タダイマトビラ (新潮文庫)

  • 174人登録
  • 3.33評価
    • (7)
    • (14)
    • (26)
    • (6)
    • (2)
  • 19レビュー
著者 : 村田沙耶香
  • 新潮社 (2016年10月28日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (229ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101257129

タダイマトビラ (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 「脳を騙す」という発想は面白かったが、終盤が難しくて理解できなかった。

  • カゾクヨナニー

  • 29.8.11読了。
    『家族というものは、脳でできた精神的建築物なのだな、とつくづく思った。』
    恵奈が家族というシステムはカゾクヨナニーを互いがし合ってるのと変わらない、と気づいてから、家族までもが一つの生命体のように描写されていて、読後は少しヒンヤリした。なんて予想外な結末。

  • 家族が絶対なのも、全てこの世が創ったもの.
    ふつうってなに?がいつも村田沙耶香さんの
    小説読むと突き刺さる.
    当たり前ってなに?揺さぶられる、揺さぶられる!!

  • 図書館で予約した「コンビニ人間」を読むまでに予習として購入してみた。中盤までは理解できていたと思っていたのですが、ラストで崩壊。心がザワザワとして、なかなか難解な作品でした。恵奈ちゃん、何でもかんでも小難しく考えすぎだよ~と言ってやりたくなりました。

  • さすが村田さやか。うーん変態(褒めてます)。
    とりあえず制覇しようと思った。
    でも意味不明。

  • フィクションを書くというときに、現実に何かを足したり現実の何かを入れ替えたりするのではなく、現実そのものが持っているフィクション性を引き算することでその外に出るというような。もちろん、この作品において引き算されるフィクションとは、家族である。
    家族の愛に飢えていてそれを自分で工夫してなんとかする主人公は、普通なら異常なものとされ、成長の過程で現実の家族と和解するとか、それができなくても新しい家族を見つけて満たされるとかが成功とされる。あるいは、ついに家族愛にめぐりあえなかった不幸ということになる。だが、この話では、家族という欲望自体が「人類」と一緒にフィクションとされて、生命体へと退化することが、最も合理的であるかのような気にさせられてくる。
    あと面白いのは、周りの恋愛が幼く見えるところだろう。彼女の家族欲が真剣すぎるだけに、家族欲にたどりつかず恋に燃える男とか、家族欲なのだろうが熱狂的で地に足がついていない男は、ぴんとこない。彼女の欲望は真剣だから、家族はオナニーのしあいであってはいけないし、持続的なものでなくちゃいけない。この欲求不満に耐えてそれ以外のものを受け容れるためには、彼女は他の人間全てを生命体に還元する必要があった。
    設定こそ突飛で独創的であっても、物語の運びにはやり過ぎ感とか余計な飛躍とかが感じられず、それでもぐいぐい盛り上がって引き込まれる、みたいなところがある。読者を置いていかないようにかなり気が配られているのだろうな。

  • 再読。カゾクオナニーという発想がとてもすき。

  • この世のすべての作品が、とはいいがたいかもしれないけれど、作品の結びに作品のタイトルがひたりと吸いつくことがある。
    主人公はいわゆる「かわいそうな女の子」ではなく、家族も「特別な家」では決してない。人は自分の人生しか歩めないのだから、彼女にとっての日常はそこにしかない。それはこの世に生きる誰もにとって、同じことだ。主人公は生きることに工夫をして、「ふつう」に生きている。ふつうに生き、ふつうに成長をした、彼女のふつうが、どうしても「ふつう」ではいられなかった。わたしは傷ついたのだと嘆くこともしなかった主人公が、ある日なにかを決壊させてしまうまでの、人生を見つめた観察日記のような話だった。

  • んんん~私には分からないやつ。
    これ最後どうおさめるのかなと思ってたらこういうラストね~凡人には理解できなかったです。この人の前読んだのは好きだったのでぼちぼち読んでいくと思う。

全19件中 1 - 10件を表示

村田沙耶香の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

タダイマトビラ (新潮文庫)を本棚に登録しているひと

タダイマトビラ (新潮文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

タダイマトビラ (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

タダイマトビラ (新潮文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

タダイマトビラ (新潮文庫)の作品紹介

母性に倦んだ母親のもとで育った少女・恵奈は、「カゾクヨナニー」という密やかな行為で、抑えきれない「家族欲」を解消していた。高校に入り、家を逃れて恋人と同棲を始めたが、お互いを家族欲の対象に貶め合う生活は恵奈にはおぞましい。人が帰る所は本当に家族なのだろうか? 「おかえり」の懐かしい声のするドアを求め、人間の想像力の向こう側まで疾走する自分探しの物語。

タダイマトビラ (新潮文庫)はこんな本です

タダイマトビラ (新潮文庫)のKindle版

ツイートする