三匹のおっさん ふたたび (新潮文庫)

  • 2201人登録
  • 3.96評価
    • (164)
    • (297)
    • (162)
    • (13)
    • (0)
  • 193レビュー
著者 : 有川浩
  • 新潮社 (2015年1月28日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (476ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101276359

三匹のおっさん ふたたび (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

  • 甘くなかった~。
    ぜんぜん甘くなかった!!
    有川ワールドを求めている方には物足りないかもしれません。
    最後に植物図鑑に繋がる…おっと失礼。

  • 前作のおっさんたちが帰ってきた!今回は早苗ちゃんと祐樹くんが通して受験生で大忙し。そんな中でノリさんに見合い話が持ち上がって、気も漫ろにばってしまうのは仕方ないこと。娘は大事にしたいが、それは自分が結婚することなのか、父親としてまだ見守り続けるのか。それに悩むノリさんに祐樹君が言った言葉がバッサリとしているが素敵だった。 「おっさんさ、タイミング悪すぎるんだよ」

  • 世直しじいさん3人のお話。
    面白かったけど、いつもの有川さんの本ほど、私自身のめりこみは少なかったような気がする。

  • bonus trackとして入ってた『好きだよと言えずに初恋は、』が、『植物図鑑』で出てきた川端康成の「別れる男に花の名前を一つ教えておきなさい。花は必ず毎年咲きます。」と同じだった。

  • 「三匹のおっさん」の続編。
    元気なおっさん達が、町内のちょっとした事件や家族の直面する問題をめぐって活躍します。

    剣道の達人のキヨ(清田清一)、がっちりした武闘派のシゲ(重雄)、一見大人しそうだが実は危険な頭脳派のノリ(則夫)。
    3人が力を合わせれば、なんでも解決!

    清田家の嫁・貴子はお嬢さん育ちで早く結婚し、舅から見ていささか危なっかしい女性でした。
    一念発起してパートを始めますが、そこでトラブルが。
    大人の女性も何かのきっかけや経験あって、少しずつ成長するのが頼もしい。

    キヨの出入りする本屋では、中学生による万引きが多発。
    キヨの孫息子・祐希は、見た目は万引き犯に間違われるような男子だけど、中身は真面目。
    中学生をとっ捕まえたおっさんらは、しっかり説教。
    祐希の存在も子供らには睨みが聞いたのが面白かったり。

    ゴミの不法投棄、連続する不審火、近所のお祭りをどうするか、といった起こりそうな事件と絡めつつ、対抗するようにパトロールを始めた別なおっさんが出てきたりとユーモアも含めて。
    身近なテーマでわかりやすく、まだまだ枯れないおっさん達の存在が嬉しくなります☆
    頑張ってくれ!(笑)

  • 前作に比べ勢いが変わってしまった感がある。
    でも面白い事に変わりはない。

  • 4
    貴子のパート話が面白い。最近の年寄りは…の話も面白い。

  • 三匹のおっさんの続編。
    前作より三匹の周りの人物に焦点を当てている。
    最初は箱入りで何もできなかった貴子がバイト先で揉まれながら成長していく話。人は何歳になっても成長するものなのだな、と思った。

  • 三人のおじさんの活躍ぶり第二弾。中学生の万引きを捕まえる、放火犯を捕まえる、息子嫁の…など、ハラハラさせながらも笑いあり、感動あり、のサクッと読める一冊。

  • 本屋さんの話が泣けた。

    「これを一冊売って、おじさんの店はいくら儲かると思う?」
    すべての仕事がこうやって成り立ってるとおもったら、なめた真似なんて絶対できない。

  • やっぱり面白かった!!

  • 面白かった!続編出たらまた読みたい。

  • 面白かった!!!
    人間に対して優しい見方が嬉しくなりました。
    ポンポンと歯切れいい展開も読みやすいし、
    等身大の人たちが描かれていて共感しながら、
    グングンと引き込まれていきました

  • 三匹のおっさん続編。毎回溜飲を下げる短編。人は何がしか他人のためになる事をしたいと思っているし、歳を取るとその思いは余計に強くなるのだろう。年配の方にも元気を与える。2016.3.21

  •  さすがの有川ワールド、一気に読破。にやけてみたり、吹きだしてみたり、涙ぐんでみたり…子どもが「何?何??」とそばで不思議そうでした(笑)
     相変わらずの空気感が心地よい。そして、キヨさんの息子夫婦、シゲさんの息子といったサイドをかためる面々が浮き上がってきて、深みを増した気がしました。
     ゴミだし(毎朝、歩道の吸い殻など片付けるのが日課になりつつある今日この頃。ほっとくと空き缶を始め壊れた傘など大物を呼び込んでくるのです、確かに)、万引き、人間関係…社会的な問題をこううまくストーリーにのせられるなんて。有川さん、しっかりと「生活」をしていらっしゃるんだろうな・・理不尽だったりする現実を、こうして言葉を紡いで消化していらっしゃるのかも・・。勝手に想像させて頂きました。

     万引きをした中学生に、万引きをされた書店の店主が諭す内容にぐっときましたが。有川さんの思いだったんですね。
     『本を一冊買うごとに、どうか誇ってください。「私は未来の本に、未来の作家に投資したのだ」と。』

     そして。ボーナストラックの「好きだよと言えずに初恋は、」。読み終わってもなお「なんでこの話がふたたびに?」と気付かなかったけど、よ~うやく思い出した!第一作で出てきた潤子ちゃんだ!!
     こんなトラップも有川さんならでは!・・・いや、トラップなのは私だけなのかも。

     何はともあれ、今作もたっぷりと満喫いたしました。

  • 面白かった。
    面白かったけど、一作目より痛快な感じが弱かったかな。
    いや、だからつまんないとかじゃないんだけど、個人的に期待していたのとはちょっと違う読後感かな。
    いや、面白かったけど。

  • 三匹よりもその周りの息子などの話が多いけれど、相変わらずの活躍。ドラマで見て内容を知っているものも多かったけど有川さんの語り口がまた良かった(*^^*)そういえば祐希くんと早苗ちゃんは受験生だったんだなあ。同い年だし受験終わってからだしでまたにやにや笑 最後の話もちょっと立ち読みして知ってたけど笑 やっぱりかっこいいなー。

  • 主要登場人物に絞ったぶんインパクトに欠けたかな(^_^;)

    でも、オモロかったよ(^-^)/

  • 高校生の淡い恋愛にキュン!

  • 文春文庫で出なかったことが悔しい。
    日常で当たり前のことを、有川さん独自の鋭い視点で切り込んでいて、面白かったです。

  • 挿絵が須藤真澄さんってだけでも好きポイント。加えてふたたびでは親世代も葛藤しながら成長していく。最後、潤子のサイドストーリーで川端康成の引用。別れる男に花の名前をひとつ教えておきなさい。花は必ず毎年咲きます。好きが詰まった一冊。

全193件中 1 - 25件を表示

三匹のおっさん ふたたび (新潮文庫)に関連する談話室の質問

三匹のおっさん ふたたび (新潮文庫)を本棚に登録しているひと

三匹のおっさん ふたたび (新潮文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

三匹のおっさん ふたたび (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

三匹のおっさん ふたたび (新潮文庫)の単行本

三匹のおっさん ふたたび (新潮文庫)の文庫

ツイートする