ライアー (新潮文庫)

  • 86人登録
  • 3.81評価
    • (8)
    • (7)
    • (11)
    • (1)
    • (0)
  • 9レビュー
著者 : 大沢在昌
  • 新潮社 (2017年3月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (725ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101260334

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

ライアー (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

  • 女性の殺し屋が、一般の男性と結婚するも家族に隠れて殺し屋稼業を続ける「嘘」。
    夫の死に対して、「愛していたわけじゃない」と自分につく「嘘」。
    神村の今後が気になる。

  • 刑事、詐欺師、運び屋、殺し屋…と、作品ごとにまったく異なるハードボイルドの世界が
    繰り広げられる。

    そして、今回は女殺し屋。

    感情を動かさず人を殺す、神村奈々はチームの一員として仕事をこなす。
    「処理担当」としての顔とは別に、夫と子どもを持つ主婦の顔も併せ持つ。
    神村のもとに、夫が女性と一緒に死亡したという知らせが入った。

    いつもながら、スピーディーなストーリー展開で、
    一気に読んでしまった。

    だが、組織から追われることになるだろう、神村と駒形の今後が気になる…。

  • 女性殺し屋が主人公。スピード感ある運びでスイスイ読めた。

  • 最初は彼女をヒーローみたいにおもってたが、いやいや、やっぱり殺しはダメだよー
    駒形がせつない。

  • 傑作です。
    このようなハードボイルド作品も女性が主人公になるのは時代背景なのでしょうか。

  • 神村奈々という名を持つ女の秘密の仕事。彼女から見た人間模様は読めるけれど、夫から見たそれは想像してみるしかない。洋祐さん本人はどんな風に眺めていたのだろうか

  • 主人公の奈々自身を含め、多くの作中人物達が“嘘”を重ね、秘密を抱える状況であり、事態は二転三転し、奈々は牙をむく凶悪な敵を向こうに回す羽目になる。そして、誰が敵で、誰が味方なのかさえも不明朗になって行ってしまう…

    他方…変な型で失ったことが契機で、奈々が秘密の他方に謳歌していた女性としての幸せの尊さを深く実感して行くというような一面も在る物語だ…

    硝煙や血煙が立つアクションを交えながら、嘘や秘密が多い世界での複雑な謎解きと、幸せや愛を何処かで追うような感じ…重厚な物語だ!!

    本作は、この文庫本で3回目の書籍化だということなのだが…なるほど“名作”である…或いは、「この物語の後の奈々?」ということを考えさせる余韻も強い…

  • 穏やかな研究者の夫。素直に育った息子。幸せな家庭に恵まれた神村奈々の真の姿は対象人物の「国外処理」を行う秘密機関の工作員だ。ある日、夫が身元不明の女と怪死を遂げた。運命の歯車は軋みを立て廻り始める。次々と立ちはだかる謎。牙を剥く襲撃者たち。硝煙と血飛沫を浴び、美しき暗殺者はひとり煉獄を歩む。愛とは何か―真実は何処に?アクション・ハードボイルドの最高傑作。

    期待して読んだのだが、アクション少な目の会話劇。うーむ。

  • 時々、理屈っぽすぎる作品もあるけど、この作品はナイスな設定だった。続きを読みたくて最後まで一気に読んでしまった。

全9件中 1 - 9件を表示

ライアー (新潮文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ライアー (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ライアー (新潮文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

ライアー (新潮文庫)の作品紹介

美しき妻の素顔は秘密機関に属する凄腕の暗殺者。穏やかな研究者の夫。素直に育った息子。幸せな家庭に恵まれた神村奈々の真の姿は対象人物の「国外処理」を行う秘密機関の工作員だ。ある日、夫が身元不明の女と怪死を遂げた。運命の歯車は軋みを立て廻り始める。次々と立ちはだかる謎。牙を剥く襲撃者たち。硝煙と血飛沫を浴び、美しき暗殺者はひとり煉獄を歩む。愛とは何か――真実は何処に? アクション・ハードボイルドの最高傑作。

ライアー (新潮文庫)はこんな本です

ライアー (新潮文庫)の単行本

ライアー (新潮文庫)の新書

ツイートする