ローカルバスの終点へ (新潮文庫)

  • 37人登録
  • 4.00評価
    • (4)
    • (2)
    • (2)
    • (1)
    • (0)
  • 4レビュー
著者 : 宮脇俊三
  • 新潮社 (1991年8月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (292ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101268095

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

ローカルバスの終点へ (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

  • 1991年刊(初出89~91年)。ローカル線の終着駅、或は途中駅は、ローカルバスの起点でもある。数多のローカル線の終着駅に歩を進めてきた著者はバスの終着も求め行く。月刊誌「旅」連載の紀行文を集積した本書。①乗車時間約一時間、②有名観光地を排除、③行楽・登山等の季節運行限定のバスは除外、④著者にとって未知の路線・終着であることを基準とし、全国各地のバスに乗車する。また、著者のことなので、単純な行楽記ではなく、その土地の歴史や風土、産物、食事にも筆が及ぶ。しかも、もっと知りたいと思う直前で筆を止める心憎さ。
    「もう、旅に出たくなってしまうじゃないか」という焦らされ感が、旅に誘う文章として実にいい。もちろん、日常風景しか描けない目的地も散見され、派手とは言い難いものも含まれるが、先の②③に表れる、今、そこに居る人の日常を切り取りたいという著者の想いは十分伝わる。

  • ローカル線に飽き足らず、その先の終点へ、とばかりに書かれたバス紀行。取り上げた終点のほぼ、いや全部がマイナーですが、マニア臭が全くしないのは宮脇さんならではです。

    お父上を思い出し声を詰まらせる、下栗(程野)の熊谷さん、元気に笑う、大杉のおかみさん。ニッポンの奥の奥で、たくましく暮らす人たちの姿にも心打たれます。
    執筆から20年、こんな風景、まだ残っているのでしょうか。

  • 13/11/02、市川市立図書館のリサイクルブック市で手に入れる。

  • やはりちょっと時間の経過を感じる。宮脇俊三さんの様に、ゆっくり旅でもして見たい。仕事がこういう仕事だといいなと毎回感じる。

全4件中 1 - 4件を表示

ローカルバスの終点へ (新潮文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

ローカルバスの終点へ (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ローカルバスの終点へ (新潮文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

ローカルバスの終点へ (新潮文庫)はこんな本です

ローカルバスの終点へ (新潮文庫)の新書

ローカルバスの終点へ (新潮文庫)の単行本

ツイートする