陋巷に在り〈9〉眩の巻 (新潮文庫)

  • 104人登録
  • 3.73評価
    • (11)
    • (13)
    • (24)
    • (0)
    • (0)
  • 6レビュー
著者 : 酒見賢一
  • 新潮社 (2003年6月28日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (381ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101281216

陋巷に在り〈9〉眩の巻 (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 9卷。

  • 妤を冥界から救い出すための顔回の悪戦苦闘ぶりがこの巻の話の中心となります。それにしても顔回、ナイーブな草食男子ぶりが度を超してます。でも意外とこういう男子はモテるかもしれませんねえ(笑)。

  • 相変わらず九泉から出てこない顔回。
    それでも奴は闘っている!
    がんばれ顔回!負けるな顔回!

  • 前の巻で冥界に降りた主人公の顔回でしたが、妤と子蓉、二人とも連れて帰ることは冥界の決まりでできないという難問が彼の前に立ちはだかります。今回は「眩」の巻とということで、めまいのような人を惑わす場面がテーマになります。この巻での山場は何といっても顔回が子蓉の提案を受け入れ、冥界から帰るときに驚くべき術を実行する場面です。この場面では常に冷静な顔回が熱い感情をほとばしらせるのですから見逃せません。作者はここで、炎神の祝融や最強の媚女というべき子蓉、そして少女でありながら秘めた強い力を持つ妤と3人の女性を全面に出して顔回と対峙させます。女神まで含む女性たちの強さと男性との釣り合いを引き合いに出して述べている部分は、作者の女性観がにじみでているようで興味深く読みました。後半では、一転して孔子の政治的判断が色濃く出る場面が登場します。ひとりの武将の行動にこれがどう影響してゆくのか、孔子や顔回等、願氏一族の行く末を見守る太長老の言動も気になるところです。

  • 追記予定

  • 酒見賢一の陋巷に在り9 眩の巻を読みました。顔回の活躍する(?)このシリーズも9巻目になりました。祝融と女魃の間をすり抜けて九泉から生還した顔回は、鬼神を利用した孔子の企みを偶然妨害してしまう...文庫版の表紙の絵を描いている諸星大二郎の暗黒神話などに通じる呪術的世界も描かれていてまた次が読みたくなります。

全6件中 1 - 6件を表示

酒見賢一の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
酒見 賢一
有効な右矢印 無効な右矢印

陋巷に在り〈9〉眩の巻 (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

陋巷に在り〈9〉眩の巻 (新潮文庫)の単行本

陋巷に在り〈9〉眩の巻 (新潮文庫)のKindle版

ツイートする