広島学 (新潮文庫)

  • 230人登録
  • 3.09評価
    • (4)
    • (19)
    • (39)
    • (12)
    • (4)
  • 37レビュー
著者 : 岩中祥史
  • 新潮社 (2011年5月28日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (380ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101260259

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ウォルター・アイ...
三浦 しをん
東野 圭吾
池井戸 潤
有効な右矢印 無効な右矢印

広島学 (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

  • 「カープは日本一じゃ!!」「5月までじゃけどのう・・」 今年も表紙の通りになってしまった。
    広島と言えば、カープとお好み焼きと市電。宮島と原爆ドーム、平和公園。以上! 最近はそれにサンフレッチェかな。カープよりも点は取る。取られもするけど、

    著者は「名古屋の品格」「博多学」「札幌学」など、地方学の〈権威〉。調べているうに、書いているうちにその地域をたまらなく愛していく・・・・そんな心性の持ち主らしく、まあ広島への愛情に満ちている。とりあえずの県民だけど、こんなふうに書かれると、他県の人にちょっと自慢もしたくなる。他県出身で今たまたま広島に住んでいる人に最適の本と言えるだろう。地元に帰って、広島を自慢して欲しいものである。

    それにしても、カープは広島の誇り。カープのおかげで(最近はサンフレッチェも)、広島県人同士は世界中のどこで出会っても、すぐにカープの話題で打ち解けられる・・・・そんな様子をいつも羨ましく思っていた、とファジアーノ岡山の社長がある講演会で話したのを聞いたことがある。岡山のファジアーノをそんなチームにするんだ、と言っておられた。広島はもうそんなチームを持っている。幸せなことだと思った。

  • 広島人のあるあるがたくさん。歴史を踏まえて今の県民性があるようだ。

  • 広島人としては複雑な気持ちになる本。なんとなく、5行に一回はバカにされてる気持ちになる。あと、所々論理破綻があって、納得できないところも。もっと深い考察があると、広島人でも頭に来ないで読めたのかなーなんて(笑

  • 名古屋,博多,札幌と地方都市の文化を調べ,著してきた著者による広島についての地方学である。
    広島に40年近く住んでいる私にとっては,半分以上は当然と言うか,知っている内容であるが,内容によっては知らなかったものもあり,自分の生まれ育った土地を詳しく知るにはよい本であった。
    広島市内にはヒロデンというチンチン電車が走っているが,原爆で街が壊滅後,3日後には部分的に運転が再開したという。たしかに,原爆で廃墟とかした市内を,原爆前と同じように走る電車を見て,人々はどれほど有機付けられたことだろう。他の地方路面電車が廃止される中,広島の路面電車が残ったのは,ひとつに,ヒロデンが民間企業だったことによる。昭和40年代に次々と廃止された路面電車のほとんどは公営だった。
    広島という地名が歴史に出てくるのは,1589年に毛利輝元が築城工事を命じたときが最初である。地名の言われは,毛利家の祖先である,大江広元の”広”と広島城の普請奉行の福島元長の”島”をとったといわれるのが一般的。
    毛利氏は関ヶ原の戦いで西軍の総大将として担ぎ上げられ,敗北する。戦後はそれまでの9カ国120万石から2カ国36万9000石になってしまった。ここまでいっきに石高が減ると全ての家臣を引き連れていくわけいにはいかない。そのため,長州に移り,知行も扶持ももらえず,農民になった家臣も多かったのである。幕末の長州藩士は階級や身分と関係なく,とにかく結束が強かったと言う。武士も農民も承認も,もとはといえば毛利家のけらいだったという意識を忘れずにいたからだ。高杉晋作が組織した奇兵隊についても,『もとはと言えば安芸で同根だった』という百姓・町人の意識が新藩軍であるこの組織に志願させた,と司馬遼太郎も街道をゆくで記している。
    その毛利は長州に下り,明治維新では広島は薩長に遅れをとった。そんな広島に大きなスポットがあたり始めるのが,明治27年の日清戦争からである。明治初期は士族の乱が全国的に火を噴いたが,中国・四国を管轄する広島鎮台がその鎮圧に大きな役割を果たす。全国に6つあった鎮台に代わり,明治21年に陸軍師団がおかれる。広島は第5師団司令部がおかれた。この時期の広島県令(今の県知事)が元薩摩藩士の千田貞暁である。そういえば,宇品の千田公園内に銅像があり,妻の買い物途中に何度か子供と遊んだ覚えがある。千田は港湾の整備や道路改修を進めたり,宇品島と皆実新開の間を埋め立て,宇品を陸続きにするなどした。
    広島は戦時中,空襲を受けなかったが,これについては,原爆がどれほどの威力を持つのか様々な角度から確かめたかったのではないかという説がある。その他全国にある軍都と呼ばれるところは空襲を受けている。実際に日本の降伏を求めるのなら,東京や大阪でもよかったはずなのに,なぜ広島だったのか。大田川の河口にある広島は,人体や自然環境などに対する影響を総合的に検証するにはもってこいの地形だったと言え,それまで一度も空襲を行わなかったのは,元の状態を維持するためだったという。
    広島の地名は各地にあることも知られる。ポツダム会談に出席したかつてのアメリカ大統領トルーマンの宿舎として使われた建物の前にある広場は広島プラッツ(広場)と呼ばれているし,これだけでなく,ドイツ国内には,太平洋戦争への反省を込めて,ヒロシマの名を付けた施設・場所がいくつかある。激しい空襲にあったドルトムント中心の公園はヒロシマ広場だし,ニュルンベルク,ケルン,オーバーハウゼンの各都市にも,ヒロシマ広場やヒロシマ通りなどがある。ドイツ以外にもロシアの旧スターリングラードにはヒロシマ通り,スペインのアランフェス市には広島平和記念大通り,ローマにヒロシマ・ナガサキ通りなどがある。それだけ,ヒロシマという言葉には”平和記念”たる意味が込められてお... 続きを読む

