものだ。

    そうやって逡巡しているうちに時間がたって、うまく想い出と付き合っていけているのも事実で。
    やっぱり、その実態のないふわふわした感情の記憶は必要なものなのか…。

    大人になってからの苦い想い出は、質に入れられるものならそうしたい。そして二度と取り戻さない…かも。

  • おもいで質屋。
    それは、想い出を担保にお金を借りられるところ。
    ただし、20歳までに取り戻さないと想い出は返ってこないというところ。

    誰しも嫌な想い出って1つか2つ、もしかしたらもっとたくさんあったりしますよね。
    もちろん私自身もたくさんあります。

    忘れたくても忘れられないこと。
    それはきっと、他の人から見たら小さいことで、既に忘れられていることなのかもしれないですけど。
    自分にとっては忘れられないこと。

    そんな嫌な想い出を預けて(忘れて)お金を借りられる。
    そんな嬉しいことはないって思うのが普通かもしれません。

    だけど、良いことも悪いことも想い出で、それらがあって今がある。
    それらがあって、今の自分の形が成り立ってる。

    そういった色々なことを考えさせられる素敵な物語でした。

  • 子供たちだけが知っている魔法使い。
    「おもいで」を質に入れると、その「おもいで」は頭の中から消えてしまう。

    さくさくと読めるやわらかいお話。

    でも、クライマックスはちょっと切ない。
    魔法使いが出来ることと出来ないこと。
    その矛盾の中で時折見せる表情が良かった。

  • 20歳未満の子供達が魔法使いに思い出を質に預ける話。
    はじめはちょっと変わってて面白い話だと思って読み進めていたけど、途中からすごく素敵なお話になってきて、ぐいぐい読めた。最後まで素敵な終わりだった。
    吉野万理子さん初読だったけど、好き!
    他の作品も読んでみたい。

  • 里華を中心にちょっぴり甘酸っぱい物語。
    質屋の魔法使いと関わりながら少しずつ大人になっていく姿が素敵でした。

  • おもいで質屋、そして魔法使い。なんとも魅力的な組み合わせ。思い出を売る子も売らない子も遊びに来る。魔法使いと子どもたちの間に本当に色々な事が起こり、「おもいで」という言葉からイメージする懐かしいようなほっこりする気持ちだけでなく、辛い事も苦しい事も織り込み色々な日常を見せてくれる。

  • 小さな入り江に魔法使いが住んでいて、想い出の質屋をやっている。というファンタジー。

    その町の子供達が「質屋」の意味を知っていたり、おもいでをひらかなで書いたり…という冒頭から興味津々で読み始め、あっという間に読了。

    魔法使いさんと里華には友情があったと思う。

    遥斗くんは子供らしさ故に深い痛手を負ったけれども。

    雪成はいつかしっぺ返しを食うだろう、いや、食え。

    二十歳になった里華は魔法使いさんにまた逢えるのかなぁ。
    ふんわりだけど、良いこともそうでないことも大切な自分の一部と思わせられる深い作品でした。


    フォローさせていただいてる棚にあった1冊です。
    感謝です。

  • 屋上でカップルがイチャイチャする中学校。今の中学校ってそんな感じ?笑

    とても読みやすくて甘酸っぱくて切なくて、何だか懐かしかった。

    ただ、雪成には最後までモヤモヤと…
    依頼を御断りした時、その理由をちゃんと説明してあげたらまた違ったのではないかと思ってしまうのは私だけだろうか。

    他の人と想い出を共有できないのは残念だけど、里華がいつかまた再会できますように。

  • びっくりした。
    前作に殺し屋の小説を読んだから今回はどこまでもほのぼのした物を…と思って手に取ったのが本書だったのでびっくりしちゃった。

    質屋さんのお話。
    預けるのは想い出。
    預かるのは魔法使い。
    子供たちしか知らない秘密で二十歳までに取り戻さないと想い出は帰ってこない。

    ほのぼのすると思うじゃん!
    自分だったらどうするかなぁと考えさせられたり…ほのぼのしてる暇なんてない。

    リスさん、私にもハーブティーをお願いできますか?

  • 日常の隙間から入り込んだ魔法の世界が教えてくれたのは、子どもの世界にだって、ふんわり甘ったるいだけではない、厳しい掟や残酷さがあるってこと。

  • 子どもたちから何かしらの「思い出」を預かり、それに対してお金を払う魔法使いが居る「おもいで質屋」。思い出は質に入れた瞬間頭の中からなくなり、20歳になる前にお金を戻さないとヒトデになって海の底に沈んでしまう。

    ファンタジー的な要素多めなので、それで所々登場するダークな展開とのバランスがとれているようにも見えた。甘甘なほのぼの小説、と侮っているとヤられる。

  • 不思議なお話なのに、感情の表現や人間関係の表現が生々しい。魔法使いさんが思い出の質屋さん。
    2014/8/8

  • タイトルがなんか切なくて気になっていて読んだ本。期待していたより中盤はそこまでだった。結構どうなったか分からない部分が結構あって、すぐ大幅に話が進んでしまっている感じ。
    でも後半は泣きそうになった。里華が思い出質屋で得た思い出。忘れたくない思い出。私にも忘れたくない思い出がある。切なかったし、思い出を大切にしたいと思えた。

