日本が犯した七つの大罪 (新潮文庫)

  • 99人登録
  • 3.09評価
    • (2)
    • (3)
    • (24)
    • (4)
    • (0)
  • 5レビュー
著者 : 櫻井よしこ
  • 新潮社 (2005年3月27日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (405ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101272252

日本が犯した七つの大罪 (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 僕の大好きな櫻井よしこ女史の本です。彼女の持つ歴史認識や国家観等、大いに影響を受けております。
    初版は10年以上前に発売されていると思うのですが、この本に書かれている問題点のいくつかは未だ解決されていません。是非読んでみる事をおすすめします。

  •  完了の無能さ=省益重視があまりに前面に出ていて腹立たしい内容。
     こういう感じで、淡々と感情をぎりぎりまで排して書かれているので、事実関係が追いやすい本。それでいて、主張もよくわかる。

  • 拉致問題<br />道路公団民営化<br />国家戦略<br />住基ネット<br />日中国交<br />薬害<br />狂牛病<br /><br />正論だが、あまりにも厳しいので、全部読むことができなかった。

  • この国はどうなるんだろうか、そんな事ばかりが頭をよぎりました。

全5件中 1 - 5件を表示

櫻井よしこの作品

日本が犯した七つの大罪 (新潮文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

日本が犯した七つの大罪 (新潮文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

日本が犯した七つの大罪 (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

日本が犯した七つの大罪 (新潮文庫)はこんな本です

日本が犯した七つの大罪 (新潮文庫)の単行本

日本が犯した七つの大罪 (新潮文庫)のKindle版

ツイートする