いつも心にイタリアを (新潮文庫)

  • 133人登録
  • 3.84評価
    • (10)
    • (12)
    • (16)
    • (0)
    • (0)
  • 28レビュー
制作 : Alessandro Giovanni Gerevini 
  • 新潮社 (2010年1月28日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (293ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101278827

いつも心にイタリアを (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 単純におもしろい。
    ちょいちょいボケるし、とてもサクサク読める。
    如何にも役に立つ!勉強になる!そんな本も良いけれど、
    こういうサッと読めてクスッと笑える、
    そんな本を手許に何冊か持っておくのって意外と大切かな、と思う。

    病院の待合室で、はたまた、おやつ時間にちょっとコーヒー飲みながらと、
    合間時間や場所を選ばず読める、いい意味で後に残らない感じが好きになった。

    個人的にはP49-50に出てくるトマトピューレ?を一度作ってみたいなぁ。

  • イタリアの日常、習慣が垣間見られて興味深い。

  • 著者はイタリア語-日本語の翻訳家。

    というわけで、始めから日本語で書いた本なんだろうが、ものすごく上手い。全く違和感がなくて読みやすい(プロだから当たり前でしょうが)。

    「アンナちゃん」のこと、大好きなんだなあ・・・。
    ゴッドファーザー(代父)になる話は、ちょっとしみじみするいい話。

  • 15冊目

  • イタリア生まれの翻訳家、作家であるジェレヴィー二さんのエッセイ集。日本、韓国、アメリカと住む場所を変え、また東京で生活していた2009年に書かれた作品。日本人が電車や教室など人前で平気で眠ることについてなど、イタリアとの文化の違いについて、楽しいエピソードをあげながら論じている。読みながらニヤニヤしてしまうエピソードもあり、最後まで興味深く読めた。ジェレヴィー二さんの心のふるさとイタリアが、少し身近に感じてきた。

  • 帰るべき場所のある言葉。均衡を保つバランス感のある言葉。旅とは境界の上にとどまり続ける行為。

  • 302.37||Ge

  • 読友の推薦本。著者のアレッサンドロ・ジェルヴィーニは、よしもとばななのイタリア語翻訳者。現在は早稲田大学准教授で、東京在住。本書も日本語で書いている。とっても軽妙でこなれた日本語だ。しかも、イタリアの文化はまあ当然としても(そうは言うものの、日本人でも日本文化を十分に理解しているとは限らない)、日本の現代文化にも精通している。ばななさんも、いい翻訳者を持って幸せだ。もっとも、彼からすれば「内面的な解釈さえ合っていれば」という、ばななさんも翻訳者にはありがたい存在らしい。

  • sembra buonissimo !

  • 所変われば品変わる。
    イタリアについて書かれた、あっさりさっくり読めるエッセイ。
    絵葉書が、それに書かれた単語数で切手代が変わるというのが衝撃的だった。

全28件中 1 - 10件を表示

アレッサンドロ・ジェレヴィーニの作品

いつも心にイタリアを (新潮文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

いつも心にイタリアを (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ツイートする