もう29歳、まだ29歳 (新潮文庫)

  • 56人登録
  • 2.83評価
    • (0)
    • (2)
    • (18)
    • (2)
    • (2)
  • 10レビュー
著者 : 白石公子
  • 新潮社 (1993年3月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (213ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101269214

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
東野 圭吾
三浦 しをん
有効な右矢印 無効な右矢印

もう29歳、まだ29歳 (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

  • 育美に借りた本。
    形容したら、そうなるのかなーと分かるような内容だけど、そこまで私は思い患ってないし、それは彼氏ができたからかな?
    読むとしたらピッタリの29歳晩夏。

  • THE 女子!
    女子の恋愛事情や、友達との付き合いなど、ほんとにリアルで面白い。

  • 昔、ラジオに出ていらっしゃいましたよね???杏子のスーパーギャングに・・・?
    懐かしい名前と、タイトルに引かれて読みました。
    なんだか共感できました。

  • タイトル的に今しか読めない本だと思って手に取ってみた。
    こんなに男にギスギスしてたら、さぞ疲れるだろうに。めんどくせぇので参考にしません。

  • なんとなく手にとった一冊。最初はあまり乗り気でなかったけど、気がつけば一生懸命読んでいた。もう29歳、まだ29歳というフレーズを現在の自分にも当てはめてもう25歳まだ25歳と思うと見えてくること、考えることがたくさんあった。そして若干だがあせりも見えてきた。これから29歳まできっとがむしゃらに生きて気がつけば29歳になってるんだろうなと思うと、それも悪くない。著者のように結婚願望もたいして強くないので、自分の将来を見ているような気分になった。私はきっと、この著者と同じ人種なのだろう。

  • 【No.144】「いつ、何時、恋に落ちてもいいように、自分の身の回りの品々だけは、気に入ったものを落ち着いて選んでおきたい。日頃の心がけというものだ」「私はどちらかといえばリアリストであった。それは冷めていることではない。具体的に見えてこないと考えられないのだ。カタチのないものに対して、憧れることもなければ、拒否もない」

  • 結婚してなく、仕事に迷っている女性に送りたい1冊。

  • 彼女と姫野カオルコさんの区別が付かない。不二子ちゃんに似ているのはどっちだっけ。

全10件中 1 - 10件を表示

もう29歳、まだ29歳 (新潮文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

もう29歳、まだ29歳 (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

もう29歳、まだ29歳 (新潮文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

もう29歳、まだ29歳 (新潮文庫)はこんな本です

ツイートする