旅は自由席 (新潮文庫)

  • 45人登録
  • 3.69評価
    • (2)
    • (5)
    • (6)
    • (0)
    • (0)
  • 7レビュー
著者 : 宮脇俊三
  • 新潮社 (1995年3月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (283ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101268118

旅は自由席 (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 短い話がたくさん乗ってる本。

  • 【古書】昭和末期から平成初期にかけて発表された小品を集めた、エッセイ集三部作の最後を飾る本である。と言っても、その語り口は今までと何ら変わることなく安心して読めた。前2冊は新装版で入手できたが、本書は古書の文庫版をようやく手に入れた。国鉄はJRに変わり、本書が刊行される時に廃線になった路線がカッコ書きで注釈を入れられているのが悲しい。

  • 1995年(底本1991年)刊行。鉄道紀行文作家によるエッセイ集。「登山鉄道を作ろう」がとてもいい。

  • 主に80年代後半に書かれた記事や随想をまとめた1冊。一貫したテーマがある訳ではないので(と書くと氏に怒られそうですが)散漫な印象はどうしても否めませんが、その分気楽に読むことは出来ます。

    話題は実に多岐に亘っています。「うらめしや新幹線」のようにある種文明批判的で、でもクスリと笑えてしまう逸品も。が、最大の読み所はやはりご家族の話でしょうね。淡々とした筆致の中に無念と諦観が滲み出ている「オヤジ」は必読。数年前にお墓参りをした時には、「感度の話」をありありと思い出しました。

  • 『終着駅は始発駅』『汽車との散歩』に続く、三冊目のエセー集といふことです。
    ここで人は突つ込むかも知れません。「エセー集」とは何だ? ちやんと「エッセイ集」と表記しなさいと。
    実は、かつて山口瞳氏の作品案内で「エセー集」と言ふ表記を発見したので、いつか真似をしてみたいと勘考してゐたのです。ただそれだけのことなんですがね。

    青函連絡船が廃止された時の文章があります。宮脇俊三氏は青函航路に思ひ入れがあり、北海道へ行くなら飛行機で一気に目的地へ到達するのではなく、時間をかけて鉄道と連絡船で行くべしと主張してきました。物書きとして同じ話を繰り返し書くのはよろしくないと自覚しながら、この件については「譲れない」とばかりに、各所で述べてゐます。

    遠い所へ行くには、それ相応の時間と手間をかけて行くべきだといふ意見は、もう支持されないのかも知れません。実際、わたくしも会社員になつて以降は、北海道への往路は鉄道利用しますが、復路は時間的制限により航空機を駆使します。ただ、せめてもの抵抗として、千歳からではなく函館空港から乗りますが。あまり抵抗とは申せませんかな。

    青函連絡船が廃止された理由はもちろん、青函トンネルが開通し本州と北海道が鉄道で直に結ばれることになつたからであります。鉄道好きとしてはこの上なく慶賀すべきことの筈なのに、この寂寞とした心理状態はどうしたことでありませうか。
    連絡船時代は、青森(または函館)に到着すれば、まだ眠つてゐたいのに嫌でも列車から降りざるを得ず、連絡船の一般船室に入り、「今日の津軽海峡は穏やかです」などといふ抒情的なアナウンスを聞きながら『飢餓海峡』に想ひを馳せ、四時間ほどで到着すればまた駅のホームまで我先に走り座席を確保するといつた、どう考へても面倒な行程を経てゐたものです。
    現在はうとうと眠つてゐても自動的に津軽海峡を潜つてしまふ。飛躍的に便利になつたといふのに、この喪失感は何なのだらうと不審がるわたくしに、宮脇氏は答へてくれるのです。

    函館の名物乞食・万平さんの事を知つたのも本書であります。石川啄木にも詠まれ、地元の人々に愛された矢野万平。万平さんを偲ぶ旅は、歴史に造詣の深い著者ならではのものがあります。何しろ今で言ふ「路上生活者」なので、その生涯については不明の事が多いのが残念ですな。
    凡百の鉄道本では、沿線の乞食まで紹介してくれる書物は少なからうと存じます。まつたく、『旅は自由席』ですなあ。

    本書で困るのは、読後に旅に出たくなつて禁断症状を発症する事であります。金と暇を作つて、どこかへ行きたい喃......

    http://genjigawa.blog.fc2.com/blog-entry-542.html

  • 13/08/03、ブックオフで購入。

  • この前大量に購入した宮脇氏の著書の一つ。
    時々思い出したように少しづつ読み進めております。

    酒井氏の解説を読んで思ったのですが私は典型的な鉄道ファンのファンだなあ~と。宮脇氏の随筆を読み、ああ旅も良いなあ、行きたいなあで終わってしまう…
    いつか行きたい行きたいと思いつつもなかなか腰が上がらない。
    実際旅行するときは簡単なパック旅行にお世話になってしまったりと言うこともしばしばだし…

    でもパック旅行にはパック旅行の良さがあり、個人ではああ隈なく回れない観光スポットに連れて行ってくれるのでそれは本当に助かります。良いガイドさんに当たると色々勉強になりますし。
    まあ自分で調べていけよ…とか、女性の旅が線ではなく点と呼ばれるのも非常に納得がいきますが。

    それでも一度訪れると何となく土地勘がわかり、次回はいけなかったここに行こう!などと考えるのはそれはそれでよいと思います。そのうち奈良の中宮寺に行きたい。

    行きたいと思う心も旅ごころ、とは良い台詞だなあ~と思いました。

全7件中 1 - 7件を表示

宮脇俊三の作品

旅は自由席 (新潮文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

旅は自由席 (新潮文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

旅は自由席 (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

旅は自由席 (新潮文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

旅は自由席 (新潮文庫)はこんな本です

旅は自由席 (新潮文庫)の単行本

旅は自由席 (新潮文庫)の単行本

ツイートする