母性 (新潮文庫)

  • 3166人登録
  • 3.41評価
    • (91)
    • (334)
    • (425)
    • (88)
    • (18)
  • 347レビュー
著者 : 湊かなえ
  • 新潮社 (2015年6月26日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (359ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101267715

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

母性 (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

  • マザコンの歪みきった形のようでした。
    母は娘を立派に育てひとり立ちさせようとしていたのに、娘は世界で1番母が好きで、すべての行動を母のためにする。母が死んだあとの、「どうしてこの子(自分の娘は世界)には母親がいるのに私にはいないのだろう」という言葉が印象的でした。

    でもラストは、個人的には好きなおわり方でした。いつものモヤモヤややるせない感じがなく、幸せに終わったように思いました。

  • 女の人が全員母性を持って生まれるわけではない、子供が可愛いと思う気持ちや育てたいと言う気持ちは子供が生まれてから養われるものであって生じるものではない、と言うことを第一のテーマ、さらに女性を母(母性を持ちやすい?子供を愛し守る人)と娘(母の加護の元にいたい人)にわけそれを壁にお互いを理解しあえない母娘の悲劇を第二のテーマとしていた。解説にもあったが、娘母どちらの精神が崩壊するスレスレの人物であるため、どちらの言っていることが正しいのか、どちらの目線に立って考えればいいのか悩ませる、しかしそれがミステリーとして非常に楽しい作品であった。印象的になったのが最後のほうのシーンで母は娘を抱きしめようと思って手を伸ばしたとあったが、娘からしてみればそれは自分の首を絞めるために伸ばした手とあった。これを見ていかにこの母娘がわかりあえていなかったのか、すれ違いがどれほど激しいものだったのかがわかり、自分としては娘の立場として、娘に非常に同情してしまった。また、親子と言えども他人同士がわかりあうことの難しさを改めて考えさせられた。

  • わたしは母親か、それとも娘か?

    母親である「私」という語り手にはただただ嫌悪感しか無かった。
    無償の愛を注がれて育ったはずなのに、なんでこんなに歪んでしまったんだろう?
    それとも、無償の愛を注がれて育ったわけでは無かったんだろうか?
    その辺は特に触れられなかったけど。
    娘である「わたし」という語り手はなんというか不憫だった。

    読み終わってから、代官山蔦屋の方が書いた解説を読んで納得した。そうか、どっちの語り手も信用してはいけない語り手なんだ。

  • 陰気で救われない。ああ、湊かなえってこうだったよなあ、と思いながら。
    でも引き込まれて一気に読んだ。
    親子や家族ってなんなんだろう。どうしてこうも、通じ合えないんだろう…

  • 久々の文庫本。
    母のあくまで自分の母親の娘である、感に全く共感できないまま、続きが気になり一気に読みましたが、終わりまで見て呆然。

    一様丸くおさまったのか、どこまでが本当でどこまでが嘘かが分からないけど、とりあえず居酒屋で会話していた二人が何者かが一番気になる。。

  • まるで自分と母のようだと感じました。
    それを客観的に本から教えてもらっているような感覚…。

    とてもとても感情移入しながら読めましたが、先生達の登場、りっちゃんのたこ焼き屋さんとしての登場に意味が見出せず、解決しないまま終わってしまったので星3つにしました。

    こういうのがイヤミスなのかな?
    リバースの構成は好きだったけど、こちらの構成は私にはあまり合わなかったようです。
    文章の内容は素晴らしかった。

  • どの登場人物にもあまり共感できなかった。
    湊さんの小説は、読みはじめてから、読まなくても良かったと思うことが多い。たぶんテーマが惹かれるんだろうなぁ。ドラマになるとおもしろい。

