細胞異植 (新潮文庫)

  • 33人登録
  • 3.11評価
    • (0)
    • (1)
    • (8)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : 仙川環
  • 新潮社 (2017年5月27日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (364ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101268323

細胞異植 (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 帚木蓬生の「エンブリオ」に題材が似ているが、おどろおどろしい内容ではなく、読者に考えさせてくれる。医療サスペンスというより、社会小説と言ってよいのではないか。2017.10.7

  •  題名で引っかかり買いました。
    もっとグロイ話が出てくるかと思ったのですが、
     倫理やルールの話でした。とても難しい問題ですね、iPS細胞とかES細胞とかも出てきて 早く助けてあげられる人たちに届けばいいなと思いました。
     そして、母親って強いですね。

全2件中 1 - 2件を表示

仙川環の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
塩田 武士
米澤 穂信
原田 マハ
宮部 みゆき
宮部 みゆき
米澤 穂信
有効な右矢印 無効な右矢印

細胞異植 (新潮文庫)の作品紹介

国内二例目の赤ちゃんポストで張り込んでいた新聞記者・長谷部友美が目撃したのは、嬰児を抱いた石葉宏子の姿だった。独身だと思っていた知人の行動に戸惑う友美。慌てて姿を消した石葉の行方を追ううちに、女の抱えていた修羅が浮き彫りになってゆく。最後に みとった驚愕の真相とは。先端医療は新たなる福音か、人倫を揺さぶる悪魔の誘惑か――。『流転の細胞』改題、全面改訂完全版。

細胞異植 (新潮文庫)はこんな本です

細胞異植 (新潮文庫)のKindle版

ツイートする