三匹のおっさん ふたたび (新潮文庫)

  • 2349人登録
  • 3.96評価
    • (172)
    • (312)
    • (171)
    • (14)
    • (0)
  • 200レビュー
著者 : 有川浩
  • 新潮社 (2015年1月28日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (476ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101276359

三匹のおっさん ふたたび (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 「三匹のおっさん」の続編。
    元気なおっさん達が、町内のちょっとした事件や家族の直面する問題をめぐって活躍します。

    剣道の達人のキヨ(清田清一)、がっちりした武闘派のシゲ(重雄)、一見大人しそうだが実は危険な頭脳派のノリ(則夫)。
    3人が力を合わせれば、なんでも解決!

    清田家の嫁・貴子はお嬢さん育ちで早く結婚し、舅から見ていささか危なっかしい女性でした。
    一念発起してパートを始めますが、そこでトラブルが。
    大人の女性も何かのきっかけや経験あって、少しずつ成長するのが頼もしい。

    キヨの出入りする本屋では、中学生による万引きが多発。
    キヨの孫息子・祐希は、見た目は万引き犯に間違われるような男子だけど、中身は真面目。
    中学生をとっ捕まえたおっさんらは、しっかり説教。
    祐希の存在も子供らには睨みが聞いたのが面白かったり。

    ゴミの不法投棄、連続する不審火、近所のお祭りをどうするか、といった起こりそうな事件と絡めつつ、対抗するようにパトロールを始めた別なおっさんが出てきたりとユーモアも含めて。
    身近なテーマでわかりやすく、まだまだ枯れないおっさん達の存在が嬉しくなります☆
    頑張ってくれ!(笑)

  • 三匹のおっさんの続編。
    前作より三匹の周りの人物に焦点を当てている。
    最初は箱入りで何もできなかった貴子がバイト先で揉まれながら成長していく話。人は何歳になっても成長するものなのだな、と思った。

  • 本屋さんの話が泣けた。

    「これを一冊売って、おじさんの店はいくら儲かると思う?」
    すべての仕事がこうやって成り立ってるとおもったら、なめた真似なんて絶対できない。

  • やっと。。読み終わりました(〃▽〃)


    文庫版が出るまで待っていたから
    読むのが待ち遠しかったです(笑)

    ふたたびの本は新潮文庫だけど
    前作は文春文庫で、また新潮文庫として改めて発売されたみたいですね!
    凄いなと思いました☆



    今回は貴子さんから始まりました!
    仕事の友人が出来たと思ったら、
    思いがけない方向へと進んでいく……
    これからどうなるの?!とヒヤヒヤしたり心配な回でした。。




    >余裕がないので自分が今やっている仕事だけに集中してしまう。

    貴子さんの心情。。自分と重なるところが…
    私も以前働いてた職場でよく注意されてた

    だから尚更、祐希くんの言葉がドキッとなりました…


    今思うと。。自分のことしか見えていなかったんだなと
    今更ながら気づきました(苦笑)……今度から気をつけなくては!




    あと最後の最後まで気づかなかった(笑)早苗のこと…

    あの時の学生だと貴子さんが気づいたときに、どんな反応をするのか
    気になりました(〃艸〃)


    あのシーン…すぐ近くにいたのになぁ。。





    六話まででした!

    続きが気になる終わり方でした!
    単行本は『三匹のおっさん ふたたび』まで発売されているけど
    まだ次の巻は出てないから
    もうこれで終わりなのかな……と思ったら、ちょっと寂しくなりました。:゚(。ノω\。)゚・。



    また会いたいな。。
    こういうおっさん達、本当にいたら良いですよね…世の中はきっと平和になる





    ………なんと!来月4月から続編やるみたいですね!!
    とても楽しみです♪
    本を読み終わるの間に合って良かったです(〃^^〃)



    番外編。。切ないお話でした……
    女子の争いって怖いですね(ノω<;)

    色々と思うところがあるけど、詳しく書いてしまうと
    ネタバレになってしまうのでこの辺りで(#^^#)


    タイトルを見たら、
    あのメロディーを思い出してしまいました。。

  • 内容(「BOOK」データベースより)

