最長片道切符の旅 (新潮文庫)

  • 285人登録
  • 4.30評価
    • (46)
    • (27)
    • (15)
    • (2)
    • (0)
  • 29レビュー
著者 : 宮脇俊三
  • 新潮社 (1983年4月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (372ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101268026

最長片道切符の旅 (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 読み終わるまでに随分と時間がかかりました。自分が旅をしているわけでもないのですが一日の行程が終わるとほっとしてしまい、次の日を読むのは又明日でも良いかな、なんて思ったことも関係しているかもしれません。

    日本列島を一筆書きで回る。いやあ、本当に鉄道に乗ることが好きな人じゃあないと実現できないだろうなあ… でも今まで乗ったことの無い線路に乗るとわくわくするし車窓の風景が段々と自分の知らない、でもどこか懐かしい風景に変わっていくのを見るのは大好きです。こんなことを言うとおこがましいですがこの本を読んでちょこっとだけ、その線に乗ったつもりになりました。いずれ行って見たい場所もたくさん出来ました。

  • 面白かった。
    夢中で読んだ。
    一緒に日本中を旅した。

    聞かれてもいないのに家族に言う。
    『やっと東北だよ』とか
    『今、金沢』『今、紀伊半島』
    まるで、旅先から絵はがきを送ってるみたいに。

    もうないかもしれない日本の景色。
    もう僕には乗ることも出来ない路線。

    夢中で旅した、読書体験。名著。

  • 『取材ノート』を先に読み本書に入る。答え付きの参考書を見た後に教科書を読んだ、そんな感じ。「鉄子の旅」を同時進行で読んでいると、宮脇氏の文章の何と洗練されたものかと思う。文庫本解説から更に時代を経てローカル線は次々に廃止され、もう本書の旅は不可能だ。と言うか、現在の時刻表で一筆書きをしてみようと路線を辿るも、関東までで何だか虚しくなってしまった(@o@)

  • 片道切符では同じ駅を二度通れない、いわゆる一筆書き。北海道から九州までの最長片道切符を持って列車の旅が始まる。
    昭和53年9月30日、渋谷駅で65000円の片道切符を購入する。北海道・広尾から鹿児島・枕崎まで紆余曲折ルートで13319.4キロ、34日間の列車旅。

    宮脇さんのとても読みやすく親しみやすい文章がいい。説明的でもなければ、過度に情緒的でもない。お仕着せがましいこともない。私はテツではないが、公共交通>>>自家用車、であって鉄道好きではある。

    宮脇さんのように、自分に正直になって、自分の思うことに自分の時間を費やせる人生はきっと豊かなのだろうと思いつつ。自分ももっと正直にならなくてはと思う次第でありました。

  • 1983年(底本79年)刊。78年9月から始めた国鉄(当時)一筆書き切符の旅行記。鉄ちゃん垂涎の旅(今となってはここまでの旅行は不可のはず。特に北海道)だが、流石に真似はできないなぁと。近畿圏以外は個人的記憶の埒外。とはいえ、紀勢本線「くろしお」電車化の一方、和歌山から橋本、高田、奈良経由の急行「しらはま」の残存は意外。案外覚えていないと感じる上、数多存在した急行群の最後の煌輝を物語る。また、彼方此方に挟まれる土地毎の風物、景色、駅弁、乗客の空気感、鉄路の淵源・軌跡が醸し出されるのは、実に著者らしい。

  • 実は初めて買った宮脇本。もう随分黄ばんでます。

    思う存分鉄道に乗れて羨ましいなあ、と買った頃は思っていたのですが、今読み返すと、会社という後ろ盾をなくして一作家として生きていこうとする、悲壮な決意と不安感がそこかしこに表れているような気がします。

    終着目前、八代駅でのやり取りはなんとも物悲しく、しかしユーモアに満ちていて、読んでいるこちらまで清々しい気持ちになれます。やっている事はどっぷりとマニア的なのに、淡々とした筆致がそれを忘れさせてしまうんですよね。

  • 旅は良いなと感じさせてくれる

  • カテゴリ:図書館企画展示
    2013年度第1回図書館企画展示
    「大学生に読んでほしい本」第1弾!

    入学&進級を祝し、本学教員から本学学生に「是非読んでもらいたい本」の推薦に係る展示です。

    佐々木恵介教授(歴史社会学科/史学)からのおすすめ図書を展示しました。
        
    開催期間:2013年4月8日(月) ~2013年6月17日(月)【終了しました】
    開催場所:図書館第1ゲート入口すぐ、雑誌閲覧室前の展示スペース

    ※「旅」をテーマに、お薦めの本を選びました。

    1978年晩秋に、著者が北海道から鹿児島まで、1万3千kmあまりを当時の国鉄で旅した記録。鉄道マニアのバイブル的な本ですが、コンビニもファーストフードもほとんどなかった当時の日本列島の姿が、克明に描き出されていて、紀行文としても見事です。

  • 最長の遠回りを正味34日間で完覇した記録。
    国鉄時代の話しであり、既に廃線になっている区間も多く、地図を片手に読了。鉄道旅行が好きな人以外には読むのは苦痛かもしれない。
    その土地の風景や車内の状況を細かい描写で表現されていて、鉄道の旅に出たくなる。
    著者の真剣さとユーモアがよく伝わる名著。

  • 「時刻表2万キロ」が全線踏破なら、本書は北から南まで国鉄一筆書きの旅だ。北海道の広尾から、行きつ戻りつつ、鹿児島県枕崎を目指す。まず最長の定義調べ、国鉄の規程の確認、前代未聞の切符購入まで、普通の人からすると馬鹿馬鹿しいまでの情熱がここにある。荘厳ささえ感じさせる。

    本書の中では全国の各地名が登場するものの、描写はほぼ乗客に関するものだ。なのに各地の情景が目に浮かぶから不思議だ。いまでこそ青春18切符(もしや筆者を真似する人が続出してできたのかも)やインターネットがあり、飛行機も安価になり鉄道で旅をする必然性は薄れたものの、当時の限られた情報源で目的を持って制約を課して旅する筆者が羨ましくもある。

    なお切符の写真も掲載してあると良かった。次回改訂には是非掲載いただきたい。

全29件中 1 - 10件を表示

宮脇俊三の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
三島 由紀夫
有効な右矢印 無効な右矢印

最長片道切符の旅 (新潮文庫)に関連する談話室の質問

最長片道切符の旅 (新潮文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

最長片道切符の旅 (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

最長片道切符の旅 (新潮文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

最長片道切符の旅 (新潮文庫)の単行本

最長片道切符の旅 (新潮文庫)の単行本

ツイートする