ただ栄光のために―堀内恒夫物語 (新潮文庫)

  • 34人登録
  • 3.62評価
    • (2)
    • (4)
    • (7)
    • (0)
    • (0)
  • 4レビュー
著者 : 海老沢泰久
  • 新潮社 (1985年2月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (411ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101266039

ただ栄光のために―堀内恒夫物語 (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 日本ハムの二刀流ルーキー大谷選手の活躍と論議に盛り上がっている日本プロ野球界だが、ちょっと待て。大谷の前にすでに二刀流で結果を残したこの選手を忘れているのではないか。

    堀内恒夫。高卒ルーキーで新人王。巨人9連覇にONとともに貢献し、MVP、最多勝などのタイトルと通算203勝を達成。これだけの超一流投手でもあり、野手顔負けのホームランバッターでもあった。3打席連続本塁打に日本シリーズで2打席連続本塁打。引退試合の最終打席でも本塁打。

    そんな華々しい実績だけではなく、世間知らずの言動や練習態度でも世間を騒がせた孤高のスーパースターだ。そんな堀内選手の現役時代を小説化。誰に対しても我が道を貫く、堀内の男っぷりがカッコイイ。

    大谷選手と比較されてもおかしくない選手なのに、世間が騒がないのは、巨人監督時代と国政選挙出馬の失敗で印象が悪いせいか?

  • だいぶ以前に読んだ本の再読。昔のプロ野球は熱気があった。堀内のオーバースローはかっこよかった。

  • 堀内が本当に魅力的な選手だったんだと思えて来る。再読、再々読した記憶がある。

  • さすがの文章力。期待通り楽しく読める。寅ファンですが、堀内氏がちょっと身近になりました。

全4件中 1 - 4件を表示

ただ栄光のために―堀内恒夫物語 (新潮文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

ただ栄光のために―堀内恒夫物語 (新潮文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

ただ栄光のために―堀内恒夫物語 (新潮文庫)はこんな本です

ただ栄光のために―堀内恒夫物語 (新潮文庫)の文庫

ツイートする