母性 (新潮文庫)

  • 3076人登録
  • 3.41評価
    • (87)
    • (329)
    • (416)
    • (87)
    • (17)
  • 341レビュー
著者 : 湊かなえ
  • 新潮社 (2015年6月26日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (359ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101267715

母性 (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

  • 伏線ぽいものがたいした伏線じゃなかったり、話の帰結が簡単すぎてストーリーにもう一捻りほしかったので星3つ。でも読みやすかったし話のキーとなる視点は面白かった。
    オードリー若林ほど(そして私ほど)自意識過剰じゃないにしても、社会で生きるうえで人間は他者との関わりで自分を見つめるものだと思うんですよ。つまりある程度相対的な存在として自分を見つめて、自分ってこんな感じでいいとか良くないとかって思うものではないかと思うのです。
    でも、母は子供に対していきなり絶対的な存在になる。これってすごく普通と違うのではと思うのです。
    ある時期まで他人の世界の中心に君臨するわけですよ。そして子供に絶対的な愛を求められるし、母は絶対的な愛を与える。これってすごいなと。こんな感じでいいかな、っていう遊びも少ないのではと。
    それって怖くない?と思うんだけど、でもそれが自然にできるのが母であり母性なのかなと思ったりします。
    で、この本に出てくる母と娘はまさにそこに問題(?)を抱えているわけです。なので視点は面白かった。
    この小説ほどドラマチックな設定にしなくても、もっと怖いストーリーはいっぱい書けそうな気が。

  • オチがすっきりしない。。。結局りっちゃんのお店で飲んでいた2人の意味は?清佳は首をつってはないの??

  • ゲロ重いし、辛く悲しいのだけれど、読んで良かったと思える。捉え方見え方が、母と娘で違うところが、感慨深い。心が弱い人の本読むと、同情したくなる。

  • 女子高生が住宅の中庭で倒れているところを発見されたという記事で幕開け。事故か自殺か。母親は「愛能う(あたう)限り大切に育ててきた娘がこんなことになるなんて」とコメント。以降、「母の手記」と「娘の回想」がそれぞれの一人称で交互に語られます。いったいどういう結末に落ち着くのかが気になって、先へ先へと読み進めることになりますが、あとがきで蔦屋書店の方がおっしゃっているとおり、とにかく語り手が信用ならず、不愉快な思いが拭えません。ものすごくできた人間であることを自分でアピールしている母親。なのに娘は虐待を受けているのではないかと感じさせる部分もいくつか。嫁いびりに精を出す姑と小姑の存在も不愉快で、そのまま最後までまっしぐら。が、本作に関してはこの不愉快さが面白い。母性とは何かをしばし考え込んでしまいました。最後まで読み、最初の頁に戻ってしばし呆然。もしかすると思いきり騙されていたのかも。

  • 母娘のねじれた話。
    何をするにも母親が全ての娘。我が子が産まれたからと言ってそこは変わることのない一直線な愛。
    湊さんと言えばの独白系。なれど侮れない。独白でも全て真実とは限らないのか。子どもからの語りの中で親になりきれてない親の異常さ無情さに輪郭がつく。かと言って子どもの方が真実とも限らないわけで。
    この家族を外側からの目線で描いていない分、孤独な不気味が闇を増す。
    今回も素晴らしくもやもやさせていただきました。

  • 最後まで読み終えて、ようやく全体像が見えてくる物語だった。
    「わたし」が語り手となって進む物語は、どこか歪つで不安定で、じんわりと侵食されていくような気持ち悪さが付きまとう。
    一番近いところにいるはずの母娘が、実は誰よりも遠い存在になっていく。
    近すぎるからこその拒絶や憎しみも、求め続け愛し続ける不毛な思いも、誰にも起こりうるものなのだろうか。
    母性とは何なのだろう。
    いつ母性は生まれ、どうやって育っていくのだろう。
    誰にもあって当たり前だと思われている「母性」という実体のないもの。
    あたたかなイメージしかなかった「母性」という言葉に、物語を読み終えてからは得体のしれない怖さも感じるようになってしまった。

  • 私はふたりの女の子の母親だけど、まったく共感できなかった。母親はどうして母から自分がしてもらったことを娘にできなかったのか、 また娘は母親は不器用な母なりの愛はあったのに全く愛されてないと思ったのか。わからない。

  • 娘のままでいたい母、見返りによってしか愛を感じられない母
    愛を求める娘、母性を持って母に接する娘

    どちらも自分もそうなんじゃないかと不安になったし
    一見して問題ない人物としてたくさん転がっている話なのが怖かった

  • 歪んだ親子愛?
    過剰な母への愛情?
    期待に応えようとするあまりに違った方向に向かう心。
    最後まで怪しい家族関係が続いています。
    まさにイヤミス。
    さすが湊かなえ!!