  • 伏線ぽいものがたいした伏線じゃなかったり、話の帰結が簡単すぎてストーリーにもう一捻りほしかったので星3つ。でも読みやすかったし話のキーとなる視点は面白かった。
    オードリー若林ほど(そして私ほど)自意識過剰じゃないにしても、社会で生きるうえで人間は他者との関わりで自分を見つめるものだと思うんですよ。つまりある程度相対的な存在として自分を見つめて、自分ってこんな感じでいいとか良くないとかって思うものではないかと思うのです。
    でも、母は子供に対していきなり絶対的な存在になる。これってすごく普通と違うのではと思うのです。
    ある時期まで他人の世界の中心に君臨するわけですよ。そして子供に絶対的な愛を求められるし、母は絶対的な愛を与える。これってすごいなと。こんな感じでいいかな、っていう遊びも少ないのではと。
    それって怖くない?と思うんだけど、でもそれが自然にできるのが母であり母性なのかなと思ったりします。
    で、この本に出てくる母と娘はまさにそこに問題(?)を抱えているわけです。なので視点は面白かった。
    この小説ほどドラマチックな設定にしなくても、もっと怖いストーリーはいっぱい書けそうな気が。

  • オチがすっきりしない。。。結局りっちゃんのお店で飲んでいた2人の意味は?清佳は首をつってはないの??

  • ゲロ重いし、辛く悲しいのだけれど、読んで良かったと思える。捉え方見え方が、母と娘で違うところが、感慨深い。心が弱い人の本読むと、同情したくなる。

  • 女子高生が住宅の中庭で倒れているところを発見されたという記事で幕開け。事故か自殺か。母親は「愛能う(あたう)限り大切に育ててきた娘がこんなことになるなんて」とコメント。以降、「母の手記」と「娘の回想」がそれぞれの一人称で交互に語られます。いったいどういう結末に落ち着くのかが気になって、先へ先へと読み進めることになりますが、あとがきで蔦屋書店の方がおっしゃっているとおり、とにかく語り手が信用ならず、不愉快な思いが拭えません。ものすごくできた人間であることを自分でアピールしている母親。なのに娘は虐待を受けているのではないかと感じさせる部分もいくつか。嫁いびりに精を出す姑と小姑の存在も不愉快で、そのまま最後までまっしぐら。が、本作に関してはこの不愉快さが面白い。母性とは何かをしばし考え込んでしまいました。最後まで読み、最初の頁に戻ってしばし呆然。もしかすると思いきり騙されていたのかも。

  • 母娘のねじれた話。
    何をするにも母親が全ての娘。我が子が産まれたからと言ってそこは変わることのない一直線な愛。
    湊さんと言えばの独白系。なれど侮れない。独白でも全て真実とは限らないのか。子どもからの語りの中で親になりきれてない親の異常さ無情さに輪郭がつく。かと言って子どもの方が真実とも限らないわけで。
    この家族を外側からの目線で描いていない分、孤独な不気味が闇を増す。
    今回も素晴らしくもやもやさせていただきました。

  • 最後まで読み終えて、ようやく全体像が見えてくる物語だった。
    「わたし」が語り手となって進む物語は、どこか歪つで不安定で、じんわりと侵食されていくような気持ち悪さが付きまとう。
    一番近いところにいるはずの母娘が、実は誰よりも遠い存在になっていく。
    近すぎるからこその拒絶や憎しみも、求め続け愛し続ける不毛な思いも、誰にも起こりうるものなのだろうか。
    母性とは何なのだろう。
    いつ母性は生まれ、どうやって育っていくのだろう。
    誰にもあって当たり前だと思われている「母性」という実体のないもの。
    あたたかなイメージしかなかった「母性」という言葉に、物語を読み終えてからは得体のしれない怖さも感じるようになってしまった。

  • 私はふたりの女の子の母親だけど、まったく共感できなかった。母親はどうして母から自分がしてもらったことを娘にできなかったのか、 また娘は母親は不器用な母なりの愛はあったのに全く愛されてないと思ったのか。わからない。

  • 娘のままでいたい母、見返りによってしか愛を感じられない母
    愛を求める娘、母性を持って母に接する娘

    どちらも自分もそうなんじゃないかと不安になったし
    一見して問題ない人物としてたくさん転がっている話なのが怖かった

  • 歪んだ親子愛?
    過剰な母への愛情?
    期待に応えようとするあまりに違った方向に向かう心。
    最後まで怪しい家族関係が続いています。
    まさにイヤミス。
    さすが湊かなえ!!

