オーシティ: 絵本探偵 羽田誠の事件簿 (新潮文庫)

  • 98人登録
  • 3.23評価
    • (3)
    • (7)
    • (16)
    • (4)
    • (1)
  • 9レビュー
著者 : 木下半太
  • 新潮社 (2013年6月26日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (328ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101280714

オーシティ: 絵本探偵 羽田誠の事件簿 (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 2015/09/07
    移動中

  • 毎度おなじみ木下半太劇場。スピード感があるものの、展開にやや無理がある。インパクト重視なので合理的な考察を挟んではいけない。漫画を読むような気持ちで読めばそこそこの満足感。

  • オチがソフトカバーの方もこんなだったか記憶が曖昧だけど、文庫版のほうが良いね。

  • 主人公の探偵は想像を絶する情けないキャラでしたね。
    ほとんど活躍してないし。
    その代わりか、やり過ぎやろってくらいすっきり仕事をこなす刑事がいて、当たり前の如く裏切りを重ねてくれました。

    気持ち良さは中々のものです。

  • スピードがあるが、どうも内容が怖い。知りたくもない世界。

  • 文庫化にあたり副題をつけたらしいがつけなかった方が良いと思った。絵本探偵という肩書きは何も意味をなしていなかったし、羽田もいきなりすごい探偵だったと言われてもそのエピソードが一切なかったのでよく分からない人で終わってしまった。全体的に薄っぺらい物語だった。

  • 何かに影響を多分に受けたことは間違いないな。木下半太氏。
    今回含め近著のテイストが、クライムサスペンスややハードボイルド寄りになっている。

    銃器の名称や、拷問等、これまでにはなかった描写。

    ただ、疾走感、展開速度は維持されている。気持ち良い限り。
    映画化よりもワンクールのドラマに良いだろうな。

    今回のクライマックスは、ほろりとさせる。いつものドタバタとは違い、きっちりとしまっているし。

  • ぼちぼち。
    いつも通りの木下半太のコミカルサスペンス。コミカルサスペンス?うん、そう言うとこか。
    ほんまぼちぼち。
    たまにはいいかもね。

  • かつて大阪と呼ばれていたギャンブル街「オーシティ」で,謎のターゲット「耳」をめぐる絵本専門の探偵や極悪警官や逃がし屋の話。
    木下半太らしい安定のドタバタ劇。

全9件中 1 - 9件を表示

木下半太の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
伊坂 幸太郎
有効な右矢印 無効な右矢印

オーシティ: 絵本探偵 羽田誠の事件簿 (新潮文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

オーシティ: 絵本探偵 羽田誠の事件簿 (新潮文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

オーシティ: 絵本探偵 羽田誠の事件簿 (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

オーシティ: 絵本探偵 羽田誠の事件簿 (新潮文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

オーシティ: 絵本探偵 羽田誠の事件簿 (新潮文庫)の作品紹介

オーシティ。かつて「大阪」と呼ばれたこの場所は、世界一のギャンブルシティに変貌し、欲望に覆われた街と化していた。絵本探偵・羽田誠は優しい目の極悪刑事、愛染から謎のターゲット“耳”を追うよう強要される。リミット3日、人質は……キン●マ!? しゃべくり続ける夫婦殺し屋、超人的な聴覚を持つ盲目の娘――最後に笑っているのは誰なのか? 超速クライムサスペンス!

オーシティ: 絵本探偵 羽田誠の事件簿 (新潮文庫)はこんな本です

オーシティ: 絵本探偵 羽田誠の事件簿 (新潮文庫)のKindle版

オーシティ: 絵本探偵 羽田誠の事件簿 (新潮文庫)の単行本

ツイートする