    剣道の達人キヨ、武闘派の柔道家シゲ、危ない頭脳派ノリ。
    あの三人が帰ってきた!書店での万引き、ゴミの不法投棄、連続する不審火…。
    ご町内の悪を正すため、ふたたび“三匹”が立ち上がる。
    清田家の嫁は金銭トラブルに巻き込まれ、シゲの息子はお祭り復活に奔走。
    ノリにはお見合い話が舞い込み、おまけに“偽三匹”まで登場して大騒動!ますます快調、
    大人気シリーズ第二弾。

    素晴らしいです、表紙や挿絵の子供っぽさを乗り越えて読めば、
    しっかりとした土台に乗せられた家のように、読み応えのある人間ドラマです。
    リアリティーなんて云々してはいけません、現代の寓話としてとっても味があるお話です。
    毎回だれか捕まえて悦に入ってる勧善懲悪ではなく、
    色々なテーマで多様性のある連作群でさらに続編を期待してしまいます。

  • 2017/8/5
    三匹のおっさんシリーズ?の二作目。
    仕事も引退したおじいちゃん3人組が地域を守るためにいろいろなことに奮闘するのがメインな話。
    前作から引き続きの内容だったので、前作の内容を思い出しながら読みました。ご近所付き合いもあんまりなくなってきているような近年の日本ではなかなか見られない、地域の人たちとのいろいろな絡みがある、とても人間味ある話の内容になっていると思います。
    最初の貴子の話から始まり、大学受験を控えた早苗と祐希の話だったり、地域を盛り上げるために祭りを復活させようと奮闘する話だったり、読んでて飽きないし面白い。
    今回は早苗と祐希の甘々な絡みが以外と少なかったというか、もうすっかりこの中だと安定したカップルになってて、この二人が出会ったきっかけの話をもう一度読み返そうかなと思うくらいでした。
    特に祭りを復活させようと奮闘する話では、最後の作者のあとがきを見ると、結構取材を重ねて現実に即してかなりリアルに様子を描いているのがわかります。祭りの裏方の部分と言うか運営の仕組みがどんな感じになってるのかも知ることができました。
    こんな人情ある町に住みたいなあ。

  • とても面白くて読む手がとまりませんでした。
    かっこいい3人のおじさんが、痛快に事件を解決していきます。
    世間知らずのお嬢様なお母さんも自分なりに努力して成長していこうとしている姿は、とても素敵だなと思いました。

  • 面白かった。還暦の父親の目に入るところに置いてたら読んでた。そしてシャツインばっかりだったのに時々シャツをズボンに入れなくなった。笑

  • 前作のおっさんたちが帰ってきた!今回は早苗ちゃんと祐樹くんが通して受験生で大忙し。そんな中でノリさんに見合い話が持ち上がって、気も漫ろにばってしまうのは仕方ないこと。娘は大事にしたいが、それは自分が結婚することなのか、父親としてまだ見守り続けるのか。それに悩むノリさんに祐樹君が言った言葉がバッサリとしているが素敵だった。 「おっさんさ、タイミング悪すぎるんだよ」

  • 悪いことをした時に捕まえたいではなく、もう悪いことをしないこと願う気持ちには勉強になりました。
    1つの場面で色んな考え方があるということを改めて認識させられました。

全200件中 1 - 10件を表示

有川浩の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

三匹のおっさん ふたたび (新潮文庫)に関連する談話室の質問

三匹のおっさん ふたたび (新潮文庫)を本棚に登録しているひと

三匹のおっさん ふたたび (新潮文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

三匹のおっさん ふたたび (新潮文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

三匹のおっさん ふたたび (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

三匹のおっさん ふたたび (新潮文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

三匹のおっさん ふたたび (新潮文庫)の作品紹介

剣道の達人キヨ、武闘派の柔道家シゲ、危ない頭脳派ノリ。あの三人が帰ってきた! 書店での万引き、ゴミの不法投棄、連続する不審火……。ご町内の悪を正すため、ふたたび“三匹”が立ち上がる。清田家の嫁は金銭トラブルに巻き込まれ、シゲの息子はお祭り復活に奔走。ノリにはお見合い話が舞い込んで、おまけに“偽三匹”まで登場して大騒動! ますます快調、大人気シリーズ第二弾。

三匹のおっさん ふたたび (新潮文庫)の単行本

三匹のおっさん ふたたび (新潮文庫)の文庫

ツイートする