「サバを読む」の「サバ」の正体: NHK 気になることば (新潮文庫)

  • 190人登録
  • 2.92評価
    • (0)
    • (4)
    • (27)
    • (5)
    • (1)
  • 15レビュー
制作 : NHKアナウンス室 
  • 新潮社 (2014年2月28日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (321ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101257617

「サバを読む」の「サバ」の正体: NHK 気になることば (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 祝文庫化!

    トクする日本語 - NHK アナウンスルーム
    http://www.nhk.or.jp/kininaru-blog/

    新潮社のPR
    「「とんでもございません」は○か×か? 「どっこいしょ」の語源って? 「七夕」はなぜ“たなばた”と読む? NHK人気番組から誕生! 日本語の「?」を楽しむ本。

    私たちが普段使っている日本語には、実は多くのナゾが隠されています。豆腐も拳銃も「一丁」と数えるわけは? 「ヘコむ」も「ハマる」も由緒正しき言葉? 「うだつが上がらない」の“うだつ”って何? 「未明」は何時ごろを指す? そんな全110の疑問にNHKアナウンス室が挑戦! 人気番組から誕生した、変化する「ことば」の面白さを実感できる本。『NHK気になることば』改題。」

    東京書籍のPR(単行本)
    http://www.tokyo-shoseki.co.jp/books/80321/
    http://www.tokyo-shoseki.co.jp/books/80398/

  • 気になるあのことば、実は。

    さらっと読めた。正しい日本語、なんてきっと存在しない。使っているうちに変化していくことば。元々を知って、へえ、と思う。変化には理由があって、地域性にも理由があって、だから面白い。

  • 気軽に読めるかと思って「気になることば」と題された本書を購入。しかもNHKアナウンス室編となれば期待値も上がろうというものだ。しかし、正しい日本語を用いることをモットーにしているNHKというイメージが強かったせいか、本書に取り上げられた言葉の殆どが、様々な説があったり、単なる推論のような書きぶりがされていたりして違和感があった。あとがきを読むと、そのようなことは織り込み済みで、言葉は時代とともに変化する生き物であることを再認識することとなった。

  • オナラを我慢するのが、「エチケット」。しちゃったら謝るのが「マナー」。
    さりげなく使っている言葉のいろいろ。言われてみればなるほどという感じでおもしろい。

  • タイトルにある「サバ」のように普段使っている表現のルーツを丁寧に解説した一冊。

  • 新潮文庫の100冊

  • 気になる日本語についてわかりやすい解説をしてくれる一冊。一つ一つが短いから読み易い。

  • 普段何気なく使っていることばを、
    その成り立ちは?
    そもそもの意味は?
    使い方は?
    等々、蘊蓄を楽しむ。
    ことばって面白い。

  • 日常用語についての雑学本。いつの時代にも出版される。でもおもしろい。2015.3.29

  • ことばっておもしろい。
    ことばの由来についても多く取り上げられていましたが、地域ごとの違いが出ることばもいくつか載っていて、興味が湧きました。

全15件中 1 - 10件を表示

「サバを読む」の「サバ」の正体: NHK 気になることば (新潮文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

「サバを読む」の「サバ」の正体: NHK 気になることば (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

「サバを読む」の「サバ」の正体: NHK 気になることば (新潮文庫)の作品紹介

私たちが普段使っている日本語には、実は多くのナゾが隠されています。豆腐も拳銃も「一丁」と数えるわけは? 「ヘコむ」も「ハマる」も由緒正しき言葉? 「うだつが上がらない」の“うだつ”って何? 「未明」は何時ごろを指す? そんな全110の疑問にNHKアナウンス室が挑戦! 人気番組から誕生した、変化する「ことば」の面白さを実感できる本。『NHK気になることば』改題。

「サバを読む」の「サバ」の正体: NHK 気になることば (新潮文庫)はこんな本です

ツイートする