  • 怖い。すっごい怖いけど勢いよく読んだ本。
    女性にオススメ。
    女の怖さ。

    でも最後の章で「え?」てなるけど、
    そこがまた怖い。
    これは誰の視点?誰の話?てなる。

  • 母と娘の話。
    これは自分も他人事ではないのでとてもよくわかる部分がある。
    私はきっと祖母だ。
    実母と娘どちらかしか助けれないとなれば間違いなく娘を選ぶだろう。
    母に関しては先に逝く者という認識がある。
    私と母の関係も他の友人から比べたらなかなか濃密だったように思う。
    それは母が若かったからだと思っていた。
    20歳で私を産んだ母は他のお母さんよりもいろいろな事に理解度が高かった。
    本の様な状況になったら母も間違いなく孫を助けろと言うだろう。
    私はそれを感謝するだろう。
    だけどこの本は違う。
    母親は娘を恨む。
    そこが理解できない。
    そして今の私と娘の関係もやはり濃密だと思う。
    私と母よりも濃密だと思うのは私は母に何でも話したりしなかったし、できるだけ隠そうとした事を娘は事も無げに話してくる。むしろ聞いて欲しいという。
    そのたびに私は何か間違ってる気がして不安になる。
    なんとなくこの本に出てくる娘が娘と重なる気がする。
    読んでいると想いの伝わり方の違いが双方の話から浮かび上がってくる。
    まぁ母親の方は自分がした事は全てなかった事として語られていてかなり自己中だと思われるけど。
    だけどこんなすれ違いは私と娘にもある。
    温度差があるのだ。
    そんな事を考えさせられながら読んでいた。
    最後は辛いだろうなと思ってたんだけど意外とハッピーエンドな感じだったので拍子抜けした。
    わかないのは冒頭のニュース。
    あれは何も関係ないってことなのね。
    それに引っかかった教師が娘ってつなげたかっただけって事でいいのかな。
    ニュースの子が自殺だったのか事故だったのか気になるけど(笑)

  • 読み応えがあるので途中までは楽しく読めましたが、後半になるにつれなんか惰性になってしまいました。そして最後のやっつけ感よ・・・
    後味の悪い話書きすぎて嫌になったのか?

  • 母性。
    私も一応、母なので。備わっているのか?いないのか?
    ちょっと考えさせられる。
    そして、一気に読める。

  • 自殺した娘と母の手記を交えて物語が進行する。
    愛されずに育った娘と、娘を愛せない母
    母がマザコンで、何をするにも判断が母(娘にとっては祖母)にゆだねられて生きている。祖母は娘が幼いうちに死んではいるが。。。

