春風伝 (新潮文庫)

  • 105人登録
  • 3.55評価
    • (5)
    • (11)
    • (14)
    • (3)
    • (0)
  • 12レビュー
著者 : 葉室麟
  • 新潮社 (2015年9月27日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (660ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101273723

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ピエール ルメー...
有効な右矢印 無効な右矢印

春風伝 (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

  • 強く斬新なリーダーで先を読む力のある男、高杉晋作。
    惚れるぜ!

  • 高杉晋作~カッコ良すぎ~
    現代にこんなお方がいらしたら、もっと違う日本になる気がする。

  • 高杉晋作のイメージといえば、狂気、色気、イケメン俳優、ミステリアス、、、程度であった私。なんとなくカッコ良さそう、みたいな。葉室さんの高杉とかアツイ!読みたいと思い、この本を手に取りました。笑
    恥ずかしながら、高須さんが27歳でなくなるまでにこんなに頑張ったなんて知らなくて、イメージを壊さない爽やか✖️モテ✖️狂気が描かれていて引き込まれました。
    太平天国の乱を参考にして、西郷や竜馬も登場し、張り合ったり刺激しあったり協力しあったりして長州が日本を守る、と意気込む使命感に痺れました。
    うのと八雲がイマイチ不思議。実在したのでしょうか??
    着流しのまま船に飛び乗り強敵に夜襲をかける、美しく儚げなのに堂々とした姿が鮮やかに浮かぶ描写で心に残りました。
    大胆不敵でいて危なげで、自信家だけど道を見失わない信念を持ち、なぜか人を惹きつける愛嬌、魅力がある。
    そんな晋作像は
    まさに本名という春風そのものなんだなと感じました。

  • 幕末の志士と言われる人たちの中で
    いちばん好きな高杉晋作のことを
    葉室麟さんはどのように描かれているのだろうと思い
    手にとって読み始めて1週間以上かけて読了
    本もドラマも見てきて、知っている内容ではあるけど
    やはり高杉晋作という人はすごい人だよ
    あまりにも濃密で激しい28年に改めて感動
    正しく冷静に未来を見据え、淡々と飄々と行動を起こす
    魅力的でやさしく、長生きして欲しかったな

  • 高杉晋作として知られる人の生涯。28歳までの一生だったんですね。江戸末期から明治にかけて日本という国の進む方向に思いを傾けた多くの人のうちのお一人という認識しかありませんでした。共に歩んだ訳ではないけれど、佐久間象山や五代才助、西郷隆盛とも触れ合っていたんですね。別の道を進まれていたら今の日本は違う国になっていたでしょうか。

  • 空駆ける天馬、作中にそんな表現があったけど、そのまんまな生涯。上士の家に生まれ漢詩の才強く運にも恵まれた天才的な革命家、戦う姿はまさに軍神。早世が惜しまれる。

  • 最後までどうしても没入出来なかった。高杉晋作に対してなのか、あの時代に対してなのか、作者の理解の薄さが感じられて仕方がなかった。歴史を人を通して描くというのは相当難しいのであろう。歴史観、文化度、人間力、感性等あらゆる物が必要なのであろう。

  • 葉室さんによる高杉晋作像。

    今、脚光を浴びている五代さんも登場する上海での体験は、ファンタジーで、何かの外伝のような味わい。
    でも、高杉晋作の若い日に、あのようなことがあり、それが彼の攘夷を作り上げていったのかも、と夢想するのは、とっても楽しい。高杉晋作は、若いまま駆け抜けていった人ではあるけど。

    その高杉晋作の「攘夷」と、外国人を切ればいいという単純な「攘夷」との距離感について、なるほどと感じた。

    実力を養い、ルールを正し、諸外国と渡り合う・・・己の尊厳を持ち、他者と渡り合う・・・今にも通じる思想と改めて思った後、これは、葉室さんの視点でもあるのか、と感じたりもした。

    身分の壁を超えて奇兵隊を作り出し、電光石火の戦いを演じる一方、藩主や世子への敬愛の情も厚かったと伝えられる高杉晋作は、こういう人だったのかもと思わされる作品。

  • 革命、戦争、民族主義。世界中にある。

  • ものすごく面白かった。
    以前、世に棲む日日を読んだ事があったから正直なところ、どうなんだろうと思っていたが、作者が変わると描き方も変わるので文句なしに楽しめた(こちらは少し、エンターテイメント色が強いけれど)

    この世に生まれ落ちて、嵐のように去っていった高杉。
    その人生は濃密、そして何ともトリッキーな人物だ。

    高杉がこれだけの功績を残したのは、やはり上海留学がキーポイントなんだろう。
    上海で見聞きしたものを、スポンジのように柔軟に強力に吸収できたからこその奇兵隊誕生や、対幕府との戦の勝利(その他にも色々と成し遂げた事はある)があるのだろう。
    そして風に揺れる柳のように、その局面にあわせて自分の身の振り方や周囲の人間を動かせたこと、先見の明があった事なども他の幕末の志士とはちょっと違うなあ。と。

    ラスト、高杉が静かに息を引き取る場面では不覚にも涙してしまった。この時代、労咳で何人もの偉人が世を去っているが、もし労咳に効く薬があって高杉が生き延びたら、次はどんな奇策を持って日本に革命を起こしていただろうか。

  • 本作の高杉晋作は「上海での見聞」の故に、“四境戦争”で敗れることは、「欧米勢力による日本の蚕食」に繋がってしまうことであると考えている…他方、高杉晋作の身体は病魔に蝕まれ始めていた…だがそれでも、高杉晋作は戦い続けた…

    「必要とされる時代に生れ落ちて、必要とされる場面で力を発揮し、静かに去って行った快男児」という感の本作の主人公、高杉晋作…強い意思、豊かな学識、様々な人達との交流や自らの見聞で練り上げた思想、迅速な行動、ロマンス、病魔との闘いの他方で戦闘の指揮を執り続ける勇姿…彼は実に魅力溢れる描かれ方をしている…

全12件中 1 - 12件を表示

春風伝 (新潮文庫)に関連するまとめ

春風伝 (新潮文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

春風伝 (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

春風伝 (新潮文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

春風伝 (新潮文庫)の作品紹介

長州藩士・高杉晋作。本名・春風。攘夷か開国か。国論二分する幕末に、上海に渡った晋作は、欧米列強に蹂躙される民衆の姿を目の当りにし、「革命」に思い至る。激しい気性ゆえに、脱藩、蟄居、閉門を繰り返しながらも、常に最前線にたち、藩の窮地を救ってきた男は、日本の未来を見据え、ついに幕府に闘いを挑む。己を信じ、激動の時代を一気に駆け抜けた男の二十八年の濃密な生涯を壮大なスケールで描く本格歴史小説。

春風伝 (新潮文庫)はこんな本です

春風伝 (新潮文庫)の単行本

春風伝 (新潮文庫)のKindle版

ツイートする