日本文学100年の名作第6巻1964-1973 ベトナム姐ちゃん (新潮文庫)

  • 64人登録
  • 3.31評価
    • (2)
    • (2)
    • (8)
    • (0)
    • (1)
  • 5レビュー
制作 : 池内 紀  松田 哲夫  川本 三郎 
  • 新潮社 (2015年1月28日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (543ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101274379

日本文学100年の名作第6巻1964-1973 ベトナム姐ちゃん (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 日本文学セレクト中短編集の第六巻。1964年から1974年に発表された中短編12編をセレクト。この時代になると既読の作品が増えた。戦後を経て、高度経済成長期の真っ只中、幻想的な作品、戦中を省みる作品、平穏な日常を描いた作品が目立つ。

    川端康成『片腕』。『眠れる美女』のようなフェティシズムの香りがする幻想的な物語である。ある娘から片腕を借りた私…読み進むうちに異常な情景が見えてくるようだ。

    大江健三郎『空の怪物アグイー』。既読の作品。これも、また幻想的な物語。現実と虚構の狭間で苦しむかのように生きる作曲家D。彼に雇われた『ぼく』は次第に彼に影響されていく…

    司馬遼太郎『倉敷の若旦那』。寓話的な時代小説。倉敷の町人志士の若旦那が有ろう事か長州藩士となり、倉敷を襲う事になるのだが…短編であるのが、勿体無いくらい面白い。

    和田誠『おさる日記』。これも既読の作品であった。小学校低学年の男の子が綴った日記形式のショート・ショートである。読み進みながら、どうなるのかという期待感を感じ、見事なオチにヤられたと思った。

    木山捷平『軽石』。どこかホッとするような柔らかな日常を描いた私小説。この感じはどこかで読んだことがあると、思い出してみると、谷口ジローの『歩くひと』であった。

    野坂昭如『ベトナム姐ちゃん』。これも既読。退廃的で哀しい物語。横須賀のドブ板通りのバーのホステス、弥栄子がベトナム帰りの米兵に愛情を注ぐ理由は…

    小松左京『くだんのはは』。これも既読。一時期 、小松左京の作品にハマった時期があるが、その中でも記憶に残る作品。終戦間際を舞台にしたホラー小説。なかなか正体が分からぬ中で感じる恐怖と興味、『くだん』の正体を知った時の恐怖、そして、ラストの恐怖と読者を釘付けにする見事な構成の作品である。

    陳舜臣『幻の百花双瞳』。冒頭で刑事の取り調べを受ける主人公の丁祥道…コック見習いの丁祥道の成長を描きながら、同時に進行する『百花双瞳』という幻の点心を巡るミステリーとサスペンス。面白い。

    池波正太郎『お千代』。奇妙な味わいの人情噺。大工の松五郎が可愛がる猫の『お千代』。兎に角、『お千代』命の松五郎は妻帯する事を拒むのだが…

    古山高麗雄『蟻の自由』。自らを蟻に例え、南国の戦場で届くはずのない手紙を綴る主人公。死を願う主人公の暗澹たる気持ちが伝播するような作品。

    安岡章太郎『球の行方』。大人の冷静な視点で、子供の世界を見事に描いた、読んでいると子供の頃の記憶を蘇ってくるような作品。今では遠い昔の懐かしい世界。

    野呂邦暢『鳥たちの河口』。人生のレールを外れてしまった男が、河口の干潟で渡り鳥と触れ合いながら、新たな人生の方向を見出していく、再生の物語。干潟の風景描写と男と妻の心の交流が見事に描かれている。