  • 衝撃作!一気読み。
    湊かなえさんってやっぱりすこまいと思った。

    最後の最後でこう繋がってくるんだというすっきり感というか納得感。
    りっちゃんってあの律子さんのことか。ヒデって英紀のこと。そして何故それが分かるのか…。

    母親の歪んだ愛情。母は母で一所懸命娘を愛していたのかもしれないが、それが娘に対しての愛なのか、娘を愛している母親自身を愛しているからなのか。

    結局、あなたは私が好きなんじゃなくて、私を愛してる自分が好きなんでましょ、って。

    分かるなぁと思いながら読んでた。

    あるいは、いつも「良い子」をしてしまう自分。
    「愛能う限り娘を大切に育ててきた」と答えたこの母親のように自分もなってしまうのかなという危惧も抱いたり。

    ハッピーエンディングという訳ではないけど、最後は穏やかに収まったのかなぁ。
    でも、母と娘の関係って難しいのかなぁ。
    なんて。

  • やっぱり湊かなえはなかなかおもしろいね。
    子供の名前ってなんだっけって途中思ったけど、後半で出てきた。それも表現の仕方だよね。
    母が祖母に執着しすぎで子供がかわいそうだと思った。そんなに祖母のことが好きなのかな...それだったら子供にもその愛を与えたらいいのにな。と思ったけど子供いないから気持ちはわからないけどね。母性ってなんだろね。いろんな形があるだろけどね。
    母と子供と国語教師の視点で描いてあってそれぞれの考え方や見たものが違って面白かった。
    まさか自殺しようとしてたのが子供だと思っていなかったから、途中で子供のことだったのかと気づいて話が繋がって面白く感じた。
    台風の日から家族に悲劇が...何年たっても忘れたくない、忘れれない、溝を作ってしまった出来事だったんだな。
    あと英紀がわがままで読んでてイラッとした。笑

  • もやもや。何とも言えない読後感。私には息子しかいないので、ルミ子の気持ちが全く理解出来ないのだが、ここまでないにしても、私の周りには娘を持つ似たようなママ友が多い気がする。そして本人達は全く気付いていない。果たしてこれが「母性」なのだろうか?息子4人を育てる私にはない感情だわ笑。つい引き込まれ2日で読了。

  • 重かった。。。母親が娘の心の声を聞かずに向き合わなくて、心が痛んだ。母親が精神的に参ってたからだと思う。娘の回想では、悲痛な叫びに何度か泣きそうになった。。

  • 母と娘が過去を回想していく物語。
    庭に花が咲く高台の小さな家で親子三人は幸せな日々を送っていた。
    しかし、泊まりにきていた母親の母親が土砂崩れで亡くなった時に幸せな暮らしは一瞬にして崩れ去った。
    一家は父親の実家に住むことになり、母親にとって地獄のような生活が始まった・・・。

    異常なマザコンの母親と、母の愛を渇望しながらも愛されない娘の回想が交互に語られていきます。

    最初から不穏な空気が立ち込め、不安定なざらざらとした手触りの物語空間を構築しています。
    ゾクゾクしながら読み進めました。

    母親は、自分の母親にべったり依存し、母がどうしたら喜んでくれるか、自分をほめてくれるか、行動の全てがそれが基準になっています。
    母親は娘にも同じ依存関係を強要し、自分の理想像を押し付けてきます。
    娘は母に応えようとするが、成長とともに違和感を感じ、母からの無償の愛を得られないことに苦しむようになります。
    人は、育てられたのと同じやり方でしか人を愛することができないので、この母親は歪んだ愛を娘に与えることしかできないんですね。

    母親と娘が、それぞれ自分の母親の愛を求めるさまは信仰や報われない恋にも似ていて、とても切なくなりました。

    生んだだけでは母親になれない。
    母性の正体について考えさせられました。
    子どもに捧げる無償の愛、自分の命を次世代に繋げていくための愛・・・。
    愛するという行為は相手に伝わり心を満たしてこそ完成するものなのかもしれません。

    このお話、どう着地させるのか気になって読み進めていくと・・・意外な結末でした。
    母娘のわだかまりを解いてくれたのはなんと「時間」なんですよね。
    衝撃的な結末などではなく「時間」というのがとてもリアルです。

    真実が明らかになるとき、趣向を凝らしたミステリの貌で読者をあっといわせるのがこの著者の常道ですが、今回はなんだか曖昧な結末が物語の切れ味を鈍くしている気がしました。

    それにしても、家庭内での父親の存在感の無さ!!・・・怖すぎです。

  • 母が子を思う気持ちと、子が母を思う気持ちは違う。

    とても過酷な環境下での話。
    なのに、最後はみんな仲良しになった?

  • 一回読んだけど内容をすっかり忘れてもう一度。
    嫌な母親だなあ!

  • 他の湊かなえ作品からすると
    あっさり柔らかい印象。
    でもここまで1人1人を
    細かくリアルに描写するのはさすがと思った。
    母と娘…
    自分と母の関係、母と祖母の関係
    自分といつか産まれるかも知れない娘の関係
    あまりに身近、考えさせられる。

全341件中 1 - 25件を表示

母性 (新潮文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

母性 (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

母性 (新潮文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

母性 (新潮文庫)の単行本

ツイートする