橘花抄 (新潮文庫)

  • 164人登録
  • 3.84評価
    • (15)
    • (38)
    • (21)
    • (3)
    • (0)
  • 31レビュー
著者 : 葉室麟
  • 新潮社 (2013年4月27日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (492ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101273716

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

橘花抄 (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

  •  両親を亡くしたのち、筑前黒田藩の立花重根のもとに引き取られた卯乃、しかし重根が父の自害に関与したと聞き卯乃は懊悩のため失明してしまう。さらに立花一族に対し藩からの圧力が強まり…

     小説を読んでいて、登場人物の生き方に対し心の底からカッコいい、と思ったりすることってなかなかないと思うのですが、
    この小説に登場する人物たちは老若男女問わず、どの人たちもカッコよく、彼らの生き方を漢字で表すとしたら”清”という字や
    どんな苦境の中にあっても強く自分を持ち続ける姿から”凛”という字が思い浮かびます。

     お家騒動や恋愛事情、複雑な家族の来歴、刺客の存在と死、そんな様々なドロドロとしたものが描かれながらもこの作品を読んでいるとそうしたドロドロさは感じられません。それもひとえに登場人物たちの清らかさと凛とした強さのおかげだと思います。

     チャンバラシーンの読みごたえも十分で、時代小説の醍醐味を存分に味わうことのできる小説だったと思います。

  • 重根、峯均、卯乃各々の胸に秘めた思いと情が政局の流れに翻弄されながらも強くひたむきで、切なくも心温まる作品。願わくば、峯均の流刑が解かれたあとの描写がもっとほしかった。峯均の覚悟と強い信念に男らしさが満載で、蜩ノ記よりよかったな。

  • 「第二黒田騒動」とも呼ばれる筑前福岡藩の実際のお家騒動に絡めた物語。
    まず思ったことは、この方の描く話の登場人物はみな「覚悟」を知っているな、ということです。
    「腹を括る」ではなくて「覚悟」。
    貫く為に、例え理不尽に謗られ妬まれ疎まれようとも、動じない静寂の力強さ。それは己が定め決めた事の顛末に対して不服を持たない力強さでもある。
    主人公の卯乃が失明したときに預けられた家の姑りくは、香を聞くことを教えて、「ひとは匂いです」という。この表現には、権利主義や唯物主義になりがちな世に対して、表層のその奥に大事なものがある、と言われているようで、ぐぐっときました。
    あと毎度ですが、美術工芸品の描写がさりげなく詳しい(笑)
    香道具の意匠や茶席での茶碗の種類をそっと書いててでもうんちくくさくなくて、その彩りも、わたしがこの方の作品が好きなもう一つの訳。

  •  相変わらず格調高く凛として生きる人々を描く。だけど他の作に比して平板というか奥行きに乏しいような。いろいろ読み過ぎたのかもしれない。「蜩の記」のようなぎりぎりの切なさがない。普通に読めば十分水準作なんだけど、この著者ならばとつい思ってしまう。主人公の卯乃は魅力的ではあるけれど、その心根の揺れ動きもなんだか中途半端で一途さが感じられないのも減点要因か。

  • ストーリー構成・内容はほぼ想定の範囲。香道の話は新鮮。

  • 筑前黒田藩のお家騒動に巻き込まれた人々を描いた作品
    これ、事実が下敷きになってるお話しなんですね

    信じる道をゆく男
    運命に翻弄されながらも必死に生きる女

    凛とした人物たちが魅力的です

  • 黒田シリーズ。登場人物はかぶらないけど味わいはgood。

  • 6月-10。3.5点。
    藩の要職兄弟と、若い女性。
    清さを貫く人生。政治に翻弄される兄弟と女性。

    まあまあ面白い。

  • 卯乃にとって、恩がある人に嫁ぐことが大切。でも恩人の弟にこころ惹かれる。
    それに対して周りの人が協力的に動いていく。なんとも出来すぎ感は否めませんが、卯乃が可愛い性格だからか嫌味には感じられませんでした。
    最後の決闘のシーンは、確かに宮本武蔵を彷彿とさせました。