  • はじめて川端を「いい」と思った。
    そして、続けて『空の怪物アグイー』。ここまでは素晴らしい。でも、そこまでだった。

    8,9,4,2,3,6,6,6,4,6,4,5

  • 川端康成『片腕』S

    大江健三郎『空の怪物アグイー』A
    大江の一番安定したこの時期を扱うとは。セレクトの妙。

    司馬遼太郎『倉敷の若旦那』B+
    (うんたら、かんたら)
    という司馬の文体。こんな短編も書いていたのね。

    和田誠『おさる日記』B+
    おさるが……。
    ぼくが……。
    いいショートショート。

    木山捷平『軽石』B
    太宰の小説に登場した作家。
    太宰から「苛烈さ」を抜いたらこんなふうになるであろうと思わせる作風。

    野坂昭如『ベトナム姐ちゃん』A
    死を目前にした男に抱かれるおののき……。
    これはもっともっと想像してみたい。

    小松左京『くだんのはは』S
    間違いない。

    陳舜臣『幻の百花双瞳』B+
    ひとつの執着。点心。味覚。

    池波正太郎『お千代』B
    猫のお千代第一。
    こうして見るとこの名作集は大衆小説を視野に入れている。
    その中で池波正太郎がこれ。

    古山高麗雄『蟻の自由』A+
    読み手の冷酷さを溶かすかのような文体の優しさ。
    これはSでもいいかもしれない。

    安岡章太郎『球の行方』B
    都会的な子供が田舎の子供らに劣等感。

    野呂邦暢『鳥たちの河口』S
    凄まじい。いや、これはすごい小説だよ。描写もすごい。会話もすごい。内面もすごい。

  • 第6巻。表題作は野坂昭如の短編から。
    収録されている作家は川端康成、大江健三郎、司馬遼太郎、野坂昭如、小松左京、池波正太郎……など。
    第5巻までは全体的な共通点というか、作風の傾向は違えど、共通する雰囲気のようなものがあったが、この辺りになるとそれも薄れ、はっきりと多様化しているのが解る。逆にそれが共通点なのか?
    巻頭は川端康成『片腕』。『片腕を一晩お貸ししてもいいわ。』から始まる幻想世界はあまりにも有名。怪奇小説とも幻想小説ともつかないが、非常にフェティシズムを感じる。怪奇幻想の類よりもエロティックだと思うのだが……。
    司馬遼太郎や池波正太郎は大衆小説の作家だけあって、長編も短編も面白い。池波正太郎は随分と久し振りに読んだような気がするが、収録作『お千代』は、滑稽味がありながらも不気味な猫の存在感が大きい短編。
    イラストレーターとしても活躍する和田誠の小説も収録。『おさる日記』は子供の日記らしい文体がラストにホラータッチのSFへと変化する。
    小松左京は名作『くだんのはは』を収録。これも好きだったな〜。『怨念が逆に守護者となる』という発想が特に怖い。
    あまり読んでいない作家の中では陳舜臣が良かった。収録作『幻の百花双瞳』は料理人を主人公にした短編で、時間の流れや、主人公の心の変化を描ききった濃密な内容だった。

全5件中 1 - 5件を表示

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
アガサ クリステ...
宮下 奈都
三浦 しをん
ピエール ルメー...
三島 由紀夫
有効な右矢印 無効な右矢印

日本文学100年の名作第6巻1964-1973 ベトナム姐ちゃん (新潮文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

日本文学100年の名作第6巻1964-1973 ベトナム姐ちゃん (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

日本文学100年の名作第6巻1964-1973 ベトナム姐ちゃん (新潮文庫)の作品紹介

五輪に万博。好景気に沸く時代にも、文学は実直に鮮やかに日本の姿を映し出す。厳選12編収録。川端康成「片腕」、大江健三郎「空の怪物アグイー」、司馬遼太郎「倉敷の若旦那」、和田誠「おさる日記」、木山捷平「軽石」、野坂昭如「ベトナム姐ちゃん」、小松左京「くだんのはは」、舜臣「幻の百花双瞳」、池波正太郎「お千代」、古山高麗雄「蟻の自由」、安岡章太郎「球の行方」、野呂邦暢「鳥たちの河口」

ツイートする