  • それぞれ想いは違って、だから、思い出ももちろん多種多様。でも、思い出という言葉自体、使われ過ぎているのかもしれない。真価は変わらないのになぁ。さらっと書かれたからこそ、死のリアルを感じた。

  • 文体は児童小説らしさが強く、読み辛かった。読んでいて何だか恥ずかしさを感じるのは、若かった自分を思い出すからなのか。
    特別な物語ではないけれど、とても懐かしく感じた。

  • まあまあの内容だったが、最後は中途半端。

  • 思い出を質に入れる子ども達と、それを担保にお金を貸す魔法使いの物語。
    親との喧嘩、友達のいじめや裏切り、恋人とのいざこざなど、誰しもが一度は経験するであろう悩みや葛藤が、年相応の、等身大のキャラクター達から痛い程に伝わってくる。そこまで凝ったストーリーではなく、先の展開がある程度読めてしまうのがアレでしたが、充分に面白かったです。
    コレ、アニメ化したら面白そう。

  • 自分の中にある想い出を担保にお金を貸してくれる魔法使い。
    彼女を軸にして、知り合っていく子供たち。

    嫌な事も良い事も、全部自分の大事な想い出。
    などと言える人は幸せな人生を歩んできたのかと。
    簡単に渡せられる想い出、とっておきたい想い出。
    もちろん質なので、お金を戻せば戻ってくる。
    けれど期限の20歳になる前に引き取りに来るのはごくわずか。

    大した事ない、と思っていても、いつか大事になるかもしれない。
    けれど辛い想い出は、捨ててしまいたいものです。
    とはいえ、なくなった事により、相手に対する警戒心は
    なくなったりしないのでしょうか?

    お母さんの想い出を次々と質に入れていく少年。
    何も質に入れず、訪ねて行くだけの少女。
    辛い記憶を捨てていく少女。

    どの感情にも共感できる部分があります。
    しかし、あの男の子は…どうかと。
    いい子だ、と思ったら、単なる上昇志向(?)持ち。
    救われていた時間はあるものの
    もう肥やしにしかならない人物。
    立つ鳥跡を濁さず、とはいいますが
    きっちりした最期にしましょう。
    いやでも終わりを見る限り、違うのに走ったのか
    きれいさっぱりふられたのか…どうなのでしょう?w

  • 最初は、なんだ、幸せいっぱいのどこにでもある小説か、と思ったのに、次々とそれを裏切るような出来事が起きる。

    思い出があるから今頑張れたり、人をもっと好きになれたりする。そんな思い出の大切さをじんわり感じた本だった。

    最後の方のお母さんのシーンでは思わず涙。読み始めと読み終わりで、全然印象が変わる、いい本だと思った。

  • 想い出を担保にお金を貸してくれる質屋。その質屋を営む不思議な魔法使いと女子高生たちとの交流が描かれます。家族、友情、恋愛、受験など、十代の主人公が積み重ね、失っていく想い出の数々。切なくても大切な記憶を、いつまでも心の片隅にとっておけたらと思います。

  • 魔法使いのお店で思い出をあずけ、お金を受け取る。思い出の質屋のような場所で繰り広げられる青春ストーリー。あずけた思い出は二十歳前に取りに来なければ一生忘れてしまう。そんな制約があるにもかかわらず、ほとんどの人は取りに来ないのだと魔法使いは言います。
    思い出は失われないと言いますが、一方で去るもの日々に疎しと言うように、会わなくなった人や無くしてしまったもののことは、往々にして忘れがちです。忙しくても、時々は立ち止まって思い出してみよう、そう思わせてくれる小説でした。

  • 「想い出にならない人。それが運命の人よ。」
    「好きだった、にならない人。あの頃はよかったな、と思わない相手。何年たっても好き。現在進行形のまま。それが本当に大切な人。」

    魔法使いもいいこと言うね。

    そして
    想い出と記憶の違いも。
    想い出は心が動いたこと、
    記憶は単なる事実。

    昔の男は全部「記憶」にして
    より良い未来へ進んでいこーう!

  • 普通にいいお話でした。
    ミステリアスなお姉さんものは苦手けど、この魔法使いさんは不器用さや自分勝手な所があるのが親しみが持てた。
    最後はおネエの大男になってくれるし(笑)

  • ファンタジー。ライトだけど人の嫌なとこもけっこうでてくる。思い出の金額がみあっているかは別として、子どもにそんなにお金あげて大丈夫なのか?

全46件中 1 - 25件を表示

想い出あずかります (新潮文庫)に関連する談話室の質問

想い出あずかります (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

想い出あずかります (新潮文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

想い出あずかります (新潮文庫)の作品紹介

子供たちしか知らない秘密。岬の崖の下には石造りの家があって、それは魔法使いの「おもいで質屋」だった。想い出を担保にお金を貸してくれるという。でも二十歳までに取り戻さないと想い出は返ってこない。中学生になって魔法使いと出会った里華は、すっかり仲良しになり、共に青春の季節を駆け抜けてゆく。やがて二十歳を迎えた時……。きらきらと胸を打つ、あの頃が蘇る魔法のストーリー。

ツイートする