  • 怖い。すっごい怖いけど勢いよく読んだ本。
    女性にオススメ。
    女の怖さ。

    でも最後の章で「え?」てなるけど、
    そこがまた怖い。
    これは誰の視点?誰の話?てなる。

  • 母と娘の話。
    これは自分も他人事ではないのでとてもよくわかる部分がある。
    私はきっと祖母だ。
    実母と娘どちらかしか助けれないとなれば間違いなく娘を選ぶだろう。
    母に関しては先に逝く者という認識がある。
    私と母の関係も他の友人から比べたらなかなか濃密だったように思う。
    それは母が若かったからだと思っていた。
    20歳で私を産んだ母は他のお母さんよりもいろいろな事に理解度が高かった。
    本の様な状況になったら母も間違いなく孫を助けろと言うだろう。
    私はそれを感謝するだろう。
    だけどこの本は違う。
    母親は娘を恨む。
    そこが理解できない。
    そして今の私と娘の関係もやはり濃密だと思う。
    私と母よりも濃密だと思うのは私は母に何でも話したりしなかったし、できるだけ隠そうとした事を娘は事も無げに話してくる。むしろ聞いて欲しいという。
    そのたびに私は何か間違ってる気がして不安になる。
    なんとなくこの本に出てくる娘が娘と重なる気がする。
    読んでいると想いの伝わり方の違いが双方の話から浮かび上がってくる。
    まぁ母親の方は自分がした事は全てなかった事として語られていてかなり自己中だと思われるけど。
    だけどこんなすれ違いは私と娘にもある。
    温度差があるのだ。
    そんな事を考えさせられながら読んでいた。
    最後は辛いだろうなと思ってたんだけど意外とハッピーエンドな感じだったので拍子抜けした。
    わかないのは冒頭のニュース。
    あれは何も関係ないってことなのね。
    それに引っかかった教師が娘ってつなげたかっただけって事でいいのかな。
    ニュースの子が自殺だったのか事故だったのか気になるけど(笑)

  • 読み応えがあるので途中までは楽しく読めましたが、後半になるにつれなんか惰性になってしまいました。そして最後のやっつけ感よ・・・
    後味の悪い話書きすぎて嫌になったのか?

  • 母性。
    私も一応、母なので。備わっているのか?いないのか?
    ちょっと考えさせられる。
    そして、一気に読める。

  • 自殺した娘と母の手記を交えて物語が進行する。
    愛されずに育った娘と、娘を愛せない母
    母がマザコンで、何をするにも判断が母(娘にとっては祖母)にゆだねられて生きている。祖母は娘が幼いうちに死んではいるが。。。

  • もやもや。何とも言えない読後感。私には息子しかいないので、ルミ子の気持ちが全く理解出来ないのだが、ここまでないにしても、私の周りには娘を持つ似たようなママ友が多い気がする。そして本人達は全く気付いていない。果たしてこれが「母性」なのだろうか?息子4人を育てる私にはない感情だわ笑。つい引き込まれ2日で読了。

全347件中 1 - 25件を表示

母性 (新潮文庫)を本棚に登録しているひと

母性 (新潮文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

母性 (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

母性 (新潮文庫)の作品紹介

女子高生が自宅の庭で倒れているのが発見された。母親は言葉を詰まらせる。「愛能う限り、大切に育ててきた娘がこんなことになるなんて」。世間は騒ぐ。これは事故か、自殺か。……遡ること十一年前の台風の日、彼女たちを包んだ幸福は、突如奪い去られていた。母の手記と娘の回想が入り混じり、浮かび上がる真相。これは事故か、それとも――。圧倒的に新しい、「母と娘」を巡る物語。

母性 (新潮文庫)の単行本

ツイートする