  • カープの熱狂的ファンで、生涯ベスト映画は「仁義なき戦い」で、B&Bの「もみじまんじゅう」でお笑いに目覚め、奈良より宮島の鹿の方がかわいく見え、一番の衝撃ヌードは小原靖子だった私にとって広島は一番好きな街。いいところ悪いところあるが、ずっとらしさを失わないでほしい。

  • 広島が先進的な人が多いのは発見。広島に住んだことがない人が、広島県人をどうのこうの言うのもどうかと。2016.11.20

  • 広島は、一度仕事でいったきりだな。

  • あるある物かと思って手に取ったのだが、もっとまじめな内容だった。

  • こういう本はローカルな固有名詞が出てくるし、他の地方の人が読んでも面白くないんちゃうかなって思うけど、広島に二年半すんでいた私には、すごく面白かった。
    作者も広島出身じゃなくて、客観的に書かれてるから、そうそう!って思うことも多々。
    もうお好み焼きは関西風じゃなくて広島風の方が好きやし、「むさし」のむすびや元気うどんを食べたいし、すっかりカープファンになってしまっているので、広島のことは嫌いじゃないけど住んでいる間、不満に感じていたことを「広島の弱点はここだ!」は、文字にしてくれている。
    中国地方一ということに満足せず、もっともっと発展していって欲しい。

  • 地元のちょっとした雑学を得るのにはちょうどいいかも。一応再読予定。

  • 知らないことがたくさんあった。やっばりその土地の歴史と偏見や語るのを読んだり聞いたりするのは楽しい。

  • 路面電車 原爆ドーム マナーと地下鉄 百万都市 深作欣二 仁義なき戦い じゃけえ ほいで 瀬戸内海 江田島市 海軍兵学校 ドルトムント 張本勲 八月六日 セーラー万年筆 アンデルセン リトルマーメイド コペンハーゲン タカキベーカリー バームクーヘン=ピラミッドケーキ 旅行の友 ふりかけ 缶詰 ルーツは戦争 北海道開拓使石狩缶詰所 京都の山崎 竹鶴政孝 余市 ニッカ カルビー=カルシウム+ビタミンB1 かっぱえびせん ハワイ さとうきび ブラジル 北広島市 フロンティアスピリット 若林 風見しんご Perfume 吉川晃司 与那嶺 マツダ ロペス 広島つけ麺 高津臣吾 もみじ饅頭 シティホテルと高層ビルが少ない
    はつかいち【廿日市】広島県南西部の市。広島湾に面し、カキの養殖や土木・酒造業が盛ん。もと山陽道の宿場町、市場町。住宅地。

