東京タワー―オカンとボクと、時々、オトン (新潮文庫)

  • 2046人登録
  • 4.12評価
    • (274)
    • (238)
    • (143)
    • (18)
    • (4)
  • 203レビュー
  • 新潮社 (2010年6月29日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (522ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101275710

東京タワー―オカンとボクと、時々、オトン (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • リリーフランキーさん、以前からずっと気になっていたけどずっと手を出せなかった作品。

    前半はボクとオカンの出会いからボクの成長までを描いている。

    これがダラダラと続くのかなと思いきや後半に急展開が…。


    もう涙が止まりませんでした。


    ボクに感情移入したらもう負けというか、、


    オカンの優しさ裏の努力がジワジワと後から見えてくるのに。


    それがわかった時には既に時は遅しというやつ。

    1日1日で人は変われるし、感謝するなら今しようと思った。

  • 人は誰にも親がいてどんな形にせよ想いがある。
    この本をよんで改めて母親の愛情について感謝と無償の思いに感動。

    死ぬ間際まで息子を思う。
    生活が苦しくても幸せな日々。
    子供と一緒に生活する幸せ。

    オカンは幸せだった。

    途中、何度か涙が溢れそうになり、やはり自分の親に思いを馳せた。

    いい本でした。
    大人になって結婚して子供ができてやっと親孝行しなければ思う。

  • 心がホクホクする。リリーフランキーが好きになった。
    おでんくんだけじゃなかった!

  • 泣きながら読みました。

  •  8回ぐらい泣いた。
     オカンの人生が小さく見えるのは、オカンが自分の人生を息子に分け与えているから、というのはとても素敵な考え方。
     僕自身一人息子なこともあって、オカンからの愛情を重荷に感じ、またいつまでも心配され、一人の大人として認めてもられないことにひどくプライドを傷つけられる。
     なぜこんなプライドを持つのか、どう折り合いをつけたらいいのか、分からない。

  • 新幹線の中で泣いて、ホテルのコインランドリーの前で泣いた。筆者の幼少期からの体験記。映画も本も見たことなかったので読んでみた。かなり鈍感な僕でも泣く。本を読んでてどっかで冷めてるとこがあるけど、完全に入り込んでしまった。たぶん体験することないであろう筆者の過去の環境に引きずり込まれる感じ。家族は大事。

  • 普通に面白いです。泣きました。父親が強力なヤクザであるというくだりはやや誇張というか脚色がつよいように思われました。

  • リリーフランキーこと中川雅也氏の私小説。副題にあるように、オカンとボクとを中心に書かれている。人に迷惑をかけることを嫌い、美味しい料理でもてなすオカンが素敵だ。ただ、小説そのものは冗長で退屈。特に150pぐらいまでは陳腐な「おれの○○論」が度々挟み込まれていて辟易した。特に東京観は、よくある上京者のソレで、オマエもか、と思った。ヒットしたのは当時、セカチューだの1ℓだの、誰か亡くなって涙を誘うインスタントお涙本の流れに乗ったからだけなのではないか。少なくとも私は、数ある本の中でこれらを一押しする本屋で本を買いたくない。

  • 最初の方は馴染めなくて
    なかなか進まず…
    ふーんという気持ちが勝ってた。

    でも後半はいろいろと
    考えてしまうこともあって
    特に最後はちょっと読んでは
    立ち止まって噛み締めて…を
    繰り返していた。

    この家族の話も泣けるけど
    読みながら自分自身の親のことを
    改めて考えたときに泣けた。

    いつかはその日が来るんだよなぁ。

  • 母親の愛の大きさ、素晴らしさを感じながら読み終えた。
    いや、母親の愛はそんな言葉では言い表せないかも。
    ココロがあったかくなりました。
    あと、行間から立ち込めてくる、昭和の時代の匂いが何とも懐かしい。
    木造の家、畳と布団、リモコンのないテレビ、舗装されていない道…
    あの時代の大人達は今の時代の大人達より幸せそうに思えるのは、懐古的すぎるだろうか。

全203件中 1 - 10件を表示

リリー・フランキーの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
村上 春樹
宮部 みゆき
伊坂 幸太郎
東野 圭吾
東野 圭吾
有効な右矢印 無効な右矢印

東京タワー―オカンとボクと、時々、オトン (新潮文庫)に関連するまとめ

東京タワー―オカンとボクと、時々、オトン (新潮文庫)を本棚に登録しているひと

東京タワー―オカンとボクと、時々、オトン (新潮文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

東京タワー―オカンとボクと、時々、オトン (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

東京タワー―オカンとボクと、時々、オトン (新潮文庫)はこんな本です

東京タワー―オカンとボクと、時々、オトン (新潮文庫)の単行本

ツイートする