超・偉人伝―カリスマたちは激しいのがお好き (新潮文庫)

  • 26人登録
  • 3.44評価
    • (1)
    • (6)
    • (8)
    • (1)
    • (0)
  • 3レビュー
著者 : 福田和也
  • 新潮社 (2003年11月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (378ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101261249

超・偉人伝―カリスマたちは激しいのがお好き (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 『オバはん編集長でもわかる世界のオキテ』(新潮文庫)の続編。ヒトラー、ケネディ、田中角栄、ナイチンゲール、ナポレオンといった、古今東西のカリスマたちの姿を、福田和也が極悪非人情トークで解説しています。

    「白衣の天使」のイメージのあるナイチンゲールの実像が、統計学を駆使した、近代戦における衛生看護の確立者だったというのは、おもしろいと思いました。ケネディがただの女好きだったのにも驚きました。

  • これねぇ、すべてがほーーーーーー!!とな、かなり感嘆したです。

    中でもナイチンゲール、ヒトラー、ケネディとかとか、そうだったのねぇ!です。

    個人的にはド・ゴールのお話しが好み。歴史好き嫌い関係なくおすすめです。

全3件中 1 - 3件を表示

超・偉人伝―カリスマたちは激しいのがお好き (新潮文庫)はこんな本です

ツイートする