  • 数年前、広島に、数週間滞在したことがある。そのときの印象は、狭いである。当然のことだが、百万都市なのだから、狭いわけが無い。東西は、広島駅から原爆ドーム、南北は広島城から中国電力本社ぐらいまでだろうか。その外も、市内なのだが、別の町という印象である。

  • 広島について色々な角度から取り上げてあって面白いです。

  • 広島の歴史、地理、文化を解説。
    多分に広島出身ではない著者の主観的な部分があるので、「違う」と思う広島人もいるとは思いますが、他県民としては理解が深まります。

  • 同じ広島県でも備後地方出身の私にとっては、初めて知った事もいくつかあって面白かった。

  • 広島来たら読むとよい。

  • 外へ。前へ。

    県民性もそうだが、占いの類はどうしても斜に構えてしまう。
    そんなもので決まれば苦労しない、と思いつつも気になり見てしまう。そして、コロッと忘れてしまう。今回もそのような経緯で手にとってしまった。

    本書は特にある集団に絞っているわけだから、当然主たる購買者となる広島人にとって耳障りのいい内容であるだろう。
    そんな思いを常に心に抱きつつ、些か懐疑の目で話半分に読んでいた。
    しかし、「ラテン気質」「自立心の強さ」「楽観主義」「中華思想」「進取の気風」など、広島人らしさをこれでもか、と投げつけてくる筆者に、何故か笑いが込み上げてきた。

    個人的には、その広島人らしさの原因にもっと紙面を割いてほしかった。
    数々の事例を並べるよりも掘り下げて、一本芯の通った道を示してほしかった。
    瀬戸内気候、安芸門徒、耕地面積の少なさの相互関係を突き詰めていけば面白そう。

    広島人から叩かれる内容もあるだろうが、結構面白く読めた。
    地方都市の故郷ってこんな感じ。私も故郷に帰りたくなってきた。


    明日は無条件で今日よりいい日になる

  • 前半部分は納得することも多く。自分では当たり前だったことが“広島”ならではという発見もあり興味深かった。
    けれど後半になるにつれてページかせぎのような流れになっていき退屈になった。ので星2つ。
    結局県外の人に知った顔で言われてもねーって感じ。

  • うん、まあ…どこの書店でも平積みしてあったので…
    そんなに深く考察してあるようなものでもないので、まあそうだねーそんな感じかなーという感じ。

  • かなり長い広島在住だけど、広島出身ではない私が客観的に見て、当てはまるかもなぁ、と思う部分が多くありました。
    客観性を失わず、それでいて広島愛を感じさせてくれる良い本でした。

  •  名古屋出身の著者が広島についての情報を収集し、第三者として広島県を分析している。
     戦国時代から始まり、現代(平成23年3月)に至るまでと、長期の資料に当たっており、その情報は膨大だ。

     おかげさまで、広島市民の私でも知らなかったこと、知っていたけれどその背景までは学んではこなかったこと、などまめ知識を増やすことができた。
     広島市に限らず、呉や西条などその他の地域についても述べられているので、広島市民が読んでも面白いし、他地域の方々が読んでもそれなりに面白いと思う。

     総じて、「広島について浅く広く知ることが出来る」というのが、本書のよさだろうか。


    ※ この本の出版にあたり、広島では各書店で様々な企画・キャンペーンを行い、私事ではあるがクイズ懸賞で新潮社グッズを手に入れることができたありがたい本である。

  • 広島について、ある意味偏見に満ちた書物。ステレオタイプな広島の見方から、ナルホドと言う物までいろいろある。広島人なら読み物として面白いね。

全37件中 1 - 25件を表示

広島学 (新潮文庫)に関連するまとめ

広島学 (新潮文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

広島学 (新潮文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

広島学 (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

広島学 (新潮文庫)の作品紹介

瀬戸内のおだやかな気候にめぐまれながら、赤ヘル軍団の応援となると、なぜかくまで彼らは熱くなるのか?消費、健康など各種の統計では、日本人の平均像ともされる広島人だが、やはり独特の気風と慣習が、あの熱を育んでいた。世界遺産・原爆ドームやお好み焼き、ヤクザ、チンチン電車だけではない100万都市の奥の奥。地理、歴史から観光まで、知られざる広島に迫る薀蓄、蘊奥の一冊。

ツイートする