陋巷に在り (3) (新潮文庫)

  • 154人登録
  • 3.71評価
    • (17)
    • (16)
    • (37)
    • (0)
    • (0)
  • 10レビュー
著者 : 酒見賢一
  • 新潮社 (1998年4月24日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (311ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101281155

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
酒見 賢一
有効な右矢印 無効な右矢印

陋巷に在り (3) (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

  • 面白いです。こんなに面白いなんて・・・なんで絶版なんだ?!!
    泣ける!!!顔儒として太長老の守り役としてまっとうした顔穆(がんぼく)。ああ、孔丘(孔子)の屋敷まで這う姿が・・・・子蓉の媚術の凄さは慄然とする。
    顔回、妤、孔子、小正卯、悪悦・・役者が揃ってますます白熱。そして、日本にも今に伝わる節分の由来、豆には鬼を払うちからがあるとか竈神の意味とか、ほんとに面白い。面白い。古本でまだ集めきってないのですがこれはどうしても探さねば・・・・

  • この巻では、ついに顔回は少正卯の屋敷に直接乗り込みました。そこには悪悦と子蓉という、恐るべき存在がいます。そして、そんな2人以上に恐ろしさを感じさせる少正卯の不気味な奥深さ!
    バトル要素が増えたこともあり、前巻以上に読み応えがあって面白かったです。

  • 第二巻で出てきた「子蓉」なる魔性の女性が大活躍する。
    古書店などでもなぜかこの巻ばかり見かけるのは・・・やはりそのせい?
    顔回も辛うじて勝てたという感じで、まだこの人物とは次の対決もありそうな雰囲気。
    完結は13巻だそうで、まだまだ先は長そう。
    新刊書ではまず見かけない。
    古本屋で見たらその都度買っているが、読み終わるのはいつになるのやら。

  • この巻は主人公「顔回」と媚術の達人「子蓉」との死闘が話の中心となります。それにしても「子蓉」姐さんエロ過ぎます。強すぎます。
    自称許嫁の「妤」が、実は凄い能力者かもしれないとも予感されます。
    段々大人びてきた「妤」と「顔回」との恋も進展していきそうな気配で、今後の展開が楽しみです。
    3巻目にしてようやく漢字や言葉の難しさに慣れてきてすんなり読めるようになってきました。全13巻なのでまだまだ先は長いですが、読み進めていくのが楽しみです。

  • 2巻めで登場した正体不明の美女、子蓉が今回は表舞台に登場、子蓉は「媚」という字体の意味のとおり呪術を行う巫女、美しき魔女でした。彼女はその媚という女性の持つ本性ともいえる呪術を駆使する恐るべき能力を持つ相手でした。あまりにもその力が強いため、兄の悪悦も含めどの男にも満足することができず、とうとう顔回に媚術を挑んだのでした。
    孔子の中心的な門弟たちが次々と少正卯の屋敷に魅入られ出入りするうちに、疫疾や精神の荒廃を招く異常事態に動きだす顔儒一族たち・・
    今回は何と言っても顔回と子蓉の対決が見ものです。竃神様や(女神)の力や顔回の押しかけ女房的な存在”妤”の陰の力を借りて、子蓉の媚術をはねのけ同僚を助けた顔回でしたが、その後に悲惨な出来事が待っているのでした。
    次を読み急ぎたくなるような展開が満載の3巻めです。

  • 本よみうり堂(07年 リンク先閉鎖)紹介著書の中の1冊

  • 顔回危うし。
    三桓家である叔孫氏に取り入り、急速に勢力を拡大していく謎の人物・少正卯。その屋敷に住み、恐るべき媚術を使って、儒者である子路をはじめ、孔子の弟子を次々に籠絡する妖艶な美女・子蓉が次に狙ったのは、顔回で…。

    顔儒の秘蔵っ子であり、類稀なる呪術をもった顔回が、子蓉の掌中に落ちてしまうのか、ハラハラしながら読みました。勝負は辛くも…ですが、このままでは終わらなそうです。

全10件中 1 - 10件を表示

陋巷に在り (3) (新潮文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

陋巷に在り (3) (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

陋巷に在り (3) (新潮文庫)のKindle版

ツイートする