  • 潔さがカッコいい~こんな生き方がしたいものです。

  • うーむ、なんというか、儚いですねえ。じれったいですねえ。

  • 武士としての矜持を持って生きる。現代人が持っている理想の武士像なのかもしれませんが、高潔な生き方に武士を感じることはできても人間が感じられず、好きになれません。こういう隙のない人は疲れます。
    黒田家のお家騒動にフィクションを取り入れて描いてるのですが、善悪がはっきりしている分ストーリーが読めてしまい、落ち着くところに落ち着いたなという印象です。

  • カッコいい男達を読みたくて、読んでみた。
    期待通り。まっすぐに生きる人たちに共感しました。
    スカッとしました。
    これまで時代小説はあまり読まなかったが、こういうのだったら他の作品も読みたいと思う。

  • 五月待つ 花橘の香をかげば~。

    黒田藩立花兄弟!香道をやってみたくなった。

  • 最後!最後は一体!?
    と自分の中でハッピーエンドを書いてほしい、はっきり書いてほしいとの願望がわき出た状態で終了。でもよくよく考えたら、この話は決して恋愛小説ってわけじゃなかったんだなよな、と。
    当たり前ながら漢字も多く読み方も複雑。でもそれが気にならないくらい、読むにつれてぐいぐい引き込まれました。

  • 福岡藩の第二黒田騒動が舞台として、人としての生き方を改めて問う。
    吉川英治、藤沢周平などの時代小説の系譜に筆者も位置付けられるであろう。

  • L

    どうにもベタ感が拭えないのだけれど、それがいいのかな?盲目の陰ある女が主人公で、さらに出自秘密加算されて儚さ全開というか。強き女性が全面に出てるわけではなくむしろ周りの女性があっぱれ的な。結局一緒になった峯均はなにをやったっていうんだ。周りの人々が凄すぎて霞んだ印象。

  • 時代小説ではなく歴史小説が読みたいと思って手に取った作品。
    「どうやら黒田官兵衛の子孫の時代らしいなぁ」程度のほぼ予備知識ゼロだったので、中盤になると「この先、どうなるのだろう?」と、もう夢中になって読んでいました。
    おかげさまで寝不足です。

  • 筑前黒田藩のお家騒動を背景に、どんな困難にあってもぶれることなく生きる男と女。葉室麟の世界

  • 茶道、香道の奥深さや、人の心の表現力が、すごい。

  • 素敵すぎる。香や和歌、そして武家の生き方。。。重根と峯均の兄弟がほんとに武士らしくしたたかで誠実で、かっこいい。キャラがたっていて、実在したと言われる人物とそうじゃない人物の区別がつかない。
    歴史にファンタジーが溶け合わさって、和風で夢のつまった感動ストーリーになっちゃったかんじ。
    バスの中で涙してしまって困りました。
    蜩の記に続いて、読後の心地よさがくせになる本でした。

  • 筑前黒田藩・立花家を中心に香と茶と和歌、そして花…の世界。ご乱心のお家騒動に巻き込まれながら、己の信念の生きざまを貫く男たち。凛とした一途な咲きざまを見せる女たち。ラストの足早感は否めないがハラハラする展開と、男女問わずの各キャストの"気"に圧倒される。個人的には泰雲と天馬の尖り具合が後味強い♪

  • 面白い。一気に読んだ。お勧めの一冊。

  • 両親を亡くした卯乃は黒田藩の重鎮,立花重根の元に引き取られる.
    父の自害の原因が養父の重根にあると聞き,卯乃は失明してしまう.己を道を貫く男たち,それを信じ一途に生きる女たち.感動の時代小説.
    カッコイイ登場人物が目白押し.個人的には重根が一番.やっぱ愛でしょ.

全31件中 1 - 25件を表示

橘花抄 (新潮文庫)を本棚に登録しているひと

橘花抄 (新潮文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

橘花抄 (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

橘花抄 (新潮文庫)の作品紹介

両親を亡くし、筑前黒田藩で権勢を振るう立花重根に引き取られた卯乃は、父の自害に重根が関与したと聞かされ、懊悩のあまり失明してしまう。前藩主が没し、粛清が始まった。減封、閉門、配流。立花一族は従容と苦境を受け入れるが、追及は苛烈を極め、重根と弟・峯均の身に隻腕の剣士・津田天馬の凶刃が迫る。己の信ずる道を貫く男、そして一途に生きる女。清新清冽な本格時代小説。

橘花抄 (新潮文庫)はこんな本です

橘花抄 (新潮文庫)の単行本

橘花抄 (新潮文庫)のKindle版

ツイートする