木村政彦はなぜ力道山を殺さなかったのか(上) (新潮文庫)

  • 425人登録
  • 4.12評価
    • (60)
    • (60)
    • (28)
    • (5)
    • (1)
  • 50レビュー
著者 : 増田俊也
  • 新潮社 (2014年2月28日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (563ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101278117

木村政彦はなぜ力道山を殺さなかったのか(上) (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • この本で初めて木村政彦という柔道家を知ったが、強さも逸話も伝説的。
    13年連続日本一、250㎏をベンチプレスで持ち上げ、1日9時間の乱取り(スパーリング)、さらに空手やボクシングにも精通するまさに格闘技の「鬼」。
    244ページの写真の人間離れした肉体を見れば決しておとぎ話でないと感じる。もはや「刃牙」の世界の住人。強い奴が大好きな男子にとってはかっこよすぎる存在。こんな男が本当にいたなんて!

    最強の男が栄光を掴みながらも時代に翻弄されていく。全盛期を戦争に奪われ戦後は闇家業に身を投じる。思想も持たない、駆け引きもできない木村にとってこれほどの悲運はない。
    そんな中でも豪快で柔道バカな木村の人間性も魅力的。

    また柔道が元々、総合格闘技的な性質があったことや講道館以外にも寝技に特化した高専柔道、古流柔術の流れを汲む武徳会といった他流派の存在は新たな発見。

  • 遮二無二、百鍛千練、 所以鎧袖一触。昭和大正明治時代好四个成语。

  • 格闘技系ノンフィクションははじめて読んだけれどサクサク読めて面白いなあ。バキとか昔おもしろがって読んだてたから、半ばファンタジーの世界と化した戦前柔道界の描写、人間離れした牛島辰熊と木村政彦の逸話はもう読んでて痛快壮快。日本刀持って牛島が木村を追い回した話なんか作者も「もうめちゃくちゃである」とか言ってるし、エリオグレイシーとの試合映像を語りに語ったり、心底話聞いたり書いてて楽しかったんだろうなあ、ってのが伝わってきて、鬼と恐れられた木村政彦のハチャメチャで深い人間性が現代人に「刺さる」内容。

  • 戦前戦後を通じ15年不敗。不世出の柔道家木村政彦を丹念に追ったノンフィクション。
    上巻は木村の出生から戦後プロ柔道を立ち上げブラジルに渡るまでです。
    木村の強さの源泉を古流柔術や高専柔道に求め、師牛島辰熊や対戦相手についても詳細に記されています。
    そこに展開されるのは講道館柔道とは別の柔道の世界。戦後、講道館によって抹殺されていく古流柔術や高専柔道を描くことによって、戦前の多様な柔道を知ることができます。
    戦前、講道館とは全く異なる柔道があって、大変な勢力を持っていたこと。その柔道が実は嘉納治五郎が理想としていた柔道に近いものであったこと。寝技・絞技・関節技をメインとし、打撃までも加えていた柔道が展開されるのです。それは、今の総合格闘技に近いものであったこと。もう、知らなかったことばかりです。
    戦争によって翻弄され、戦後はスポーツとしての隠れ蓑を用意した講道館=全柔連によって、これらの柔道は抹殺されていきます。
    居場所のいなくなった彼らが、生活の糧を求めてプロ柔道を立ち上げるいきさつ、そして挫折と迷走。
    まさに、柔道バカたちの物語。これは本当に面白い!

