もののけ、ぞろり 東海道どろろん (新潮文庫)

  • 68人登録
  • 2.91評価
    • (0)
    • (5)
    • (12)
    • (3)
    • (2)
  • 8レビュー
著者 : 高橋由太
  • 新潮社 (2013年7月27日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (304ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101270647

もののけ、ぞろり 東海道どろろん (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 相変わらずサクサク読めました。
    4作の中で、今回はあの武将が一番素敵に書かれている感じがありました。本編も今回は面白く読めましたが、プロローグとエピローグが秀逸。
    それから、本編の中で、それぞれが登場する、集合するシーンがいいですね。ヒーローは登場場面が大切!ページを繰る手が速くなりました。
    それから、究極の美白、究極の美白は輝いているなあ。
    あまりパターン化が激しくならないように、次回作に期待しましょう。
    完結はいつになるんでしょう?

  • ぞろりシリーズ第4弾
    今回の舞台は箱根、箱根は妖怪の楽園らしい。都市型妖怪ではなく、天狗、妖狐、化け狸などケモノベースの野外型妖怪が多く出演。
    鬼火と伊織の兄弟の絆がテーマだけれども、相変わらず軽快に読める。

    登録を漏らしていた。。。ちゃんとしましょ。

  • そうか、シリーズものだから
    これだけ読んでも
    あんましっくりこないのか。

  • 「もののけ、ぞろり」シリーズ第4弾です。ようやく追いつきました。「鋼の錬金術師」の設定をまんまパクッているとのことで評判が悪いというか、まあけちょんけちょんに言う人が多いこのシリーズですが、個人的にはハガレンも読んでないし、ラノベ風・妖怪・武将・人情もの??みたいな感じで気楽に読めてわりとお気に入りです。
    と言いつつ4冊目の本書は主人公の伊織があんまり活躍しなくてちょっと間延びした感は否めませんでしたが、新たに霧隠才蔵や北条早雲などが登場したりと、今後の展開に期待できるところもあり、世の中の低評価はさておき、もうしばらく見守っていこうと思っていたりするのでした。

  • さくさく読めて面白い♪伊織と鬼火の兄弟は、かわいいし♪最近、幸村ファンになってる自分に気づいて慄きましたがwww

  • 鋼錬似の設定もどこ吹く風になってます。
    今回は弟、白狐の大冒険。(珍道中)

    戦国武将は予習しておく必要あり。
    今回は箱根近辺で。

  • 人物の心情とか行動よりも歴史の説明が延々続くので飛ばし読み。肝心の解毒部分も説明が足りない。

  • 自分は好きです、このシリーズ。今回もいろいろな登場人物が出てきて、結構わくわくしました。歴史上の人物を思い浮かべて、「どんな人なんだったっけ」って感じでググったりしながら(笑) そうしているうち歴史の勉強になってたりして。自分で興味を持って調べたりすると、どんどん世界が広がっていって面白いですね。

全8件中 1 - 8件を表示

高橋由太の作品

もののけ、ぞろり 東海道どろろん (新潮文庫)を本棚に登録しているひと

もののけ、ぞろり 東海道どろろん (新潮文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

もののけ、ぞろり 東海道どろろん (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

もののけ、ぞろり 東海道どろろん (新潮文庫)の作品紹介

兄に迷惑をかけてまで、人間社会に生きてはならない――。《鬼火》は思い詰め、箱根山中にある妖かしの楽園を目指し家出する。道中、目玉を奪うミカリ婆、天狗、妖狐に襲われ大ピンチ! その上、化け狸の総大将・北条早雲まで出現。早雲の毒矢に射られた《鬼火》は人間の姿に戻るも、数時間後には朝日を浴びて死に至る……。伊織は《鬼火》を救えるのか? 痛快シリーズ第四弾。

もののけ、ぞろり 東海道どろろん (新潮文庫)はこんな本です

もののけ、ぞろり 東海道どろろん (新潮文庫)のKindle版

ツイートする