陋巷に在り〈8〉冥の巻 (新潮文庫)

  • 112人登録
  • 3.76評価
    • (12)
    • (15)
    • (22)
    • (1)
    • (0)
  • 8レビュー
著者 : 酒見賢一
  • 新潮社 (2003年1月29日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (414ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101281209

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

陋巷に在り〈8〉冥の巻 (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

  • ようやく8巻を読み終えました。
    今回も顔回たちと子蓉の戦いが続いています。今回は、顔回が祝融の力を借りて、九泉におりて妤を救おうとするのですが、そこから物語の進行が極端に遅くなって、読むのがたいへんでした。(^^;

  • 8巻。

    死生観というか、冥土の在りかたというのにはなんか納得した。

  • 顔回が妤を救うために冥界に向かいます。この巻の主役は何と言っても男気あり過ぎの女神「祝融」様。強くて怖くてちょっと優しい「祝融」様がかっこよすぎです。顔回は冥界の淵にいる妤を無事救い出す事が出来るのか、いよいよクライマックスって感じです。

  • 祝融!祝融!
    (三国志にも同名の猛女が登場するぞ。ここからきてたのか!)

    女子としては、強い女神には文句なしに憧れモード。
    女王様=祝融を前に顔回、草食系の面目躍如なるか!?

    とりあえず話は遅々として進みません。

  • 前回の巻で医鶃(いげい)と子蓉との対決は決着がつかず、途中で終わってしまったので、果たしてこの戦いはどうなるのだろうと先を読み急ぎたくなります。
    ・・というわけで以前に読んだにもかかわらず、やっぱりこの巻では手に汗握るという表現がぴったりの場面が続出するので、最後まで目が離せません。
    昨夜の対決から一夜が明けて満月の夜、再度二人の死力を尽くした戦いが繰り広げられます。医鶃(いげい)は医術だけでなく、魔術的医療も駆使して子蓉の掛けた呪術に対抗するのですが、劣勢を強いられます。
    そのため彼は、奥の手として顔回の特殊な才能に賭けて、何と!女神を招きます。炎系の神様である祝融が登場するのがこの巻のすごいところです。顔回は「妤」の魂を追って、祝融の後についてとうとう九泉(冥界)へ降りることになります。
    そこで、子蓉と妤の二人に出会い、二人とも連れて帰ろうとするのですが子蓉の仕掛けた様々な難題が顔回の行く手を阻みます。
    そしてさすがの顔回も危うしという場面に祝融が助けに入り、遂に敵の本性が姿を現わすのでした。
    女神祝融は、可愛い男に弱い!という驚くべき弱点もさりげなく披露されていたり、顔回と孔子との出会いや関係性、孔子の生い立ちなども話の中に盛り込まれいて、今回は変化に富んだ筋書きになっています。

  • 酒見賢一の陋巷に在り8 冥の巻を読みました。気に入ってずっと読んでいる「陋巷に在り」シリーズの文庫最新版です。単行本ではすでに物語りは完結しているらしいのですが、お金がないので文庫が出るのを待って読んでいます。今回は?を助けるために顔回(の霊魂?)が黄泉の世界に下りていくというお話です。実世界では医げいが子蓉がしかけた媚術(蟲術)を相手に死力を尽くして戦っています。顔回の首尾により医げいの運命も決まると言うことで緊迫の巻なのですが、まだまだ決着はつかないようです。次の巻が出るのを楽しみにしていたいと思います。そう言えば村上春樹の海辺のカフカも早く文庫にならないかな。文庫になったらすぐに買う予定なので。

全8件中 1 - 8件を表示

陋巷に在り〈8〉冥の巻 (新潮文庫)を本棚に登録しているひと

陋巷に在り〈8〉冥の巻 (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

陋巷に在り〈8〉冥の巻 (新潮文庫)の単行本

陋巷に在り〈8〉冥の巻 (新潮文庫)のKindle版

ツイートする