もののけ、ぞろり 巌流島くるりん (新潮文庫)

  • 50人登録
  • 3.33評価
    • (2)
    • (6)
    • (6)
    • (4)
    • (0)
  • 7レビュー
著者 : 高橋由太
  • 新潮社 (2014年1月29日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (240ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101270661

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

もののけ、ぞろり 巌流島くるりん (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

  • いろんな人が出てきて、好きです。今回は
    天草四郎や、蘆屋道満の子孫まで。何かそれだけで嬉しくなっちゃうような。最後はハッピーエンド。面白かったです。

  • ハッピーエンド(●’ᴗ’●)♪

  • 図書館の新刊コーナーにあったので借りてみた。何かのシリーズものらしい。
    いろんな歴史上の有名人がでている、歴史ファンタジーとでもいえばいいか。漫画のノリ。

  • 深夜、濃い霧が立ちこめる京の都に数多の剣士を斬り伏せる黒い狐面の男―黒九尾が現れた。その正体は伊織の親友で天才剣士と名高い柳生十兵衛!? 歩き巫女おこう、御堂ユキらに加え、不老不死の身体を持つ天草四郎、骸骨妖怪がしゃどくろ、そして伝説の陰陽師・蘆屋兄妹も参戦し、打倒黒九尾に挑む! 伊織と“鬼火”は最強の黒幕を倒せるのか? 「ぞろり」シリーズ、ついに完結。

    発表当初は「ハガレン」のパクリと酷評された「もののけ、ぞろり」シリーズですが、僕的にはこういうのもありだと思っていて、けっこうお気に入りです。家康、幸村、武蔵に小次郎、佐助に天草四郎といった歴史上の人物だけでなく、豆腐小僧に青行灯、ムジナにがしゃどくろといった妖怪まで大活躍。主人公の伊織と鬼火の成長にもワクワクさせられたシリーズでした。全6冊ですが読みやすくて一気に読めますよ。

  • シリーズ完結。
    お見事な着地点に嬉しくなってしまう。
    みんな、元気でね♪

  • もののけ「ぞろり」シリーズ完結編
    今度は、天草四郎を化け物にしてしまいました。

    今回はハチャメチャで痛快とまでは行かず、やや物足りない感じ。完結までを引き摺りすぎたかなぁ。

  • うーむ、ハガレンとオチまで一緒とは。
    これはこれで楽しかったけど、オマージュと言うべきだろうか。
    うむむむ。

全7件中 1 - 7件を表示

高橋由太の作品一覧

高橋由太の作品ランキング・新刊情報

もののけ、ぞろり 巌流島くるりん (新潮文庫)を本棚に登録しているひと

もののけ、ぞろり 巌流島くるりん (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

もののけ、ぞろり 巌流島くるりん (新潮文庫)の作品紹介

深夜、濃い霧が立ちこめる京の都に数多の剣士を斬り伏せる黒い狐面の男――黒九尾が現れた。その正体は伊織の親友であり天才剣士と名高い柳生十兵衛!? 歩き巫女おこう、御堂ユキらに加え不老不死の身体を持つ天草四郎、骸骨妖怪がしゃどくろ、そして伝説の陰陽師・蘆屋兄妹も参戦し、打倒黒九尾に挑む! 伊織と《鬼火》は最強(ラス)の黒幕(ボス)を倒せるのか? 「ぞろり」シリーズついに完結。

もののけ、ぞろり 巌流島くるりん (新潮文庫)はこんな本です

もののけ、ぞろり 巌流島くるりん (新潮文庫)のKindle版

ツイートする