  • 夕刊紙を思わす非常に煽情的かつ作為的なタイトルである。しかしこのタイトルがなければ上下巻1200頁弱の本書に手を伸ばそうとは思わなかっただろう。「木村の前に木村なく、木村のあとに木村なし」とう表現は知っていたが所詮、力道山の計略に嵌って敗れた漢という認識しかなかった。著者は忘れられた柔道の鬼の無念を晴らすかのように木村の柔道半生を克明に時には執拗に描き切る。展開の遅さに苛立ちもするが敗れた男という先入観を振り払う為には必要な作業だったと思う。上巻末にてついにグレイシー一族登場!物語は急転直下の様相を呈す。

  • 木村政彦はまさに大日本帝国が生んだ怪物だったといえる。精神論に基づいたハードなトレーニングによってまさに史上最強にふさわしい柔道家が木村である。

    上巻では木村政彦が史上最強になるまでのエピソードを中心におっていく。

  • 上下巻合わせて1200ページ位。専門的になりすぎる部分もあります。
    講道館がスポーツとして柔道を確立する以前、柔道以外の凡ゆる者と戦う事を想定していた時代の柔道。
    その柔道における史上最強の選手が木村政彦。
    生活するためプロレスラーになるが、慢心、油断から力道山に負ける。プロレスの興行としての本質を暴きながら、グレイシー柔術の台頭により木村政彦が最強であったことが見直される。

  • 格闘技の裏歴史が分かる。

  • 原田久仁信先生の『KIMURA』を読んで、いてもたってもいられなくなり原作を読みました。

    物心ついた頃からプロレスの興行やテレビ中継があり、格闘技やプロレスがイベントとして存在することが当然だと思っていました。
    しかし、何事にもはじまりがあります。
    どうして、日本にプロレス・格闘技興行が存在するのか?
    そもそも日本の武道・格闘技の歴史とは、いったい何なのか?
    それは本書で語られる木村政彦の半生を通して知ることができます。
    タイトルこそ力道山と木村政彦ですが、本書は日本の武道・プロレス・格闘技の歴史をまとめたものです。

    文庫版上巻は、あのキラー馬場のプロローグからはじまります。
    このプロローグだけで読み応え十分です。
    そして木村政彦の生い立ち、第二次世界大戦を経て、エリオ・グレイシー登場までです。
    このエリオが、また憎らしいほどに強い!

    戦前にプロレス興行はありませんでした。
    武道家としての柔道家のステータスは、今の常識では考えられないほどのものであり、その頂点が木村政彦でした。
    その価値観は太平洋戦争によって逆転してしまいます。
    しかし、木村政彦の強さは揺るぎません。

    こういう背景を踏まえて、下巻のエリオ戦や力道山戦へとつながっていきます。

  • 素晴らしい本に出会った。柔道、プロレス、極真空手の裏側にはこんなに熱い物語があったのかと目頭が熱くなった。

    著者の柔道愛、木村政彦愛を十分に受け取った気がする。

    この本を読む前と後では柔道に対する見方が180度変わってしまった。また、石井慧氏を応援したくなった。
    アマチュアを標榜しながら五輪ビジネスの中でスポーツ化していく柔道と決別して、武道としての柔術が再び盛り上がる事を切に希望する。

全50件中 1 - 10件を表示

増田俊也の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ジャレド・ダイア...
池井戸 潤
ジェイムズ・P・...
有効な右矢印 無効な右矢印

木村政彦はなぜ力道山を殺さなかったのか(上) (新潮文庫)に関連する談話室の質問

木村政彦はなぜ力道山を殺さなかったのか(上) (新潮文庫)に関連するまとめ

木村政彦はなぜ力道山を殺さなかったのか(上) (新潮文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

木村政彦はなぜ力道山を殺さなかったのか(上) (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

木村政彦はなぜ力道山を殺さなかったのか(上) (新潮文庫)の作品紹介

15年不敗、13年連続日本一。「木村の前に木村なく、木村のあとに木村なし」と謳われた伝説の柔道家・木村政彦。「鬼の牛島」と呼ばれた、戦前のスーパースター牛島辰熊に才能を見出され、半死半生の猛練習の結果、師弟悲願の天覧試合を制する。しかし戦争を境に運命の歯車は軋み始めた。GHQは柔道を禁じ、牛島はプロ柔道を立ち上げるが……。最強の”鬼”が背負った悲劇の人生に迫る。

木村政彦はなぜ力道山を殺さなかったのか(上) (新潮文庫)はこんな本です

ツイートする