流転の王妃の昭和史 (新朝文庫)

  • 282人登録
  • 3.82評価
    • (39)
    • (50)
    • (63)
    • (2)
    • (0)
  • 56レビュー
著者 : 愛新覚羅浩
  • 新潮社 (1992年3月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (314ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101263113

流転の王妃の昭和史 (新朝文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 久しぶりにひっぱり出してきて読みました

    何度読んでも、この人の過酷な運命を受け入れ
    誰を恨むでもなく、耐え忍ぶ様と
    深い愛で結ばれた夫婦の絆に感銘を受けます

    侯爵家の姫として生まれた作者が、
    清朝皇帝家の妃として
    日本と同じように中国を尊び愛する姿勢に
    美しさを感じました

  • 祖母が亡くなりました。
    それを期に、「祖母は幸せだったんだろうか」と考えるようになりました。
    しかし、私は祖母がどんな人生を歩んできたのか、私が生まれるより前どんな世界を見て来たのか、何も知りませんでした。
    満州に居たと言う話は聞いたことがあります。しかし、それ以上は詳しく聞いたことが無かったのです。
    祖母の生きた時代や生活を、少しでも知りたいと思い手に取ったのがこの本でした。
    この本の筆者は、祖母と同じような年齢の女性です。生きた時代や、見て来た時代も似たようなものだった事と思います。

    ラストエンペラーなんて、遠い遠い時代の話だと思っていた私は歴史の事など本当に何も知りませんでした。
    ラストエンペラー(溥儀)が満州の皇帝であった事、溥儀の弟(溥傑)が日本人と結婚していた事、その一族(愛新覚羅家)が波乱の日々を過ごしていた事、ラストエンペラーの弟が最近まで生きていた事、その娘が今も日本で生活して居る事、全て初めて知りました。
    この本を読むのは、正直とても疲れました。
    色々考えさせられる事が多く、何度も中断しながら読む事になったからです。
    遠いと思っていた昔が、実は意外と近い昔で、そんな頃に現代に生まれて育っている私には想像もしないような世界が広がっていました。
    自由や個人が尊重されない時代、それを当り前だと思って生きて行く。
    中国と日本で恨み争う時代に、中国人と日本人が結婚して両国の友好を願いながら、悪化する関係を見ている事しか出来ない。
    中国人の夫を持って、日本人の血を持って、歴史と国の狭間で生きていた筆者の人生が書かれていました。
    日本人で有りながら、中国人の温かさを訴え、日本人の非道さを訴える内容が多く、日本人として恥ずかしくなったり切なくなったりします。

    政略結婚だった二人が、本当に愛し合っていた事がハッキリ伝わってくる内容で、最後はホッと心が温かくなって読み終われました。
    体験した本人だから書ける本で、読めて良かったと思いました。

  • 中国と日本の中立の立場で批評されているのが良かった。
    軍国主義とはこのような人生をうんでしまうのだと感じた。
    あとは女性的な見方だと思った。
    満州国とかその辺りの歴史知識が余りにもないことに気づいた。歴史を勉強したいな。

  • 新書文庫

  • ラスト・エンペラーとして知られる愛新覚羅溥儀の弟、溥傑に嫁いだ日本人浩の手記。

    箱入りのお嬢様として育てられた少女期、突如として降ってわいた政略結婚への戸惑い、理想と現実のギャップに苦しんだ妃としての生活、そして流浪、帰国してさえも続く苦難。

    歴史の中枢近くに位置した方ならではの、貴重な証言が次々と飛び出してきて、読者の胸を打ちます。既に遠くなってしまった昭和と言う時代をもう一度見直すには、絶好の一冊でしょう。

    ただ、個人的には筆者のお嬢様っぷりが若干鼻につきました。天城山心中も、本書とは違う見方があるようです。だけどこれは歴史書ではなく、あくまでも自伝。激動を生き抜いた筆者の思いを、素直に受け取りたいと思います。

  • 清朝ラストエンペラー愛新覚羅溥儀の弟、溥傑さんと日本人女性である浩さんご夫婦の生きた日々。
    激動の時代、様々な思惑からのスタートしたふたりであったけれど、彼らの互いを想い合う姿は本当に素晴らしく(素晴らしいという言葉をこんなにも軽く使うことを非常に躊躇われるが)本書を読んでいない時間、日常のふとした瞬間にも何度も何度も自分の頭の中に思い描きたくなる。教科書には載っていない、しかし自分は息子に伝えたいということを教えられた1冊である。

  • 何度でも読める本
    政略結婚で多くの困難を乗り越えてもちゃんとつながっている夫婦もいると強く感じる

  • 浩さんのことも気になったけど、
    「溥儀」の人となりについて少しでも知りたくて読みました。

  • 4101263116 314p 1992・3・25

  • 今の時代からは想像もできないようなことばかりだが、実際にあったこと。やはり母は強い。戦後から引き揚げまでの1年半は衝撃的だった。

全56件中 1 - 10件を表示

愛新覚羅浩の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

流転の王妃の昭和史 (新朝文庫)に関連する談話室の質問

流転の王妃の昭和史 (新朝文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

流転の王妃の昭和史 (新朝文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

流転の王妃の昭和史 (新朝文庫)のハードカバー

流転の王妃の昭和史 (新朝文庫)の単行本

ツイートする